【50歳以降の超高齢出産】3つの注意点を知る

超高齢出産をする場合、多くの不安や心配ごとがあることでしょう。50歳以降の超高齢出産で気を付けることについてまとめました。

  • green 更新日:2014/04/19

view261

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 超高齢出産とは??

  • 高齢出産の中でもおよそ50歳以降の出産を、特に「超高齢出産」と呼ぶこともある。
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
     

    超高齢出産になると、閉経をすることが多く、自然妊娠する確率は低くなります。若いときに凍結させておいた卵子を使っての妊娠や、他の人の卵子を使っての妊娠で、出産をすることもあります。

  • 医学の発達によって精子や卵子が凍結できるようになり、最近では人工ホルモンを注射し続けることで閉経後の女性でも妊娠・出産することが可能となりました。海外では、こうした技術を使って妊娠するケースがわずかながらに出てきた・・・と報道されています。
    出典 :【高齢出産ってなに?】 - 35歳からの高齢出産
  • 5人に1人は高齢出産!?

     

    2008年の日本では、出産をした女性の20.9%が35歳以上での出産でした。なんと、5人に1人は高齢出産なのが現状です。高齢での初産は全体の14.3%で7人に1人ということになります。高齢出産を希望されている方は心強いデータではないでしょうか。

  • 超高齢出産を望んでいる方は、何に気を付ければ良いかについて知っておきましょう。

  • 超高齢出産の3つの注意点 その1【高齢妊娠時】

  • 年齢が高まるほど卵子の質が劣化または老化し、染色体異常などが起こりやすくなる。
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
  • 新生児のダウン症の発症率が増加する。
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
  • 超高齢出産の3つの注意点 その2【高齢分娩時】

  • 高齢分娩の最大のリスクはその妊産婦死亡の高さである。
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
  • 年齢が上がるに従って産道は硬くなり、骨盤も開きにくくなります。そのためお産に時間がかかったり、出血が多くなったりする場合も。
    出典 :【どんな分娩になるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • 高齢分娩の場合、母体が危険なだけではなく、流産・早産する危険性が増加する。危険因子は、遷延分娩・分娩停止、分娩時出血量の増加、産道損傷、帝王切開率の上昇などが挙げられる。
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
  • 高齢出産では、帝王切開(あるいは吸引分娩)になる可能性が高いとされています。しかし、それは「高齢」という不安から医師ならびに産む人が強気になれず、早めに医療介入を行うためかも知れません。
    出典 :【どんな分娩になるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • 超高齢出産の3つの注意点 その3【高齢出産時】

  • 高齢になるにつれて妊娠を可能とする条件・能力は低下していくという前提条件は変わっておらず、妊産婦の負担も若年層よりは重くなる。
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
  • 高齢出産は、経済的に余裕ができてから子育てができるケースも多いなど、社会的には必ずしもデメリットばかりではないが、肉体的な負担に対する耐久力は年齢が高くなるごとに低下する。
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
  •  

    超高齢出産で気を付けるべきことはわかりましたね。では、最後に超高齢出産にはどんな素敵なことがあるのかをみてみましょう。

  • 超高齢出産の魅力

  • ハーバード大学医学部のトーマス・パール教授が100歳以上生きた女性の出産を調べたところ、40歳出産をしている人が際だって多かったのです。
    出典 :高齢出産は究極のアンチエイジング?! | To be a Mother | All About 女性向けウェブマガジン For F
  • 出産ってアンチエイジングって言われていて女性ホルモンが大量に出るのでアメリカではアンチエイジングに高齢出産が注目されています。
    出典 :高齢出産こそ最高のアンチエイジング!(必要なこと、方法)〜伝説のうるおいインタビュー永井佳子さん第3弾−1〜 | うるおい百花 powerd by 美漢茶