百日咳は大人に急増している!?

乳幼児にはワクチン摂取が不可欠ですが
大人にも急増しているという事で
まとめてみました

view180

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 百日咳とは

  • 百日咳菌による呼吸器感染症。くしゃみ、鼻水、せきなどのかぜ症状から始まり、次第にせきの回数が増えていく。コンコンと途切れなくせき込んだあと、一気に息を吸い込むため「ヒュー」と笛のような音が聞こえるせき発作をくり返す。乳児は重症化しやすく、新生児では命にかかわることもある。
    出典 :百日ぜき - goo ヘルスケア
  • 以前は子どもの病気と考えられていたが、近年は大人の発症が増えている。大人は症状が軽く、気づかないまま小児への感染源となってしまう危険がある。日本では乳幼児期に三種混合ワクチンによる予防接種が行われているが、最近、小学校高学年の半数で免疫が失われているという調査報告が出ている。
    出典 :百日ぜき - goo ヘルスケア
  • 症状は?

  • 鼻水や咳せきなど、かぜの症状から始まります。かぜ薬をのんでいても、1~2週間で咳がひどくなります。顔を真っ赤にして途切れなく続く咳込みと、そのあと急に息を吸い込むために笛を吹くような音が出てきます。熱はないことが多く、咳き込んで吐くこともあります
    出典 :百日咳| 感染症 - Yahoo!ヘルスケア
  • ワクチンを接種していない1歳未満の乳児では、咳で呼吸ができず、唇が青くなったり(チアノーゼ)、けいれんが起こることがあります。肺炎や脳症などの重い合併症で死亡することもあります
    出典 :百日咳| 感染症 - Yahoo!ヘルスケア
     

    死んでしまう場合もあるのですね。怖いものです

  • 名前の由来

  • 大人は軽症でも、乳児は肺炎や脳症を起こすことも

     

    百日ぜきは、「コンコン」という短いせきが続いたあと、「ヒュー」という笛のような音をたてて息を吸い込む発作を起こすのが特徴です。百日ぜき菌に感染すると、1~2週間の潜伏期間のあと、くしゃみや涙が出るなどかぜのような症状から、次第にせきがひどくなり、前述のような発作をくり返します。昔は2~3カ月もせきがとれなかったことから、百日ぜきと呼ばれるようになりました。

  • 大人の場合は百日ぜきにかかっても、せきがしつこく続く程度で、それほど重症になることはないため、発症に気づかないケースも珍しくありません。ところが、子どもは激しいせきで体力を消耗しやすく、ときには命にかかわることもあります。
    出典 :「百日ぜき」が大人に急増中 - goo ヘルスケア
  • 3つのポイントを知っておこう

  • 大人の患者が増えている理由は「ワクチンの効果が低下したため」(福祉保険局)だ。百日ぜき対策として1968年から、DPT三種混合ワクチンの予防接種を始めた結果、患者数は大幅に減少した。「しかしワクチンの免疫効果は5~10年ほど。そのためワクチンを接種していても百日ぜきを発症する人もいる」ということなのだ
    出典 :百日ぜきが大人に流行、その原因と対策は? - Business Media 誠
  • もしせきが止まらないと思ったら、「早めに医療機関で受診してほしい。治療は抗生物質の服用や対症療法(症状などを軽減することが目的の治療法)なので、薬を飲んでいる期間は安静にすることが大切」とのこと。
    出典 :百日ぜきが大人に流行、その原因と対策は? - Business Media 誠
  • 治療方法

  • 多くの抗菌薬が有効です。特有の咳が出てきてから治療を始めても症状はよくなりませんが、他人への菌の拡散は防止できます。

     予防接種が有効です。ジフテリア・破傷風はしょうふう・百日咳の三種混合ワクチン(DTP三種混合ワクチン)として、生後3カ月から接種できます。3~8週間隔で3回、1年~1年半後に追加接種します。
    出典 :百日咳| 感染症 - Yahoo!ヘルスケア
  • 乳幼児は予防接種。大人はせきが1週間以上続いたら受診を

     

    大人は、感染しても軽症ですみますが、怖いのは気づかないまま感染源となって感染を拡大させてしまい、職場や学校などで広がり、ワクチンを接種していない乳児に感染したりすることです。もし、せきが1週間以上続く場合は放置せず、感染を疑って受診することが大切です。感染初期ならば、抗菌薬がよく効きます。大人がうつさないことが肝心なのです。