どうしても筋腫によるツライ症状をなんとかしたい…【低用量ピルと子宮筋腫】

避妊薬である低用量ピルと子宮筋腫について。
低用量ピルにはその副効能として月経痛や月経過多を軽減する作用があるようですが、子宮筋腫による症状には処方できないという医師も。そんな低用量ピルと子宮筋腫についてまとめてみました。

view476

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低用量ピルって

  • ピルの働き

     

    低用量ピル(OC)=経口避妊薬
    1999年日本でも認可されました。

    従来の高・中用量のものより、含有ホルモン量が半分以下に軽減されたとのことで副作用もかなり軽減されているようです。

  • 低用量ピルというのは、健康な女性が避妊のために何年も使い続けていいとされている、この世で唯一の薬です。そのため、病気の治療薬とは違って、副作用などの基準がとっても厳しくなっています。
    出典 :日本子宮内膜症協会ホームページ
     

    他のどんな薬より安全な薬だと保証されているということですね。
    副作用が多く、6か月以上はできないホルモン治療法より安心だと考えられています。

  • 低用量ピルと子宮筋腫

  • 低用量ピルは、子宮内膜症や筋腫の治療薬としては認められていないのですが、その副効用で飲む人が今は半数を超えています。というのも、低用量ピルを飲めば、確実に避妊できるというのと同時に、月経痛が軽くなり、経血の量も減らすことができるからです。
    出典 :【からだの相談室】花王 ロリエ
     

    月経痛や経血量の軽減を期待できる安全な薬なのに、子宮筋腫の治療薬として認められていないというのは、いったいどういうことでしょうか?

  • 日本では子宮筋腫に低用量ピルは禁忌とされている?

  • 処方の指針として厚生省から発表されている 「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」では、子宮筋腫はピル服用の禁忌対象疾患として指定されています。
    出典 :子宮筋腫・内膜症体験者の会 たんぽぽ
     

    低用量ピルと子宮筋腫は日本では治療に関連づけて認められていないよう。
    ピルは、エストロゲン依存性の疾患に影響を与えると考えられているようです。

  • このガイドラインには法的な拘束力はなく、医師が適当であると判断すれば「自己責任において」使用することは可能ですが、添付文書の「禁忌」の文字を無視して処方するのは容易なことではありません。
    出典 :子宮筋腫・内膜症体験者の会 たんぽぽ
     

    服用者向けの説明書にも、「子宮筋腫がある人は服用してはいけない」と明記されているそうです。

  • 厚生省が中心になってまとめたガイドラインのとおり、筋腫のある人には処方しないと決めている医師がかなり多い。まあ、自己防衛ですね(筋腫の禁忌は世界で日本だけで、科学的根拠は何もない)。
    出典 :日本子宮内膜症協会ホームページ
     

    ポリオの不活化ワクチン問題からしても、日本の厚生労働省はかなり保守的なようです。

  • WHOでもアメリカでも子宮筋腫は、低用量ピルを使用するにあたっては「使用に何の制限もつけなくてもよい」に分類されている。
    出典 :ピルにまつわる話あれこれ
     

    実際に、低用量ピルによって筋腫が悪化するという統計的なデータはないようです。

  • かつての高用量ピルでは含まれるエストロゲンの量がかなり多かったので、筋腫の急速な増大が認められたこともあったようですが、低用量ピルに関してはそういうデータは出ていません。
    単発的な症例報告は別として、疫学的に低用量ピルの服用で筋腫が悪化するという統計的なデータはないのです。
    出典 :子宮筋腫・内膜症体験者の会 たんぽぽ
     

    ホルモン剤より安価で安全なのに、国から禁忌とされていることを論じられている団体も多いようです。
    低用量ピルと子宮筋腫の関係について国がきちんとしたデータを揃えていないにもかかわらず、悪影響であると位置づけているからです。

  • 実際に処方してくれる医師もいる

  • 子宮筋腫が原因で過多月経、貧血がある場合に使うと効果的です。
    低用量ピルの服用を続けることによって筋腫が小さくなる場合もあります(個人差あり)。
    出典 :特集ー低用量ピルの話題
     

    基本的には月経血の減少や貧血などの症状改善の期待ができるということですね。

  • 低用量ピル(OC)を服用することで子宮筋腫が縮小傾向を認めたとの報告が以前よりあり、保険適応ではありませんが上手に使って効果を挙げている症例もあります。
    出典 :低用量ピル・月経周期調節 | 愛和レディースクリニック・伊丹市・産婦人科
     

    実際、処方されている病院もあるようです。

  • 先生がしきりに低用量ピルを勧めてきたのですが、私は「筋腫って確かエストロゲンで育つんじゃなかったっけ・・。。」と思い、家に帰ってネットで少し調べてみるとやっぱり低用量ピルは子宮筋腫の方は禁忌となってました。
    出典 :子宮筋腫について - OZmall
     

    国が禁忌としていることで、医師にたとえすすめられても慎重になる人が多いようです。

  • 子宮内膜症や子宮筋腫に対する低用量ピルの影響ですが、欧米のテキストにはむしろ、治療のためもしくはこれ以上進行しないようにするため積極的にピルの使用を勧めています。
    出典 :オーキッドクラブ(ピルや避妊に関する総合サイト):オンライン外来
     

    欧米では低用量ピルを積極的に取り入れているようです。

  • 5年前の低用量ピルの日本での発売に際し、いろいろな注意事項がでましたが、そのとき子宮筋腫には投与してはいけないと書かれてしまったために、今でも使用禁だと思っている医者も多くいます。
    実際使ってみると月経痛などの症状がなくなるなど、いいことばかりです。
    出典 :オーキッドクラブ(ピルや避妊に関する総合サイト):オンライン外来
     

    積極的にすすめられているお医者様もいらっしゃるのですね。
    国のガイドラインには慎重になってしまうものですが、こういった例もあるということで検討の余地はありそうです。
    今後、低用量ピルと子宮筋腫の関係がきちんと見直されることを期待しましょう。