美肌に良い【美肌菌】って知ってる?

世の女性の多くが毎日メイクをし、スキンケア用品を頼っています。ですが、実は目に見えないとある菌が美肌に良いんです。美肌に良い美肌菌、知っていますか?

view183

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 美肌菌って知ってる?

  • NHKの情報番組「あさイチ」でも紹介された話題の「美肌菌」。
    美肌菌とは「表皮ブドウ球菌」のことで、皮膚常在菌の一種です。
    出典 :32℃化粧品 美容コラム "美肌菌とは?" | ビューティコントロールサービス
     

    その名の通り、お肌を美肌にしてくれるのが美肌菌です。

  • 表皮ブドウ球菌は皮膚の上で汗や皮脂を食べ、グリセリンを排泄します。グリセリンはご存知のとおり肌の潤いを保つ働きのある成分です。
    出典 :32℃化粧品 美容コラム "美肌菌とは?" | ビューティコントロールサービス
     

    菌というのは、ありとあらゆるところにいるものです。美肌菌というのは俗称のようなもので、表皮ブドウ球菌の働きが、美肌という視点から見るととてもよろしい、ということから来ています。

  • 美肌菌って安全なの?

  • 本当のところ、美肌菌って危なくない? という疑問に答えます。

  • 表皮ブドウ球菌(美肌菌)は皮膚上では美肌効果のある菌ですが、体内に入ると病原性を発揮する場合があります。
    ですが黄色ブドウ球菌(悪玉菌)ほど病原性は高くなく、体内に入っても白血球などの免疫機能によって退治されることが多いので、病原性に対してさほど心配する必要はありません。
    出典 :32℃化粧品 美容コラム "美肌菌とは?" | ビューティコントロールサービス
     

    菌ですから、中には悪さをするものもいます。ただし、一年中いつでも風邪を引いては治す、というのを繰り返している病弱な方ならまだしも、健康な方であれば問題にはなりませんのでご安心を。

  • 美肌菌が美肌を作る!

  • きちんと汚れを落としてケアしているはずなのに、実は洗顔が原因で肌荒れ、赤み、くすみ、乾燥などが起こることが多いのです。
    出典 :清潔好き日本人の盲点? ”美肌菌”で蘇るお肌の本質  | 美容ブログ [女性の美学]
     

    洗いすぎ、効果の強すぎなケアをしてしまったり、お肌の状態に合っていないケアをすることで、少しずつ肌はダメージを蓄積させていくのです。1日のストレスはほんのすこしでも、それが5年、10年と続けば、いつのまにか肌トラブルの常連さんに。

  • 清潔好きな私達日本人にとって、毎朝・毎晩の洗顔は大切なルーティンの一つ。しかし、せっけん、洗顔フォーム、クレンジングオイル等は洗浄力が高いため、肌に必要な油分や潤い、美肌菌までも洗い落としてしまいます。

    行き過ぎると肌はどんどん乾燥し、人によってはクリームや保湿美容液などでも追いつかなくなってしまいます。
    出典 :清潔好き日本人の盲点? ”美肌菌”で蘇るお肌の本質  | 美容ブログ [女性の美学]
     

    特に注意していただきたいのが、朝シャン派の方。朝シャワーを浴びる時、頭も髪も顔も体も、ぜーんぶソープやシャンプーを使う人、洗いすぎている可能性大です。

  • なにごとも、やり過ぎは良くないということですね。

  • 美肌菌を育てる洗顔術

  • おすすめの洗顔方法は、朝はぬるま湯のみ、夜はクレンジングミルク洗顔です。500円玉くらいの量を手にとり、クレンジングミルクで優しくマッサージするようにメイクを落とします。

    クレンジングミルクは界面活性剤が少なく、肌への負担が低いといわれています。洗顔で肌トラブルになってしまう人は、この界面活性剤が原因になっていることも。
    出典 :清潔好き日本人の盲点? ”美肌菌”で蘇るお肌の本質  | 美容ブログ [女性の美学]
     

    肌を強くこすったり、何度も洗顔料を使ったりすると美肌菌はいなくなってしまいます。そこまでしなくても汚れは綺麗に落とせるのです。必要最低限のクレンジングを心がけましょう。

  • 美肌菌を効率良く!エステ代わりの美肌菌バンク

  • 菌というのは、ちょっとしたことですぐ増えたりいなくなったりしてしまうものです。じっくりとお肌を育て、美肌菌でナチュラルな美しさを手に入れましょう。