もしかしたら妊娠かも!?妊娠超初期、妊娠初期の症状、みんなどうだった?

妊娠超初期、妊娠初期の症状は個人差があります。
チクチクするような感じだったり、だるさがあったり。
初めての変化で妊娠と気づかないこともあるかもしれません。
ここでは妊娠したときの代表的な変化についてまとめました。

view90

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期、妊娠超初期っていつごろ?

  • 妊娠初期は妊娠2ヶ月、週数で言うと5週から妊娠4ヶ月、16週までをいいます。
    妊娠超初期は妊娠1ヶ月。
    ほとんどの場合この時期には自覚症状はありません。

  • 妊娠の週数は最後の月経の初日を0週0日として計算します。
    排卵は起こるのはその後。
    受精する前からカウントダウンが始まっていることになります。

  •  

    生理の遅れで妊娠に気づく人が多数派。
    ただし、その前から身体の変調を感じる人も少なくありません。

  • 身体はどういう変化をしているの?

  • 妊娠するのと同時に身体は変化を始めます。

  • まず赤ちゃんを育てるためにホルモンの分泌が始まります。
    このホルモンがhCGホルモン。
    妊娠しなければ出ることがないホルモンです。
    これによって二種類の女性ホルモン、エストロゲン、プロゲステロンが活発化します。

  •  

    妊娠検査薬は尿中にhCGが含まれているかどうかで検査しています。
    妊娠初期だと尿中に十分にhCGがでていないこともあります。
    結果が陰性でも、生理が始まらなければ再度使用してください。

  • 妊娠初期に活発になるのが、プロゲステロン(黄体ホルモン)。
    生理中に多く分泌されるホルモンです。
    最もバランスが崩れやすいホルモンともいわれています。

  • プロゲステロンは基礎体温を上昇させ、妊娠を維持するために欠かせないホルモン。

  • プロゲステロンは女性の肌荒れや、便秘を引き起こしてしまいます。
    妊娠初期の不調はこのホルモンが大きい要因。

  • 妊娠初期の症状と生理が似ているのもプロゲステロンが要因。

  • 自覚症状は?

  • 妊娠初期の症の多くはホルモンが原因。
    その症状をひとつひとつ見てみましょう。

  • 身体がだるい

     

    身体のだるさは妊娠初期の代表的な症状。
    普段以上に極端なだるさを感じるときは妊娠した可能性があります。
    骨盤を緩めるホルモンが原因で腰痛になる人もいるようです。

  • 眠気を感じる

     

    眠気を感じるのも多い症状。
    ホルモン変化もありますが、身体の変化に疲れているのかもしれません。

  • 味覚や嗅覚が変わる

     

    好きだった食べ物が苦手になったり、急ににおいに敏感になる人も多い様子。
    香水や洗剤などの人工的なにおいが苦手になる人もいるようです。

  • 胸が張ったり痛みを感じる

     

    生理時に胸の張りを感じる人も多いと思います。
    生理時の胸の張りがずっと続いたり、より強く張って痛みを伴うときは妊娠かもしれません。

  • 体温がずっと高い

     

    生理が始まると通常体温が下がる時期がきます。
    排卵がきてプロゲステロンが分泌されるようになると、体温が高い時期が始まるのです。
    妊娠して生理が止まり、排卵もしなくなると体温が高い時期が続くようになります。

  • 便秘や下痢になる人も

     

    生理前に便秘や下痢になる人は、妊娠初期でも同じ症状に悩むことが多いようです。
    妊娠していた場合、便秘薬は飲めません。
    心当たりがある人は薬には注意しましょう。

  • 下腹部に痛みを感じる場合も

     

    腹部がつるような痛みや生理通のような痛みなど人によって違いはありますが、痛みを感じる場合もあります。
    これは子宮が大きくなって血流が増えたり、周囲の筋肉が引っ張られることが要因。
    痛みが続く期間は個人差があります。

  • 着床出血がある場合も…

  • 受精卵が母体と結びついたときにおきるのが着床出血。
    すべての人に必ずおきるものではありません。

  • 出血する時期は生理から3週間ほどあと。
    生理ほどの多い出血ではないので、気づかないこともあります。

  • 自分の変化に敏感になって早めに妊娠を知ろう

  • 妊娠初期は赤ちゃんの脳や心臓などが作られる大切な時期。
    外からの影響も受けやすい時期です。
    できるだけ妊娠を早く知って、食生活や生活バランスを整えましょう。
    アルコールやタバコも赤ちゃんの成長のために早めに控えるようにおすすめします。