聞き慣れない「ネフローゼ症候群」 っていったい?

あまり聞きなれない病気「ネフローゼ症候群」。
体外に必要なたんぱく質が、排出されてしまう病気です。
症状・治療についてまとめてみました。

view160

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ネフローゼ症候群

  • ネフローゼ症候群は、高度のたんぱく尿と血液中のたんぱく質濃度の低下(低たんぱく血症)がおこる腎臓(じんぞう)の病気で、さまざまな程度のむくみや血液中の脂質の増加(高脂血症(こうしけっしょう))がみられます。
    出典 :ネフローゼ症候群 とは - コトバンク
  • ネフローゼ症候群とは、尿にタンパクがたくさん出てしまうために、血液中のタンパクが減り(低たんぱく血症)、その結果、むくみ(浮腫)が起こる疾患です
    出典 :ネフローゼ症候群
  • 「ネフローゼ症候群」って聞き慣れない病気ですが、腎臓の病気のようですねえ。

  •  

    体に必要なたんぱく質が、外へ出てしまう病気です。
    体内にはたんぱく質が少なくなるため、様々な病気を発症してしまうようです。

  • どんな症状があるの?

  • むくみ(浮腫)の他に、体重の増加、だるさ、尿の泡立ちなどがあります。
    症状があまり認められず、健康診断ではじめてわかる場合もあります
    出典 :ネフローゼ症候群
  • まぶたの腫れ、手足のむくみ、腹の張った感じなどの症状があります。腎臓機能の低下が進むと尿毒症の症状がでてきます。
    出典 :ネフローゼ症候群
  • お年寄りから子供まで、かかる可能性があるそうです。
    症状がわかりにくいので、健康診断で発覚するかたも多いようですねえ。

  • 治療法

  •  

    様々な合併症を伴う危険性がある、「ネフローゼ症候群」
    その治療法をご紹介していきます。

  • 入院&安静です。ステロイドホルモン剤を大量に投与し尿蛋白を陰性化させ、徐々に薬を減量していきます
    出典 :ネフローゼ症候群とは
  •  

    「ネフローゼ症候群」は入院が必要なのですね。

  • 食事療法

  • 体重1kgあたり35kcalほどの高カロリー食をとるようにします。以前は、高たんぱく食をとるように勧められましたが、現在は否定的な意見が多く、たんぱく質については、体重1kgあたり0.8~1.0gくらいが一般的です。
    出典 :ネフローゼ症候群 とは - コトバンク
  • 免疫抑制薬

  • 免疫抑制薬を組み合わせたり、抗がん剤の一種を使用したりします。また、血中のLDLコレステロールを 血液浄化療法により除去する方法もあります。ねばり強い治療が必要です。
    出典 :難病情報センター | 難治性ネフローゼ症候群
  • ステロイド薬

  • ネフローゼ症候群の寛解期*を延長するには、無理をせず、規則正しい生活をすることでが重要です。また、治療中は主治医の注意を守り、定期検診も忘れずにいきましょう。
    出典 :家庭での自己管理(生活上の注意