乳糖を分解できず下痢!?【乳糖不耐症】

ミルクを飲んで少しすると下痢なんて事が
あったら疑ってみるのも良いかもしれません

view261

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳糖不耐症って?

  • 乳糖不耐症
    先天的に消化酵素がない場合と急性胃腸炎のあと、消化酵素が出なくなってしまう後天的な場合が。ほとんどは後天的なものです。
    出典 :乳糖不耐症 - gooベビー
  • どんな病気?

     

    ミルクや牛乳に含まれる糖質=乳糖は、酵素によってブドウ糖とガラクトースに分解されて、初めて体に吸収されます。この乳糖を分解できず、赤ちゃんが下痢をしてしまうのが乳糖不耐症。おっぱいを飲み始めて、すぐにすっぱいにおいのする水っぽい便を頻繁にする先天的なものと、細菌が原因の下痢が長引いて起こる後天的なものとがあります。

  • 先天的なものは、腸の中のラクターゼという乳糖分解酵素が生まれつき欠けているため起こるもの。後天的なものは、ウイルスや細菌による急性胃腸炎で腸の粘膜がただれたり破れたりして、ミルクや牛乳に含まれる乳糖を消化吸収する酵素が出なくなってしまうというものです。
    出典 :乳糖不耐症 - gooベビー
  • 牛乳でごろごろするのは自然現象

  • 牛乳でごろごろするのは自然現象
    乳糖不耐症の素因のある方は、代々乳製品を摂り続けている北欧や西ヨーロッパの人では1割強ですが、 アジア人や黒人、アメリカ先住民、そしてヨーロッパでも地中海地方の人々ではなんと7~9割が該当 します
    出典 :乳糖不耐症
     

    結構多いものですよ

  • 世界全体でも、乳糖不耐症の素因のある方は約8割に及びます。ですから、乳糖不耐症は病気 ではなくて成長に伴う自然現象であり、全く素因がない方が珍しいともいえます。そういう意味で、 逆に素因がない方を「ラクターゼ活性持続症」と呼ぶ場合もあります。
    出典 :乳糖不耐症
     

    色々ありますね

  • 子供は注意!

  • 早い方では離乳を始めた頃でも出ますので要注意(昔、どうしても給食の牛乳が飲めない子供に 無理強いさせる先生がよくいましたが、少し考える必要があったわけです)。また、母乳ではなく 粉ミルクや牛乳を摂るようになって間もなく出る子供では、一応牛乳アレルギーも疑っておく必要が あります

  • 体験談

  • 紗彩ちゃん(当時8カ月)・美智子ママ 1日目 夜寝ていたのに突然嘔吐。小児科を受診し、吐きけ止めの座薬をもらう。2日目 再度受診。待合室で待っている間にひどい下痢。「断定はできないけれど、ロタウイルスによる下痢」と言われる。3~6日目 1日10回程度の下痢。
    出典 :乳糖不耐症 - gooベビー
  • 7~13日目 食欲はあるが、まだ下痢は続いている。22日目 総合病院に連れていくと、無乳糖のミルクにするよう指示される。24日目 健康な便に戻る。
    出典 :乳糖不耐症 - gooベビー
  • ママからのコメント
    最初の下痢で、乳糖を分解する酵素が流れたそう。食事ができないならおっぱいをと、一生懸命授乳したのが下痢を長引かせた原因だったと知りショック!
    出典 :乳糖不耐症 - gooベビー
  • 腸内の革命をしよう

  • ヨーグルトやヤクルト、カルピスなどには乳酸菌が含まれますが、この乳酸菌自体がラクターゼを持っています。そのため既に乳糖が一部分解されています。これら乳製品や、製造過程で乳糖がほとんど取り除かれるバター、チーズなどは腸内で乳酸菌やビフィズス菌が増えるためのエサになります。
    出典 :牛乳で下痢・お腹ゴロゴロ 乳糖不耐症の対処法 それでも牛乳が飲みたい | How to read maps
  • 注意点

     

    お腹がゴロゴロしたときに市販の整腸剤を使用したくなる事もあるかと思います。しかし、整腸剤の中には乳糖を含むものがあるため、重度の乳糖不耐症の方は注意が必要です。ラックビー、エンテロノンRなどは乳糖が多く、ビオフェルミン、レベニンなどは乳糖が少なめ。意外な盲点です。