鍼灸の力で健康になろう!意外と知らない鍼灸の力とは

鍼灸、って聞いたことありますか?なんだか痛そう!って思ってしまいがちですが、きちんと受ければ痛みなんて殆どありません。鍼灸の力を知ってみましょう。

view315

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも鍼灸ってなに!?

  • 鍼灸治療は、健康・美容効果のあるツボに鍼を刺して、その部分を刺激し、回復&活性化させる施術です。
    出典 :男のメンテナンス A to Z/あぁ、刺・激・的! 100本の鍼でむくみ顔を解消!:Men's HOLOS
     

    西洋医学ではなく東洋医学の一つ。人間のツボを刺激して自らが持っている力を高めましょうというものです。

  • どんなことするの?

  • きわめて細いステンレス製の鍼(長さ約40mm~80mm、太さ直径0.17mm~0.33mm)を経穴(ツボ)に刺入します。刺入方法は、主に管鍼法と言って円形の金属或いは合成樹脂製の筒を用いて無痛で刺入します。なお、一部では、中国で行われている方法として筒を使わずに鍼を親指と示指でつまみ刺入する方法も行われています。
    出典 :こんな症状に効果があります <鍼灸の適応<WHO(世界保健機関)>> |一般の方へ|社団法人 日本鍼灸師会
     

    痛覚のある所に刺さないので、痛みはありません。鍼で刺されてるのに思っているより痛くないというのは、見た目は怖いですが不思議な体験ですよ。

  • 鍼灸ってどんな人が受けると良いの?

  • 日本の鍼灸では腰痛、肩こり、膝関節疾患、下肢痛、頚腕症候群などの筋骨格系の症状が対象となることが多いようですが、その他にも頭痛、不眠、疲労倦怠感、便秘、冷えのぼせ、月経不順、月経痛などの症状もしばしば治療の対象とされています。
    出典 :鍼灸の治療対象
     

    人間のツボは無数にあります。それだけに色んな症状に対応出来るのです。

  • 鍼が何に対して効果的なのかということについては共通の見解は出来上がっていませんが、筋骨格系の問題を中心に、西洋医学的治療で満足のゆかない慢性健康障害が鍼治療の対象となっているのが、先進国における鍼利用のパターンのようです。
    出典 :鍼灸の治療対象
     

    数値やスキャン、レントゲンには出てこないんだけど体がつらい・・・そういった症状を和らげてくれるのが鍼灸治療なのです。

  • 鍼灸の効果をもっと詳しく!

  • 鍼灸の効果の研究は、各地にある研究所、医療機関、鍼灸大学、短期大学などで意欲的に進められております。総合的には、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、ひいては、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけるのではないかと考えられています。
    出典 :こんな症状に効果があります <鍼灸の適応<WHO(世界保健機関)>> |一般の方へ|社団法人 日本鍼灸師会
     

    理論的にはこういった感じで少しずつ研究が進められています。

  • WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次ぎのものを挙げています。

    【神経系疾患】
    【循環器系疾患】
    【呼吸器系疾患】
    【消化器系疾患】
    【代謝内分秘系疾患】
    【生殖、泌尿器系疾患】
    【婦人科系疾患】
    【耳鼻咽喉科系疾患】
    【眼科系疾患】
    【小児科疾患】
    出典 :こんな症状に効果があります <鍼灸の適応<WHO(世界保健機関)>> |一般の方へ|社団法人 日本鍼灸師会
     

    疾患ごとに効果があるとされている症状、病気はこんなにあるんです。鍼灸というとご老人のものかと思っているかもしれませんが、赤ちゃんの夜泣きや若い女性もたくさん利用しています。

  • 鍼灸って保険は使えるの?

  • 神経痛…例えば坐骨神経痛など。
    リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。
    腰痛症 …慢性の腰痛、ギックリ腰など。
    五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。
    頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
    頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。
    その他これらに類似する疾患など。
    出典 :こんな症状に効果があります <鍼灸の適応<WHO(世界保健機関)>> |一般の方へ|社団法人 日本鍼灸師会
     

    保険診療が受けられるので、財布のダメージも最小限です。

  • いかがでしたでしょう。怖い、痛そうというイメージのある鍼灸ですが、きちんと腕の良い先生と巡りあえば今悩んでいる病気を治療出来るケースもたくさんあるのです。食わず嫌いならぬやらず嫌いで諦めてしまうのはもったいないですよ。