アルツハイマーの予防

主に食生活に関わる情報をまとめています。是非参考にしてみてください。

  • S 更新日:2014/03/15

view163

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 塩分・動物性脂肪を控えたバランスの良い食事

  • どんな病気を予防するにも、規則正しい食生活は必須という事がわかります。
    習慣として早めに身につけておけば間違いありません。

  • 栄養バランス表

     

    左図を参考に、1日のメニューを計画しましょう。
    面倒でもやっておかないのとでは、えらい違います!

  • アルツハイマーは、高血圧や肥満などの生活習慣病を予防する事によって防ぐ事ができると考えられている。そのためには、塩分や脂肪を摂取しすぎない事が重要であり、食物繊維、ビタミン、ミネラルの摂取を心がけ、バランス良い食事をとる必要がある。食塩の摂取は、通常10g以下が良いと言われるが、高血圧の人は6gを目安にするのが良い。
    出典 :アルツハイマー予防
  • 1日にとる食塩の量の差は味噌汁の量によると言われているので、薄味で具の多い味噌汁を食べるようにすると良い。塩分の多い焼き魚、煮物、漬物、佃煮を食べ過ぎない方が良い。脂肪の摂取は、1日20~30gまでにし、動物性脂肪を減らして植物性脂肪をとるように心がける。糖質のとり過ぎで中性脂肪が増加するので、糖質をとり過ぎない事。
    出典 :日本人の場合
     

    1日の総摂取カロリーの目安は1500~1800キロカロリー

  • RT @sainokuni3741: アルツハイマー病の発症を事前に予知できる血液検査手法が開発された。3年以内に発症するかどうかを最高96%の精度で予見。事前に把握することで、治療法・予防法につながる。【日刊アメーバニュース】3/12 http://t.co/ShVWaHAR…
  • 適度に運動を行い、足腰を丈夫に

  • 日常生活の動作の障害と知的機能の低下には密接な関係が見られ、歩行などの日常的な動作が困難になると知的機能が低下し、逆に知的機能が低下すると運動機能が低下してしまう。そのため、普段から運動を行うことがアルツハイマーの予防につながってくる。
    出典 :アルツハイマーの予防
  • 深酒とタバコはやめる

  • アルツハイマーの頻度と深酒の間に有意な関係は認められてないが、3合以上の飲酒歴がある人はアルツハイマーになりやすい傾向があるので、深酒はやめた方が良い。喫煙とアルツハイマーの関係性についての調査では、関係ありという結果と関係なしという結果の二つに分かれていて、禁煙が必ずしもアルツハイマーの予防に繋がると言えない。
    出典 :アルツハイマー予防
     

    たばこは脳血管障害を起こしやすく、アルツハイマーが発病しやすくなる可能性があります。

  • 転倒に気をつける

  • 転倒を完璧に避ける方法はないが、転倒したときにできるだけ頭を打たないよう身をかわせるように、普段から運動して身体を鍛えておくことが大切である。また、家庭内ではできるだけ段差を少なくし、滑りやすいところに敷物を敷いたり、薄暗い所でつまずかないよう照明をつけたりするなどの工夫をする事が望ましい。
    出典 :アルツハイマー予防
  • 当てはまるかチェック!

  • アルツハイマー病を発症する危険性が高い人は、次の人たちが挙げられます。
    ・2型糖尿病
    ・糖尿病予備軍
    ・肥満
    ・運動不足

  • 中年太り

     

    絶対避けましょう!

  • 食事での予防

  • インスリンが増える大きな原因は炭水化物にあります。炭水化物の重ね食いや、高脂肪な食生活は改めましょう。また、和食がいい洋食がいいというわけではなく、あくまでも炭水化物が問題ですので、白米とうどんといった炭水化物の組み合わせは良くありません。
    出典 :ためしてガッテンで紹介 アルツハイマー病の原因と効果的な予防方法