妊娠後期の便秘解消法

妊娠後期は大きなお腹に腸が圧迫され便秘になりがちです。妊娠後期の便秘解消法を調べました。ひどくなる前に対処しましょう。

view604

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠後期になると、お腹が大きくなり、それに伴って様々な体の不快症状が出てきます。
    反り返るような姿勢になることから腰痛も悪化します。
    おなかの中でも腸が子宮に圧迫され便の流れが滞りがちになります。

  • 妊娠後期の便秘はなぜ起きるのか?

  • 1、ホルモンの影響

  • 妊娠するとプロゲステロンという黄体ホルモンが多量に分泌されますが、このホルモンには腸の働きを抑制する作用があります。また一説では、ホルモンバランスが変化することによって自律神経失調症の状態になり、神経伝達がスムーズにいかずに排便がとどこおるとも考えられています。
    出典 :なぜ妊娠すると便秘になるの? - gooベビー
  • 黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、実はこのホルモンは大腸のぜん動運動を抑制する働きがあるのです。このぜん動運動というのは、妊婦さんのお通じをスッキリ快適にさせるのにとても大切な役割があります。
    出典 :妊婦の便秘の原因とは?
  • 2、括約筋の収縮

  • 妊娠中は、流産を予防するために排尿・排便をコントロールする括約筋(かつやくきん)を収縮させる働きがあります。その影響で妊婦はさらに便秘を継続してしまいます。しかも出産の為に骨盤は開いているので、そこに水分や脂肪が溜まりやすく、腸の働きの妨げを作りやすいのです。
    出典 :便秘の原因をみつけよう
  • 3、子宮による腸の圧迫

  • 妊娠中は赤ちゃんの成長とともに、子宮が大きくなって腸を圧迫します。そのため、腸の運動が妨げられて排便がスムーズに行われにくくなってしまいます。
    出典 :妊娠中の便秘もスッキリ爽快!?妊婦さんに人気の便秘解消法!
  • 4、水分の不足

  • お腹の赤ちゃんは栄養はもちろん、水分もたくさん必要とします。飲んだ水分が赤ちゃんに行きやすくなるので、便の水分が失われ便秘になりやすくなります。
    出典 :妊娠中の便秘もスッキリ爽快!?妊婦さんに人気の便秘解消法!
  • 他にも、血行が悪くなることや、安静による運動不足、偏食やつわりによる食生活の偏り、いきむことで「生まれてしまうのでは?」の心配などがあります。

  • 妊婦の便秘は2タイプ

  • 1、直腸性便秘
    お腹が大きくなって直腸が圧迫されることによる便秘。妊娠中期から後期にかけてが多い。
    コロコロした便が出る。
    2、弛緩性便秘
    ホルモンのバランスによって起こる便秘。ガスが溜まって苦しい人はこちらのタイプ。

  • 先輩妊婦さんの便秘対策

  • 私も妊娠中に便秘で苦しみましたが、妊婦検診のときに先生に相談して便秘薬を出してもらいましたよ。
    水に数滴垂らして飲むタイプで、濃さを調整できるのがよかったです。かなり薄めにしても効果がありました。
    出典 :助けて…妊娠中の便秘対策 : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  • 1毎朝起きてすぐにぬるま湯を2~3杯飲む
    2ドラッグストアなどで売っている、ファイバーを1日1回飲む
    3食事のとき、野菜から食べる
    で、何とか改善できました。その後は便秘になっていません。
    出典 :助けて…妊娠中の便秘対策 : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  • ・うんこカレンダーをつける(出た日に丸をつける。だいたい4日おき)
     ・横になり、時々向きをかえて腸の中身やガスの動きを促す
     ・なるべく歩くようにする(歩くと出やすかった)
    出典 :妊娠中の便秘対策 - 妊娠 - 教えて!goo
  • 運動や食事で改善できない場合は、医師に相談すると良いでしょう。
    浣腸も有効ですが、必ず医師に相談してからにしてください。
    それでもでなければ、「摘便」と言って、看護師さんなどに病院でベンを書き出してもらう処置を行います。かなり水分が抜けた硬い便は自力では出せなくなります。

  • 妊婦さんの便秘予防法

  • 1、毎日同じ時間にトイレに行く

  • 睡眠不足や生活リズムが崩れていると便秘になりやすいので、早寝早起きを心がけしっかり睡眠時間をとるようにしましょう。そうすることで腸の働きがよくなり、睡眠不足からくる疲労やストレスも解消され、ストレスなどが原因でおこる便秘の解消につながります。
    出典 :妊娠中の便秘と痔の解消方法と予防方法-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 2、食生活を改善する

  • 食物繊維を取ることです。その中でも水溶性の食物繊維は直腸に刺激を与えずに便を軟らかくして排便を促してくれます!水溶性の食物繊維は果物や海藻に豊富に含まれています。具体的に言うとわかめやもずくなどの海藻類、またバナナやりんご、みかんなどには豊富な水溶性の食物繊維が含まれています。
    出典 :直腸性便秘は水溶性食物繊維で便をやわらかく!
     

    まずは、朝ごはんにヨーグルトをかけたフルーツなどはいかがでしょうか?

  • ごぼうや大根などの根菜類に豊富に含まれています。また、さつまいもやじゃがいもなどの芋類、納豆などの豆類、さらに玄米などの穀物にも豊富に含まれていますのでこうした食材を積極的に毎日の食事の中に取り入れるようにしましょう。
    出典 :不溶性食物繊維で便秘の腸を活発に!
     

    不溶性食物繊維の摂り過ぎに注意!
    ガスが溜まりやすくなるので、水溶性の食物繊維やオリゴ糖などと一緒に摂りましょう。

  • 3、運動で改善

  • 妊娠中は、便秘が起こりやすくなります。妊娠中は過度な体操はできませんが、便秘の解消に効果がある軽い便秘体操があります。妊娠中の便秘体操は、全て仰向けで行います。
    出典 :便秘の体操と効果|便秘の解消法:女性の便秘解消対策
  • 妊婦さんの足抱え込み体操

     

    この体勢で2、3秒

  • 便秘解消体操

     

    仰向けの状態で、両膝を曲げます。両膝は、ぴったりとくっつけておきます。両膝をくっつけたまま、まずは右側へ倒し、次に左に倒します。5~10回程度が目安です。