経膣分娩のリスクを考えるなら無理せず帝王切開に!出産は長い子育ての始まりにすぎないのです

帝王切開は安全に出産できる手段の一つです。経膣分娩のリスクがある場合には大いに利用すべきでしょう。にも関わらず、楽をしてお産をしたなどと言われたり、その後の発達遅れや障害の原因にされるなど根拠の乏しい理由から非難の対象になることもあります。また、妊婦本人の中にも経膣分娩への信仰もあるようです。

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加