大人でもかかる「急性中耳炎」ってどんな病気…?中耳炎で注意したいこと

中耳炎は、主に細菌が中耳に入り炎症を起こす病気ですが、知っていますか?子供に多くみられることで知られていますね!!でも、実は…大人でもかかる場合があります。大人の中耳炎はあまり知られていません。一体どんな症状でどのような治療をするのでしょうか?気になる急性中耳炎についてまとめてみました。

view136

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中耳炎って大人もなるの?

     

    未発達な部分が多いことから、子供がかかることで知られている「中耳炎」。大人もかかるのは本当でしょうか?

  • 中耳炎ってどんな病気なの…?

  • 中耳炎は、主に細菌が中耳に入り炎症を起こす病気です。比較的、子供に多くみられますが、大人でもかかる場合があります。成長途中の乳児や子供は、耳管(じかん)が未発達で十分な長さがなく、また角度も水平に近く、細菌などが侵入しやすいと考えられています。このため、風邪をひいたとき、鼻や喉(のど)に病気が起こったときなどは、特に中耳炎にかかりやすいとされます。
    出典 :中耳炎で注意したいこと
     

    子供の方が中耳炎にかかりやすいそうです。
    最近が中耳に入ることによって、炎症を起こす病気なんですね!!

  • 中耳炎の種類は三つ

  • 中耳炎は、急性中耳炎と慢性中耳炎に分けられます。急性中耳炎が3ヵ月以上続いて治らないときは慢性中耳炎といわれます。急性中耳炎が治った後、中耳に浸出液(しんしゅつえき:炎症などが原因で周囲の組織からしみ出した液体)が溜まったままになることがあり、これを滲出性(しんしゅつせい)中耳炎といいます。滲出性中耳炎は、子供に多くみられる中耳炎です。
    出典 :中耳炎で注意したいこと
     

    大人は急性中耳炎にかかることが多いようですが、あまり知られていません。
    急性中耳炎も長引くと慢性中耳炎になってしまうのです。

  • 中耳炎の合併症

     

    中耳炎もまれに合併症がおこることがあります。
    一体どんな合併症が起こるのでしょうか??

  • 急性中耳炎から重い合併症が起こることがあります。合併症では、耳の周囲の骨に起こる炎症や内耳まで感染が及ぶ内耳炎、脳や脊髄(せきずい)を包む髄膜(ずいまく)に炎症が起こる髄膜炎などが知られています。また、急性中耳炎の再発を繰り返し、慢性中耳炎になると鼓膜(こまく)に穴が開く、鼓膜穿孔(こまくせんこう)が生じることがあります。
    出典 :中耳炎で注意したいこと
     

    怖いですね!!
    鼓膜に穴があくと、正常に聴覚が働かなくなるそうです…
    何よりも早く症状に気づき、早めの治療が大切だと言えます。

  • 急性中耳炎の症状とは…?

  • 夜が寒いせいなのか、疲れがでてきているのか、このところ、急に耳が痛くなり、高い熱がでる急性中耳炎の患者さんがよく来られます。大人子供の区別はなく、何日かの風邪の様な症状が続いた後に起こるケースが多いようです。この急性中耳炎を分類すると、最も多い細菌感染による急性化膿性中耳炎や、ウイルス性中耳炎、壊死性中耳炎などがあります。
    出典 :耳鼻咽喉科・アレルギー科・気管食道科 医療法人社団くまいクリニック・急性中耳炎について
     

    急性中耳炎にもいくつかあるのですね!急性中耳炎は大人も子供もかかるので、注意が必要です。

  • 急性中耳炎の治療って?

     

    急性中耳炎にかかってしまったら…どんな治療をするのでしょうか?

  • 急性中耳炎は、抗生剤の内服投与で一週間以内にほぼ全快します。しかしながら、細菌の菌力が強い場合、抗生剤に対して抵抗性(薬剤耐性)をもっている場合、局所あるいは全身状態が悪い場合には、急性中耳炎が慢性中耳炎に移行することがあります。慢性の場合も同じく抗生剤の投与を行います。 局所の治療で穿孔を閉鎖させるようにします。
    出典 :中耳炎の診断と治療/奥村新一先生 Dr. Shin-ichi Okumura/otitis media
     

    急性中耳炎は抗生剤の治療で一週間ほどで治るようです。
    治っていない場合は長引く可能性があるので、しっかりと治っているか確認することが重要です。

  • 中耳炎のかかりやすい季節って?

  • 一般的に、夏の暑い時期よりも冬の寒い時期のほうがよく鼻水が出るものです。そして、冬の寒い時期は乾燥もしていますので、風邪やインフルエンザにかかりやすく、一年を通して急性中耳炎を発症しやすい季節と言えるでしょう。
    出典 :誤解の多い中耳炎 大阪 中耳炎.net 坂本クリニックグループ
     

    冬にかかりやすいんですね!!
    風邪やインフルエンザなどの後に中耳炎を発症しやすいようです。

  • 大人の中耳炎は、放っておくと耳の聞こえが悪くなる(難聴になる)他、進行も速いため、適切なケアと治療が必要な病気です。実際に、大人の中耳炎は、痛く無い事が多いので、そのまま放って置く人も多いと言います。しかし、そのまま症状が進むと「癒着性中耳炎」や、激しいめまいを引き起こす「真珠腫性中耳炎」になるなど、非常に深刻な状態になる恐れがあります。
    出典 :大人の中耳炎は治らない?大人になってからの中耳炎の症状
     

    大人の中耳炎の場合、子供に比べて進行が早いようです。症状があまりなくても、おかしいと少しでも感じたら、医療機関に早めに相談しましょう!!

  • 中耳炎を放っておくとどうなるの…?

  • 急性中耳炎は早期に治療を行わなければ、鼓膜の内側の中耳に膿がたまり続けて、滲出性中耳炎に移行したり、急性中耳炎を繰り返すことにより、鼓膜を破って耳だれが出つづけて、鼓膜に穴が永久的にあいてしまう慢性中耳炎に進行することがあります。耳が痛くなったり、そして鼻風邪をひいた場合には耳鼻咽喉科を受診して頂き、しっかりと完治するまでは通院されることをおすすめします。
    出典 :誤解の多い中耳炎 大阪 中耳炎.net 坂本クリニックグループ
     

    早期に治療することが大切です。放っておくのは危険なので、ダメですよ!!
    症状が緩和しても自己判断で治療をやめるのではなく、病院に行ってしっかり完治まで治療しましょう。

  • プールでの注意は?

     

    プールで泳ぐと水が入ることもあります。
    中耳炎になるのでしょうか?

  • プールの水が入ると急性中耳炎になるの?

  • 耳は外耳・中耳・内耳で構成されています。鼓膜に穴が開いていない限りは耳の外からいくら菌や水が入っても中耳に入ることはありません。ただし、プールの水を飲み込んで、鼻から耳管を通って中耳に水が入った場合には、中耳炎にかかる危険性があります。
    出典 :誤解の多い中耳炎 大阪 中耳炎.net 坂本クリニックグループ
     

    通常のプールでの活動では中耳に水がはいることはなさそうです。
    なるべくプールの水は飲まないように気をつけましょう。

  • 大人の中耳炎は要注意!

     

    大人の中耳炎は痛みが無かったりと気づくのが遅れがち。
    少しでもおかしいと感じたら、病院で適切な治療を受けましょう。
    では、一体何が原因で大人の中耳炎は起こるのでしょうか?

  • 大人の中耳炎はストレスから?!

  • 大人の中耳炎には様々な要因が影響しています。中耳炎は基本的に体質的に風邪になりやすい、耳垂れが起こりやすい症状ですが、大人の中耳炎の原因には「ストレス」が引き金となって起こる場合もあり、注意が必要です。現代人の殆どはストレスや睡眠不足、不規則な生活を送っています。このため、大人になってから初めて中耳炎に罹る人も多いのです。
    出典 :ストレスからくる中耳炎 大人が中耳炎になる原因
     

    大人の中耳炎はストレスが原因のこともあるようです。
    規則正しい生活を送り、睡眠時間や食生活などを見おなすことも大切ですね!

  • 人ごみや子供と接する機会の多い人は要注意

  • 人ごみに囲まれる事が多い、複数の子どもと接する機会が多い大人は生活環境の原因によって中耳炎になる事があります。また、極度のストレスや緊張による疲労の蓄積など、免疫機能が弱くなる事で、細菌が入り込み中耳炎が起こる事もあるのです。過度のストレスは耳管の働きを衰えさせる原因となり、耳の中耳に菌が入り込んでしまったり、炎症を引き起こし中耳炎になってしまうのです。
    出典 :ストレスからくる中耳炎 大人が中耳炎になる原因
     

    やはり過度のストレスが原因で中耳炎になってしまうことも多いのですね。
    ストレスを日頃から溜めこまないようにすることが大切です。