短時間睡眠でもスッキリと目覚める方法があった!!!気になる短時間睡眠まとめ☆☆

短時間睡眠なのにスッキリと目覚める方法があった!!!
気になる短時間睡眠に関する情報をまとめてみました!!!

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも短時間睡眠って一体何???

  • 短時間睡眠って一体何???

     

    短時間睡眠を行う上で最も重要なことは、「健康を維持しながら無理のない範囲で短時間睡眠を行う」ことです!!!
    健康を害する短時間睡眠は危険なので要注意です!!!

  • 一般に考えられている短時間睡眠とは、「気合いと根性で睡眠時間を短くして、それを体に無理矢理慣れさせる」ことでしょう。しかし、この方法では十分な睡眠の質を確保することができず、睡眠不足の症状を引き起こすことになります。
    出典 :健康重視!短時間睡眠でも疲労をばっちり回復するための4ステップ | iGotit
     

    無理な短時間睡眠は健康を害する恐れがあるので要注意です!!!

  • こんな症状が出てきたら要注意です!!!

     

    気合いと根性を合い言葉にして短時間睡眠を行った場合、あなたは睡眠不足の状態になり、心身に大きな負担をかけ健康を損なう結果になってしまいます!!!
    以下のような症状が出てきたら短時間睡眠を見直してみましょう!!!

  • •毎日の疲れがとれず身体が重い
    •集中力が欠けて色々なミスをする
    •居眠りをしてしまう
    •小さなことでイライラしてしまう
    •肌が荒れる
    •記憶力が著しく低下する
    •思考力が著しく低下する
    •食欲の制御ができず肥満になる
    •気分が落ち込みやすく不安に駆られやすくなる
    •鬱病になるリスクが高い
    •高血圧になるリスクが高い
    出典 :健康重視!短時間睡眠でも疲労をばっちり回復するための4ステップ | iGotit
     

    無理に続けないように気をつけましょう!!!
    重病を招く可能性もあります!!!

  • 短時間睡眠でも疲れが取れてスッキリと目覚める方法とは???

  • 眠りにつくための入眠儀式を行う

     

    自分なりの入眠儀式を考えて毎日実践してみましょう!!!

  • 「寝る30分前に瞑想をする」「顔を洗って歯を磨く」「BGMにヒーリングミュージックをかける」「部屋を暗くする」「目覚まし時計をセットする」など、眠りにつくための入眠儀式を習慣化させましょう。

    いくつかを組み合わせ毎日寝る前に行うことで、睡眠スイッチが切り替わり自然と眠たくなってきます。
    出典 :短時間睡眠でも疲れがスッキリ解消する7つの習慣 | 美プラス〜美容・健康情報サイト
  • 毎日わくわくするような生活を送る!!!

     

    毎日を楽しむことが短時間睡眠を成功させるコツでもあります!!!

  • 毎日にワクワクして心が躍っているのならばそれが何より早起きの秘訣だということがここでは逆説的に語られている。
    短時間睡眠法を成功させる一番の秘訣は「朝、起きたい!」という極めて単純な、けれども手にするのは容易でない気持ちなのだとこの本から学んだのだった。
    出典 :短時間睡眠法を成功させるために必要なたった1つのこと - Zuihitsu 2.0
     

    毎日やりたいことや楽しいことが沢山ある生活を送ることが大切です!!!

  • 寝る前4時間は食べ物を口にしない

     

    胃に食べ物があると熟睡できないので要注意です!!!

  • たとえば、夜の12時にベッドに入る人なら夕食は8時までにすませ、それ以後は寝る前まで食べ物を口にしないこと。

    胃袋に食べ物が入れば体の機能は消化活動にまわってしまうため、熟睡できず疲れをとることはできません。
    出典 :短時間睡眠でも疲れがスッキリ解消する7つの習慣 | 美プラス〜美容・健康情報サイト
  • 固めの布団で眠る

     

    固めの布団の方が疲れが取れるようです!!!

  • ふわふわの布団は気持ちがいいのですが、体が沈み込んでしまうため、それを支えようと筋肉が緊張してしまい安眠の妨げとなるばかりか、不自然な体制は健康にも影響。
    固めの布団にすることで熟睡でき、短時間睡眠でも疲れがとれます。枕は固すぎず柔らかすぎず、そば殻など風通しのよいものにしましょう。
    出典 :短時間睡眠でも疲れがスッキリ解消する7つの習慣 | 美プラス〜美容・健康情報サイト
     

    自分の布団を見直してみましょう!!!

  • 寝る前に約38~40度のお湯にゆっくりと浸る

     

    活動時の体温が下がり始めることで眠りにつきやすくなります!!
    是非実践してみましょう!!!

  • 入浴で体温を上げてあげ、20~30分後に体温が下がり始めたタイミングで布団に入ることで熟睡きます。
    お風呂の温度は38~40度くらい。ゆっくりと浸かることで体温を上げると同時に、リラックス効果で副交感神経の切り替えもスムーズに行われます。
    出典 :短時間睡眠でも疲れがスッキリ解消する7つの習慣 | 美プラス〜美容・健康情報サイト
     

    お風呂でリラックスすることも大切です!!!

  • 起床にも短時間睡眠成功のコツがあります!!!

     

    起床の習慣や方法を身につけることも大切です!!!

  • 起きたらすぐに朝日を浴びて背伸びと深呼吸をする

    毎朝、起きたらすぐに朝日を浴び思い切り背伸びと深呼吸をしましょう。
    毎日1時間のズレが生じる体内時計が、太陽の光によってリセットされ体を目覚めさせてくれ、伸びをすることで交感神経が刺激され、深呼吸により全身に酸素を運ぶことができます。
    出典 :短時間睡眠でも疲れがスッキリ解消する7つの習慣 | 美プラス〜美容・健康情報サイト
     

    気分もスッキリします!!!

  • 毎日同じ時間に起きる

    前の日に寝るのが遅くなっても、毎日決まった時間に起きることで体内のリズムが整ってきます。
    昼間眠くなってしまうようなら、5分か10分ほどの仮眠をとるようにしましょう。
    出典 :短時間睡眠でも疲れがスッキリ解消する7つの習慣 | 美プラス〜美容・健康情報サイト
     

    少しの仮眠もおすすめです!!!