「酔って記憶をなくす」ことを繰り返すと、「認知症」のリスクが高まる!

view1175

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「酔っぱらって記憶をなくす」経験は、かなりの人がこれまでに体験しているのではないでしょうか?しかし、この「酔って記憶をなくす」ことを繰り返していると、認知症のリスクが高まるって知っていましたか?

  • そもそも「認知症」ってどんな病気?

  • 認知症(英: Dementia、独: Demenz)は、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が、以前に比して低下した状態をいう。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。犬や猫など、ヒト以外の動物でも発症する。

  •  
     

    認知症のリスク、できれば抑えたいですが・・・

  • 飲み過ぎ、酔って記憶をなくすと認知症のリスクが高まるって本当?

  •  
     

    酩酊程度に抑えたいですね。

  •  
     

    飲み過ぎは厳禁!ほろ酔い程度で。

  •  
     

    ブラックアウトとは言い当てて妙ですね。

  •  
     

    あれ、昨日どうやって帰ったのかしら?=ブラックアウトです。

  •  
     

    飲み過ぎ、記憶を失う→認知症のリスクUPです。

  •  
     

    ブラックアウトはアルコール依存症をも引き起こします。

  •  
     

    記憶を失うと、脳にダメージを与えています。

  •  
     

    二日酔いで記憶がない・・・そんな映画。

  • 認知症のリスクを高めないためにも、ブラックアウトを防ぎましょう。

  •  
     

    酔っても記憶をなくすまでにならないよう気を付けましょう。