妊娠初期の体重管理

妊娠中初期の体重管理のポイントは「増やさないこと」「過度にやせないこと」です。
妊娠中の体重増加はBMIによって大体決まっています。
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) で求めてください。
BMIが18.5未満の人はやせ気味、18.5~25の人は普通、25を超える人は太っています。

view108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体重初期の体重管理が大切なのは、妊娠中の過度の体重増加が、妊娠中毒症、妊娠糖尿病のリスクが高まり、分娩時間の延長や微弱陣痛などの異常分娩に繋がるからです。

    妊娠中の体重増加はBMIによって、だいたい決まっています。
    BMI=体重kg÷身長m÷身長m で求めます。
    たとえば身長160cn、体重60kgの人は 60÷11.6÷1.6=23.4 となります。

    BMIが18.5未満の人は分娩までの体重増加は9~12kg
    18.5~25の人は7~12kg
    25をやや超える人は個別対応 と言われています。

    1週間あたりの体重増加は0.3~0.5kgです。

    妊娠初期はつわりの関係で食欲がなく、やせる人も少なくありません。
    最近は妊娠によって体型が変わること、太ることが受け入れられず、つわりでやせることで、ダイエットが出来ると喜ぶ人もいますが、出産後元に戻らないと言うことはありません。多くの芸能人が出産後も綺麗な体型を保っていることからも、それはわかることだと思います。

    妊娠中は赤ちゃんが約3kg、用水が800~900g、胎盤が500~700g、循環血液量の増加が1~1.5kg、乳房屋支給が大きくなる分など、それだけでも合計7~8kg増えます。

    増えすぎるのはもちろん良くありませんが、ある程度の体重増加は必要です。
    妊娠初期の体重管理では増えすぎだけでなく、やせすぎも禁物だと言うことを認識しておいてください。