首筋のニキビは大人ニキビ!なぜ首や顎にニキビは集中しやすいの?

首筋のニキビは大人ニキビと呼ばれるものです。思春期の頃とは異なり、大人になるとニキビができる箇所も変化しがち。
なぜ大人になると首や顎などにニキビが集中しやすいのでしょうか。その原因や対処方法をまとめました。

view108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 首筋のニキビ

  • 首筋のニキビは大人特有のものです。なぜ若い頃とは違う箇所にできやすくなるのでしょうか?顔にできるのも問題ですが、首や顎も目立つため解消したいですよね。

  • 大人になるとできやすい首ニキビ

  • 大人になるほど首ニキビで悩みがち

     

    思春期など若い頃はTゾーンに多くできていたのに、年齢を重ねるごとに首や顎などニキビができる場所が変化してきます。
    若い頃とはニキビができる原因が違うためで、同じ対策方法をしていたのではなかなか改善できません。若いときのようにゴシゴシ洗って、油やアクネ菌を落とせばいいんでしょ?と思っていると悪化することもあるんですよ。

  • 大人ニキビが首や顎にできることからも分かるように、直接的な原因は皮脂の過剰な分泌ではありません。年齢と共に肌の代謝が落ちることや、内臓の問題など大人だからこそ抱える原因が隠れているのです。

  • 大人ニキビはとにかく保湿

  • 大人ニキビは潤いが足りていない

     

    肌に保湿力が落ちてくると、ターンオーバーが乱れがち。年齢と共に徐々に保水力が落ちてしまいます。大人ニキビはとにかく保湿を重点的にする必要があるのです。
    また、既にニキビができた箇所は刺激によわいため、優しい使い心地の保湿タイプの化粧水を使ってください。

  • 肌に保水力が高まるとターンオーがーが促され、老廃物の排泄や無駄な角質が除去できます。新しい細胞の生まれ変わりも促進され、よりニキビができにくい肌に変わってきます。

  • 生活習慣の乱れによるニキビ

  • 不規則な生活習慣でニキビができやすい

     

    大人になると規則正しく就寝できるとは限りません。ついつい仕事で遅くなることも。
    また、休日にまとめて寝てしまうと、睡眠のサイクルが乱れてしまいます。本当は肌に良いのは、夜10時に寝て翌2時までグッスリと深い眠りにつくことです。しかし、大人の場合はなかなか難しいこともあるため、この時間帯に深い眠りを心掛けるだけでも違ってきます。

  • 加齢に伴いホルモンバランスが出てくる

  • 大人はホルモンバランスが乱れやすい

     

    年齢と共に女性ホルモンの量が減り、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。
    また、若い人でもストレスなどの影響で、既に男性ホルモンの量が多くなっている人もみられています。ヒゲが生えてきたり、生理の周期が乱れているという方は注意しましょう。
    また、生理前になると女性ホルモンのバランスが変わるため、ニキビができやすい人もいます。

  • メイク汚れの蓄積

  • 洗顔の洗い流しに注意

     

    大人の女性になると、毎日メイクをします。日々きちんとメイク汚れを落とせていれば良いのですが、特に顎や首周辺は見逃しがちなんです。
    洗顔をしたら洗い流しに注意し、洗顔フォームなどが残らないようにしましょう。夜のメイク落としは浴室でやれば洗い残しを防げます。

  • 体の冷えが原因のニキビ

  • 冷えで代謝が悪くなる

     

    大人はストレスなどを受けて体が冷えがちです。
    また、運動不足、食生活の乱れ、冷たいものの食べすぎ、甘い物の食べすぎなどでも冷えは発生します。冷えると血流が悪くなり、首や顎のニキビにもつながりやすくなります。

    1日の疲れを癒すため湯船につかり、半身浴でしっかりと体を温めましょう。

  • 冷えが酷い人は、足元にシャワーを当てて血流を良くする方法もおすすめです。
    温、冷と交互に当てると血管が拡張し、収縮して血管のポンプが働き血流が改善します。特に末端部分が冷える女性に良い対策方法です。毎日続けていると、入浴後は手足がポカポカするからやってみてくださいね。