妊娠中の運動は効果的!! 実施の際のポイントの紹介

妊娠5ヶ月を経過すると、妊娠は安定期にはいってきます。妊娠中は体調変化に気をつけながら、自分のペースで体を動かしましょう。気楽に妊娠5ヶ月を楽しんでください。何もしなければ、様々な影響をもたらします。しかし、運動することによって、安全に出産するための準備が整い、赤ちゃんにも良い効果が得られます。

view114

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ運動は良いのか?

  • 妊娠5ヶ月は、つわりが終わってやっと元気にマタニティ生活を送り始めることができる頃と言われてます。その時期に簡単な目標をつくって体を動かすことで体や赤ちゃんに良い効果を与えるでしょう。ですから、無理せず、おもいきり体を動かして、妊娠初期の不快感やストレスを発散させたいでしょう。しかし、安定期とはいえ激しい運動は厳禁ですよ。目標に向かって必死になるというよりは、リラックスすることを楽しんでください。

  • 最適な運動は??

  • 歩く事が妊娠中にできる全身運動です。安定期からを行うのであれば慣れている人も、妊婦として運動を再開する時は短時間が良く、長時間歩くことで足がつったり、お腹が張りやすくなる為、気持ちよく歩ける速さが最適です。
    出典 :妊娠5ヶ月の運動プログラム
  • 基本はウォーキング(有酸素運動)

     

    これなら手軽に出来て、安心ですよね。
    しかし、明るい時間に、普段よりもほんの少し歩く時間を増やすことから始め、夜は躓いたり気分が悪くなることが心配なので、必ずつき添いを頼みましょう。

  • 実施する時のポイント①

  • ウエストを締め付けず、腕や足を動かす妨げにならないような伸縮性のある服を選んでください。下着は綿や吸水性のよい生地がラクです。動きやすい服装で吸収力もある素材がいいかと思います。汗を吸いにくい素材は不向きかもしれません。
    出典 :妊娠5ヶ月の運動プログラム
  • どんな服装が適切なの??

     

    服装も運動にとって重要です。

  • ポイント②

  • 本格的に買いそろえる必要はありませんが、履き慣れたスニーカーが1番だと思います。また、紐靴や紐なしどちらでも構いません。紐がほどけるような心配がないのは紐なしです。ヒールやサンダルは転倒が心配なので避けましょう。
    出典 :妊娠5ヶ月の運動プログラム
  • 靴はどんなのがいいの??

     

    足に負担がかかる靴は足を痛める危険性もありますのでオススメできません。

  • ポイント③

  • 最初は15分程度、近所の平坦な道を歩いてみましょう。クラクラしたり、休みたくなったらすぐに帰宅できる範囲が安心です。あまり無理せず、毎日継続できる時間がいいかと思います。
    出典 :妊娠5ヶ月の運動プログラム
  • 運動実施時間は??

     

    時間は目安なので、無理せず行いましょう。

  • ポイント④

  • 必ず水分を持参してください。妊娠中は体がポカポカして汗をかきやすくなります。脱水症状は季節問わず起きるものなので、水分補給は細目に。そして、夏場なんかは清涼飲料水もオススメします。
    出典 :妊娠5ヶ月の運動プログラム
  • 水分補給もしよう

     

    脱水症状にきをつけよう。

  • 妊婦と赤ちゃんへの効果

  • まずは、妊婦(母親)に対しての効果を述べさせていただきます。

  • 安産効果、運動不足の解消、肥満の予防、気分転換、活力が湧いてくる、友達作り、持久力を高める、よく眠れるようになる、腰痛、便秘、手足のむくみの改善など、妊娠中の運動にはメリットが沢山あり、最近では、かなり激しい運動をしても、早産のリスクを高めることはないと言われています。
    出典 :妊娠中の運動 [妊娠の基礎知識] All About
  • 妊婦への効果

     

    安産にも効果的というこを知っていましたか。
    女性が一番気になることではないでしょうか。

  • 次は、赤ちゃん(胎児)に対しての効果です。

  • 妊娠中に運動をしていた女性の赤ちゃんの脳は運動を全くしていなかった女性の赤ちゃんよりも効率的にさまざまな音を区別でき、聴覚記憶能力が優れていることが判明し、妊娠中の運動が赤ちゃんの脳を通常よりも早いスピードで成長させたことがわかります。「妊娠中に運動することで、赤ちゃんの脳が通常よりも早く成長します。
    出典 :妊娠中の運動は赤ちゃんの脳の成長をロケットスタートさせる効果がある - GIGAZINE
  • 運動を行うことでの赤ちゃんへの効果

     

    運動にはこんな赤ちゃんへの効果があるので、知っていましたか。是非、試してみたいですよね。