リンゴ型肥満の内臓脂肪って何?

リンゴ型肥満と呼ばれる、内臓脂肪型肥満
実際内臓脂肪とはどのようなものなのでしょうか

view124

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 内臓脂肪っていったい何?

  • 内臓脂肪とは、腹腔内に存在する内臓周辺に脂肪が蓄積された状態である。内臓脂肪の増加により一定のウエストラインを超えると、内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)と呼ばれる。
    出典 :【内臓脂肪】 中年以降が危ない!内臓脂肪を落とす方法 | ダイエットSlism
     

    文字通り、りんごのような体型になってしまうのですよ

  • 女性より男性

     

    女性の人より
    圧倒的に男性の方が多いそうです

    ちなみに女性は洋ナシ体型になりやすい
    という特徴があるので注意しておきましょう

  • 病気の原因にもなりえる

  • 一方、内臓脂肪とは腹筋の内側の壁の腹腔内についている脂肪のことです。内臓脂肪は内臓の位置を正しく保ったり、衝撃を和らげるクッションの役割があります。しかし、つきすぎると大変危険な体脂肪なのです。この内臓脂肪こそがあらゆる生活習慣病を引き起こす元となるといっても過言ではありません。
    出典 :内臓脂肪とは?
     

    メタボリックシンドロームと言われ、厚生労働省も注意を促していますね

  • 外見はスラッと痩せて見える人でも、実は内臓脂肪が定着している場合がある。このようなタイプは見た目から肥満に見えないが、体重や腹囲などに内臓脂肪を蓄積する「隠れ肥満」と判定されることがある。
    出典 :【内臓脂肪】 中年以降が危ない!内臓脂肪を落とす方法 | ダイエットSlism
     

    隠れ肥満にも十分注意しておきたいですね

  • 皮下脂肪とは別の物

  • お腹の皮膚の下にあって、摘むことができるのが皮下脂肪。一方、腹部の内臓の周りにあるのが内臓脂肪です。というわけで、皮下脂肪と内臓脂肪は別ものですが、構造的な差はありません。
    出典 :皮下脂肪ではなく、内臓脂肪を減らす [肥満・メタボリックシンドローム] All About
     

    つく場所によって色々と違うのですね

  • 内臓脂肪は脂肪酸の出し入れが容易です。筋肉が体重に対して女性より10%増しの男性は、筋肉を動かすための熱源となる内臓脂肪を、女性よりも多く持ちやすい傾向にあります
    出典 :皮下脂肪ではなく、内臓脂肪を減らす [肥満・メタボリックシンドローム] All About
     

    ここが問題ですね

  • 腹囲で気付こう

  • 内臓脂肪が蓄積していくと、男性で85cm以上、女性で90cm以上の腹囲が確認されると、内臓脂肪型肥満と判定される。内臓脂肪型肥満は、内臓脂肪が体内に過剰に蓄積された状態を言い、高血圧や脂質異常などの生活習慣病を始め、脳卒中や心疾患など様々な疾患を引き起こすリスクが高まると考えられている。
    出典 :【内臓脂肪】 中年以降が危ない!内臓脂肪を落とす方法 | ダイエットSlism
     

    腹囲で判定できるので測ってみては?

  • 内臓脂肪は、筋肉を動かす熱源として使われるので、脂肪酸の出し入れがしやすく、代謝が活発です。ということは、皮下脂肪と比べて、運動・食事の改善などで楽に落とすことができます。 内臓脂肪は外見では分かりずらいので、体脂肪計があると便利です。
    出典 :内臓脂肪とは | 内臓脂肪について理解しよう
     

    ひとつあるととっても便利ですよ

  • 内臓脂肪を落とすには

  • 内臓脂肪を落とすには、持久力を向上させ、筋力アップを目指した運動がベスト。しかし、内臓脂肪が過剰に蓄積されていると、激しい運動は膝などの関節や下半身に負担となってしまう。
    出典 :【内臓脂肪】 中年以降が危ない!内臓脂肪を落とす方法 | ダイエットSlism
     

    負担となるようなものは避けたいですね

  • 画像は参考に

     

    輪切りにすると分かりやすいですね
    部分で違うのがお分かり頂けると思います