がんによって引き起こされる・・・胸膜腫瘍☆

転移が主な原因で引き起こされてしまう胸膜腫瘍!
辛い症状と治療方法はあるのでしょうか☆

view171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胸膜腫瘍

  • 肺を取り囲んでいる胸膜にできた腫瘍で、医療の現場では、肺がんや乳がんなどから転移したがんによるものが、圧倒的に多くみられます。胸膜そのものの腫瘍としては中皮腫(ちゅうひしゅ)があります。中皮腫は、胸膜の内面をおおっている中皮からできる腫瘍で、悪性中皮腫と良性中皮腫に分類されています。
    出典 :胸膜腫瘍 とは - コトバンク
     

    転移がほとんどなのですね

  • 悪性中皮腫は、石綿(いしわた)(アスベスト)を扱う人たちに多発することが知られています。石綿に関係する仕事を始めてから20年以上もたってから発病することが多く、持続する胸部の鈍い痛みと息切れがおもな症状です。
    出典 :胸膜腫瘍 とは - コトバンク
     

    アスベストは一時期問題になりました

  • どのような所に起きるのか

  • この2枚の膜の間にはわずかな水があり、呼吸に伴って肺と胸の壁がこすれてしまわないよう潤滑材の役割を果たしています。胸膜は中皮細胞という細胞によってできているのですが、この中皮細胞が腫瘍化した場合、胸膜腫瘍とよばれます。
    出典 :一般社団法人日本呼吸器学会 - 胸膜腫瘍
  • 。(資料2)。

     

    良性のものは限局型中皮腫とよばれ命に関わることはまずありません。一方、悪性のものは、胸膜の“がん”と考えて良いものですが、中皮細胞から生じたものは正確には“がん”と呼ばれず悪性中皮腫と呼ばれます

  • 原因

  • アスベスト(石綿)が、悪性胸膜中皮腫の発生と深く関係することが知られています。悪性中皮腫は稀な疾患と考えられてきましたが、アスベストを吸入してから悪性中皮腫を発病するまでには30~40年かかるため、これまでにアスベストを建築用資材などとして使用した量を考えると2020年頃に発症のピークが来るものと考えられています。
    出典 :一般社団法人日本呼吸器学会 - 胸膜腫瘍
  • 初期には症状に乏しいことが多いのですが、胸膜への浸潤が強くなると胸の痛みや咳が起こることがあります。また、臓側胸膜と壁側胸膜の間に水(胸水と呼びます)が貯まることにより呼吸困難、息切れが起こることもあります。
    出典 :一般社団法人日本呼吸器学会 - 胸膜腫瘍
  • ステージと予後

  • 悪性胸膜中皮腫の臨床病期分類は、1995年IMIGのものが知られ、進行に応じて4つのステージがあります。悪性中皮腫は早期発見が難しく、進行したステージで見つかる事も多いのです。適切な健診方法が現在のところないのです。
    出典 :健康と医療について-悪性胸膜中皮腫の診断や治療方法
  • 悪性胸膜中皮腫の予後は芳しくなく、関東地区では中皮腫の経験が多い事で有名な横須賀共済病院呼吸器科の54例の死亡までの期間の中央値は発症後15ヶ月とされています(最短1−最大167ヶ月)。発症2年後の生存率は約30%、発症5年後の生存率は3.7%とされます。
    出典 :健康と医療について-悪性胸膜中皮腫の診断や治療方法
  • 治療

  •  

    治療は、病気の進行度などにより異なります。手術適応例は胸膜肺全摘除術が行われます。化学療法としてペメトレキセド(商品名アリムタTM)が保険承認され、シスプラチンとの併用で治療されることが増えています。

  • 手術療法は根治的な治癒の可能性がある唯一の方法です。その方法には、胸膜肺全摘術と肺胸膜剥離術があるが、前者が根治的な唯一の方法です。手術が成功し数年間以上健在の方もいらっしゃいますが、長時間に及ぶ難手術であるため手術の危険も低くはありません。
    出典 :健康と医療について-悪性胸膜中皮腫の診断や治療方法