これって危険?? 知っておきたい妊娠初期の流産の兆候

妊娠初期は最も流産しやすい不安定な時期です。妊娠初期の流産の兆候にはどのようなものがあるのでしょうか。

view670

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期の流産の原因は?

  • 妊娠の超初期に起こる流産は、そのほとんどが受精卵の異常です。多くは染色体に異常があってうまく細胞分裂ができなかったためで、偶発的なものです
    出典 :流産の症状と原因(妊娠初期)
  • 流産は主に、妊娠初期(全ての妊娠のうち約10~15%)にみられます。 妊娠初期の流産の原因の半数近くが、染色体の異常などである為、避けられないものであり、母体が原因ということはほとんどありません
    出典 :妊娠中の流産について-赤ちゃんの部屋
  • 妊娠初期の流産は、そのほとんどが受精卵の異常、すなわち、赤ちゃん側の原因です。妊娠12週以前の早期流産の多くは、染色体や遺伝子に異常があってうまく細胞分裂ができなかったためで、偶発的に起こるものです
    出典 :妊娠初期の流産 [流産の基礎知識] All About
  • 流産したことで自分を責めてしまう妊婦さんは少なくありません。
    しかし、妊娠初期の流産は母体側に問題があるというよりは、胎児側の問題であることが多いようですね。

  • 妊娠初期の流産の種類

  • 流産にはいろいろな種類があります。時期や状態によってわけられています。
    その中でも初期流産は妊娠週数12週目までに起こるものをいいます。

  • 流産とは、妊娠22週未満になんらかの原因で赤ちゃんが母体から出てしまい、妊娠を継続させることが出来ないことをいいます。 そのうち、妊娠12週未満の流産を早期流産・妊娠12週以降を後期流産とわけられています。
    出典 :妊娠中の流産について
  • 初期流産は細かくすると以下の4種類に分かれます。
    1.稽留流産
    2.進行流産
    3.完全流産
    4.不全流産
    出典 :流産の種類:稽留流産(けいりゅうりゅうざん)したママのサイト
  • 稽留流産とは、赤ちゃんの成長が止まっても、まだ子宮内に胎盤などの組織が残っている状態のことを言います。
    出血や痛みなどの自覚症状がないのが特徴です。自覚症状がないため、自分では気が付きにくく定期健診のときにはじめて分かる場合が多くあります
    出典 :稽留(けいりゅう)流産
  • 今まさに流産が進行している状態を進行流産と言います。わずか数分のうちに赤ちゃんが外に流れていきます。進行が確定したら残念ながら止める術はありません
    出典 :進行流産
  • 強い下腹部の痛みや大量の出血をともなう、進行流産後の状態で胎児も組織も 子宮から剥がれ落ち全て子宮外へ排出された状態を完全流産と言います。後の処置法は病院によって違うようですが、出血が続いていたりしない限りは 手術は必要ないと言われています。
    出典 :完全流産・自然流産【マンガ流産のベイビーライオン】
     

    胎児も組織もすべて子宮から排出される状態をさす完全流産に対して、一部の組織を残した状態になることを不全流産と呼んでいるそうです。

  • 妊娠初期の流産の兆候にはどんなものがあるの?

  • 激しい下腹部痛

     

    ひどい生理痛のような痛みがあれば要注意!

    生理痛は子宮が収縮する痛みです。
    妊娠中にこの痛みがあるということは流産の可能性が考えられます。

  • 妊娠初期の腰痛は流産の兆候であることも・・・

     

    腰痛そのものは妊婦さんにはよくある症状ですが、出血などの症状を伴う場合は流産を疑う必要があります

  • 妊娠初期は生理痛に似たような重い下腹部の感じがある方が多いかと思いますが、私が流産した時は生理二日目のような生理痛に加えて、腰痛がありました
    出典 :流産の可能性のある腹痛とは? 妊娠6週の妊婦ですが、まだ胎嚢確認しかできていま... - Yahoo!知恵袋
  • 下腹部痛や腰の痛み以外にも以下のような症状を伴うときはすぐに病院へ連絡して指示をあおぎましょう。

  • 出血を伴う

  • 発熱を伴う

  • おりものに血液が混ざる

  • 発熱や出血のような症状が伴っているときはもちろんですが、横になって安静にしていても下腹部痛などの痛みが治まらないあるいはひどくなっていく、という場合も大至急病院に連絡しましょう。

    痛みと出血は流産の兆候ですが、すべてのケースが流産につながるというわけではありません。
    場合によっては妊娠が継続できることもあります。
    自己判断をせず、少しでも早くかかりつけの産科に相談することが大切です。