とっても大変!「急性中耳炎で鼓膜切開」とはどんなもの?

急性中耳炎の鼓膜切開とはどのようなものでしょうか?簡単な事じゃないのです。

view157

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供に多い急性中耳炎

  • 3歳以下のお子様の80%が一度はかかると言われています。カゼなどの鼻水が原因となることがほとんどです。 細菌やウイルスが、耳管(鼻と耳をつないでいる管)を通り、鼓膜の奥(中耳という空間)に入り、炎症がおきる病気です
    出典 :中耳炎|くさの耳鼻咽喉科
  • 一般の方が思われているような耳の外から水や菌が入って急性中耳炎になる事はほとんどありません。さらに進行すると鼓膜の一部が破れて、耳から耳だれが出てきます。 小さなお子様に多い理由は、大人と比較して、耳管が太く、短く、水平に近いですので、鼻水の影響を受けやすいからです。
    出典 :中耳炎|くさの耳鼻咽喉科
  • 診断と治療

  • ①症状と鼓膜の状態をみて、軽症~重症を診断します。②補助的に、聴力検査(聴力低下の有無チェック)、レントゲン検査(乳様突起炎の有無チェック)等 を行う場合があります。③中耳炎が長引く、あるいは治らない場合は、菌の検査を行います。
    出典 :小児急性中耳炎 - たけむら耳鼻咽喉科クリニック
     

    このような診断などもあるのです。

  • 重症の中耳炎には鼓膜切開を行い、膿を吸い出してバイ菌の量を減らします。また、抗生剤が効かな い場合、中耳炎が長く続く場合、免疫力が弱い乳幼児(2歳未満)の場合なども鼓膜切開(あるいは 鼓膜換気チューブ留置)を行います。
    出典 :小児急性中耳炎 - たけむら耳鼻咽喉科クリニック
     

    鼓膜切開を行う事があるのです。この鼓膜切開については知っておきたい知識ですね。

  • 小児の急性中耳炎は悪化しやすく、内耳炎、乳様突起炎、顔面神経麻痺などを起こすことがあります。 また、真珠腫性中耳炎など手術が必要な中耳炎が潜んでいる可能性があります。きちんと耳鼻咽喉科専門 医の診断を受け、「もう大丈夫」と許可がでるまで治療をしましょう。
    出典 :小児急性中耳炎 - たけむら耳鼻咽喉科クリニック
  • このような事があれば

     

    鼻水を出している乳幼児が熱を出している場合。乳児が耳を触るような動作を繰り返している。乳幼児の場合、保護者が気づかないケースが多いといったものが出てきた場合はしっかりと気づいてあげましょう!

  • 急性中耳炎の鼓膜切開はどんなものか

  • 膿がたまって鼓膜のはれがひどく痛みが強いときや、熱が高いときは鼓膜を少しだけ切って、たまっている膿を出すと早く治ります。急性中耳炎を何回もくり返す場合(反復性中耳炎といいます)には、何回も鼓膜切開が行われることもあります。鼓膜は切っても傷は通常数日でふさがりますので、たいていは心配ありません。
    出典 :【耳と聞こえのQ&A】<急性中耳炎>:社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
  • 綿球をおいてしびれさせた後、細長い鼓膜切開刀というメスをつかって小さく切開します。鼓膜を切開することによって聞こえが悪くなるのでは?と心配される方が多いのですが、中耳炎により中耳内に多量の膿がたまっていることによりすでに聞こえが悪くなっており、切開して膿を吸引した方が、聞こえがよくなります。
    出典 :あけぼの耳鼻咽喉科クリニック 小児の急性中耳炎
  • 切開した穴は子供の場合短くて翌日、長くても1週間以内に閉鎖してしまうことがほとんどです。
    鼓膜切開後は、血と膿の混じった耳だれが出てきます。耳の外に出てきたものはティッシュで拭き取って、処方される点耳液を耳に入れてください。
    出典 :あけぼの耳鼻咽喉科クリニック 小児の急性中耳炎
  • 小さな子供の場合は耳に薬を入れて5分~10分じっとしているなんて無理なことが多いですので、耳の中に入ってしまえばそれてOKです。切開当日のお風呂は入らない方が無難でしょう。翌日解熱して元気であれば入ってもらってかまいませんが耳に水が入らないよう気をつけてください。
    出典 :あけぼの耳鼻咽喉科クリニック 小児の急性中耳炎
  • 膿や水がたまっていればすぐに、何度でも切開をする先生もいますし、できるだけ切らないで内服治療などで粘って経過を見る先生もいます。どちら絶対的に正しいということはなく、それぞれに利点・欠点があると思いますので、医師と十分に話し合って方針を決める必要があります。
    出典 :急性中耳炎
  • 鼓膜切開の長所は、「速やかに膿や水が抜ける」ため、痛み・難聴などの症状を速く取り除けることです。そのため抗生物質の内服を必要最小限にできます。一方で欠点もいくつかあり、まず、麻酔をしても切開の瞬間は痛みや、不快感を伴うことがあります。
    出典 :急性中耳炎
  • デメリットとして

     

    子供の患者であれば診療そのものに恐怖心を持ってしまい、その後の診察がスムーズに行かなくなることもあります。また、医療費がかさむとされているので注意したいですね。