だらだらとミルクをはく・・・食道噴門弛緩症

口からたらたらという吐き方ではくのが
この症状です
ご紹介します

view114

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 噴門弛緩症とは

  • 噴門弛緩症(ふんもんしかんしょう)
    口元からタラタラ……という吐き方で、吐いても機嫌がよいのが特徴。2才ぐらいまでには、自然に治ります。
    出典 :噴門弛緩症 - gooベビー
  • 噴門というのは胃の入り口の部分で、その筋肉が生まれつき弱いために、飲んだおっぱいやミルクが胃から逆流して吐いてしまうという病気。乳児期によく見られますが、月齢が大きくなるに従って噴門の筋肉が発達し、2才ごろまでには自然に治ることがほとんど。吐いても機嫌がよく、口元からタラタラたれるような吐き方。
    出典 :噴門弛緩症 - gooベビー
  • 何故起きるのか

  • 噴門部分の締りが悪い事が原因で、飲んだミルクが、胃から逆流してしまい吐いてしまう為に起こります。症状としては、まず、生まれてすぐの赤ちゃんなどが、ママが授乳して寝かせたり、体を少し動かしただけで、ミルクなど飲んだものを吐いてしまいます
    出典 :赤ちゃんの噴門弛緩症!だらだらとミルクを吐く
  • 乳児期には良く見られる症状でもありますので、それほど深刻にならなくても大丈夫です。もし、赤ちゃんが噴門弛緩症(ふんもんしかんしょう)と診断された場合は、ミルクも一度に多くの量をあげないで少しづつ回数を増やし、1回の授乳量を少し減らして調整していきます。
    出典 :赤ちゃんの噴門弛緩症!だらだらとミルクを吐く
  • 体重増加の目安や豆知識

  • 赤ちゃんの1日の体重増加の目安
    ・生後0~3ヶ月→25~30g/日
    ・生後3~6ヶ月→20~25g/日
    ・生後6~9ヶ月→15~20g/日
    ・生後9~12ヶ月→10~15g/日
    出典 :噴門弛緩症
  • 飲むたびに吐くと・・・

     

    飲むたびに吐いていると、体重が増えず栄養障害が心配です。また、吐いた母乳やミルクが肺に入って肺炎になったりすることもあります。これは、生後2,3ヶ月以内に自然に治ります。大抵、吐いても元気がよいのが特徴ですが、体重があまり増えずに心配なときは、お医者さんに相談してみましょう。

  • 軽症の場合は、授乳後1時間ほど起したままにしたり、ベットでは、上半身を高くしておくなどの工夫をします。1回の授乳量を減らして回数を増やす、こまめにげっぷをさせるなどの工夫をしましょう。
    出典 :噴門弛緩症
     

    手がかかる子ほどかわいいという事で

  • 吐きやすい時は

  • 吐きやすいときは、授乳の1回の量を少なくして、回数を多くするといいですよ。また、授乳後はしばらく立て抱き抱っこをするか、ベビーラックの背をやや上げて寝かせるなど、なるべく胃が縦になる姿勢をとってあげると吐きにくくなります。
    出典 :胃食道逆流症(噴門弛緩症): 赤ちゃんの病気辞典(赤ちゃん病気かな?と思ったら)
  • 吐きやすい赤ちゃんを寝かせるときには、吐いたものが器官に入らないよう、横向きにしてください。少し背中が傾くようにタオルなどをかませれば横向きになります。
    出典 :胃食道逆流症(噴門弛緩症): 赤ちゃんの病気辞典(赤ちゃん病気かな?と思ったら)
  • 最後に

  • だんだんと

     

    良くなってくるので
    あまり神経質にならないようにしましょう
    あたたかい目で見守ってあげる事が必要です