子供の10人に1人がなるというチック症、チック症状の原因について

子供の10人に1人がなるというチック症。ストレスが原因と言われてきた、チック症状の原因についてまとめてみました。

view105

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 5~10人に1人が経験する「チック症状」

  • 子どもに多く、だいたい5~10人に1人が経験するといわれているチック。
    まばたき、首振り、肩すくめ、顔しかめなど、一見すると普通の癖のように見える神経疾患です。
    出典 :チック症の症状・原因・治療 [脳・神経の病気] All About
  • 症状は乳幼児期からの心と体の成長に伴って見られ、大人になるにつれ普通は自然と消失しますが、学童・思春期まで続いて生活に支障がでる場合もあります。このように慢性化するものはチックではなく、「トゥーレット症候群」と呼ばれます。
    出典 :チック症の症状・原因・治療 [脳・神経の病気] All About
  •  

    一過性のものをチック、慢性的で重症なものがトゥレット症候群(トゥーレット症候群)といわれます。

  • チック(チック症)とはどんな病気?

  • チックとは一種の癖のようなもので、乳幼児期から学童期にかけ、心と体の成長・発達の過程で多くの子どもにみられるものです。これが固定・慢性化して激症化するとチック症と診断されます。
    出典 :チック(チック症)の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • チックは家庭であらわれることが多いため、まず母親が気づきます。ひんぱんなまばたきや首ふりなどの動きは唐突で、ふだんの生活になじまないので奇妙にみえ、心配になります。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック チック症
  •  

    この病気を知らない人だと、子供のただの癖だと思っているかもしれません。

  • これまで、チックは心理的な要因によるものと誤解されていました。そのため、子どもにチックの症状がみられると、多くの母親は自分のせいかと、不安になってしまうのでしょう。 いまでは、チックは神経の病気であることがわかっています。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック チック症
  • 子どものうちにあらわれるのは、まだ脳が発達段階にあるからです。 つまり、成長とともに、多くのお子さんは症状がなくなるか、軽くなっていきます。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック チック症
  • チックは小児期によく出現し、平均は6歳前後です。大部分のチックは10歳までに出現し、男児に多いとされています。10歳を過ぎれば徐々にチックは減少しますが、一部には成人を過ぎても症状が残る大人のチック症もあります。
    出典 :チック症の症状・原因・治療 [脳・神経の病気] All About
  • チック症状の原因とは?

  • 原因は不明ですが、脳の神経系の異常で、遺伝的要因もあると言われています。
    以前は、親子のコミュニケーション不足や、しつけが厳しすぎるなど、育て方に問題があるなどと言われていましたが、現在では否定されています。
    出典 :チック症・トゥーレット症候群|子どもの整体
  • 先天性の神経系の異常に、ストレスが重なると発症するとされ、ストレスが増えるとチックの症状が悪化します。また、何か体の異常などがきっかけでチック症状が引き起こされることもあります。
    出典 :チック症・トゥーレット症候群|子どもの整体
  •  

    子供がチックになったとしても、育て方に問題があるというわけではありません。
    たとえストレスが無くてもチック症が始まる事もあるため、親が悩み過ぎることはありません。

  • 例えば、結膜炎などで目をしばしばする癖がつき、結膜炎が治っても瞬きのクセだけ残ってしまったり、鼻炎が引き金で、鼻を鳴らすクセが治らない。などです。左利きを強引に矯正したため、身体的、精神的ストレスが引き金になってチックが発症することもあると言われています。
    出典 :チック症・トゥーレット症候群|子どもの整体
  • 最後に

  • 子供のチック症では相談した保健師に「家庭内のストレスが原因」と指摘される事も多々あります。周囲からも「どんな風に育てているの?」と言った心無い言葉を浴びせられた経験を持つ親は多いです。この様な事からチック症を発症した子供以上に悩み、辛い思いをしている親はとても多いのです。
    出典 :チック症の原因は何処にあるのか
  • 子供の5~10人に1人は成長過程でチック症を経験し、その多くは1年以内の短期間に症状が消えます。
    軽度のチックの場合には、気にしすぎないようにしたほうが良いでしょう。

  • もし、長期のチック症で悩まれた特は、まずは行政の児童相談所や民間の心療内科など専門家のアドバイスを受けられた上で、対策を立てられることが早期改善の近道になることと思います。
    出典 :子供がチック症になったら~家庭内のストレス傾向を計ってみる[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など18000件以上