妊婦さんの便秘はなぜ? 解消法は?

便秘しやすい妊婦さん、どうして便秘がちになってしまうんでしょうか。
解消法もまとめました。

view376

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦の70%が便秘に

  • 女性は妊娠すると体型や体質が変化し、色々な悩みやトラブルが発生することがあります。特に多くの妊婦の方を悩ませるのが、便秘や足のむくみではないでしょうか。

    実は、妊婦さんのうち70%もの人が便秘に悩まされるそうです。特に妊娠後期になればなるほど、便秘になる確率は高くなります。

    もともと女性は便秘になりやすいではありますが、妊娠中の便秘は普段とは違って慢性化しやすいのが特徴です。

    対策を練るにはまず原因を知ることが大切です。ここでは、妊婦さんが便秘になりやすい理由を学んでいきましょう。
    出典 :なぜ妊婦さんは便秘しやすいの? | スキンケア大学
  • 妊婦さんが便秘になりやすい理由

  • (1)腸が圧迫される

     

    お腹が大きくなると子宮によって他の内臓器官が圧迫されます。腸は特に圧迫されやすい位置にあるため、腸管が狭くなってしまいがちです。

    すると物理的に便が通りづらくなり、便秘となってしまうのです。

    また、圧迫されている状態が長く続くと、腸の神経は刺激に対して鈍感になってしまいます。これは直腸性便秘の原因ともなるため、よけいに便は出づらくなります。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/supplement/article/002531/

  • (2)ホルモンの働き

     

    妊娠すると「黄体ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増えます。

    この黄体ホルモンのおかげで母胎が守られ、安全に妊娠・出産をすることが可能になっているのですが、実はこの黄体ホルモンは以下のような働きをするため、便秘になりやすくなります。
    •水分を体内に溜めこむ働き:大腸からの水分吸収が増え、便の水分が奪われやすくなります。
    •流産しないように子宮筋の収縮を抑制:腸を動かす筋肉を弛緩させ、排便しにくくなります。


    引用)
    http://www.skincare-univ.com/supplement/article/002531/

  • (3)自律神経が乱れやすい

     

    妊娠中はホルモンバランスが目まぐるしく変化します。そのため、ホルモンバランスが変化することによって自律神経も乱れてしまうことがあります。

    胃腸は自律神経がコントロールしているため、自律神経の働きが乱れると便秘になりやすくなります。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/supplement/article/002531/

  • (4)運動不足になりやすい

     

    妊婦さんにとって激しい運動は禁物ですし、少しのことで周囲から気を遣われてしまって安静にしてなければならないということも多いでしょう。

    しかし、運動不足によって筋力が低下すると、腸の蠕動運動が不充分になり、スムーズなお通じに支障が出ます。

    適度な運動は母胎にも良いですから、無理のない範囲で体は動かしたいところです。


    引用)
    http://www.skincare-univ.com/supplement/article/002531/

  • (5)食欲不振になりがち

     

    妊娠初期では食欲不振になりがちです。つわりが辛くて何も食べたくないという状態になって食べる量が少なくなると便のカサが減り、排便が困難になります。

    なるべくバランスのよい、食物繊維の豊富な食事を心掛けましょう。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/supplement/article/002531/

  • 具体的な予防策

  • (1)食事・食べ物

     

    妊娠中にできる最もお手軽な予防法が、食事に気をつけることです。特に妊娠初期では、つわりの影響で食欲不振になりがちですから、食生活への意識は大切です。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/supplement/article/002151/

  • (2)水分補給

     

    妊娠中の女性は、ホルモンの影響で大腸からの水分吸収が促進されます。一方で、水分不足はすべてのタイプの便秘に共通する原因です。便が硬くなると出にくくなる上に、滑りも悪くなるためです。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/supplement/article/002151/

  • (3)適度な運動

     

    妊娠中は周囲から気を遣われて、安静にしているよう言われることも多いことでしょう。

    しかし、医師に指示されているようなことがなければ、妊娠中であっても適度な運動は積極的に行いましょう。運動は腸を刺激し、蠕動運動を促すのみならず、自律神経を整え、腸を活性化します。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/supplement/article/002151/

  • +αの便秘解消策

  • (1)温水洗浄付き便座のトイレを使用

     

    温水洗浄付き便座の暖かいお湯で優しく直腸を刺激すると、便が出やすくなります。

    ただし、水勢や水温を過剰に上げて使用すると、「ウォシュレット症候群」と呼ばれる肛門のただれなどを引き起こすことがありますので、やりすぎは禁物です。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/supplement/article/002152/

  • (2)穏やかな下剤効果のある食品を摂る

     

    妊娠中は、基本的に市販の下剤の使用は厳禁です。クリニックに行くほど便秘がひどくない場合は、穏やかな下剤効果のある、便秘解消に役立つ以下のような食べ物を利用するのも1つの手です。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/supplement/article/002152/

  • •プルーン:水溶性食物繊維が豊富に含まれていると同時に、ソルビトールという「糖類下剤」という種類の便秘薬に用いられている成分が含まれている。
    •オリーブオイル:地中海地域では、便秘の民間薬でもあります。
    •牛乳:「ラクトース(乳糖)」が含まれており、穏やかな下剤効果がありますが、「乳糖不耐症」の人は要注意です。

    どうしても便秘が改善しないという場合には、苦しんで悪化する前に、ドクターに診てもらうようにしましょう。
    出典 :妊娠中の便秘の解消法 | スキンケア大学