手帳でラクラク♪規則正しく生活して体調管理!記録のとり方とそのコツ!

規則正しい生活をするには?体調をコントロールして、いつも笑顔の生活をするには?なんて悩んでいる人にぴったりの、手帳を使った体調管理方法です♪

view108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 記録するだけで体調がよくなる?

  • 書くということは、とても不思議なことです。
    自分の感情を紙にぶつけただけで、気持ちが軽くなったり、絡みに絡んだ思考を、書くことで解きほぐしてくれたり。
    そんな経験をしたことがありませんか?

    さらに、毎日の記録で、生活を良くすることができます。
    手帳にさまざまな記録をつけ、体調をコントロールするためのコツをご紹介したいと思います。

  • 睡眠を記録しよう!

  •  

    バーチカル式の手帳「ジブン手帳」の画像です。
    綺麗にマーカーで分かりやすく記録されています。

  • まずは睡眠記録。
    何時に起きて、何時に寝たか、毎日の記録をつけましょう。
    簡単なのは、レフト式など週間スケジュールの時間軸があるもの、またはバーチカルの時間軸に沿って書くことです。
    さっとマークするだけでも十分なので、とても楽です。

  •  

    レフト式の「能率手帳」を使った記録。
    分かりやすいよう、赤で寝た時間を記録されています。
    何時間寝たかも書かれているので分かりやすいです!

  • ダイエットの記録をしよう!

  •  

    ほぼ日手帳の月スケジュール欄を使った、体重記録。
    方眼をメモリに見立てて、グラフ化されています。
    いいアイデアですね!

  • そこに、お祭りとか飲み会とかの記述も入れて、
    イベントがあった前後の体重の変動を見ています。
    お祭りの後は結構食べ過ぎて増えていたり、
    運動したあとは減っていたりという事が、
    ひと目で分かるので体調管理に欠かせません。
    出典 :ほぼ日刊イトイ新聞 - ようこそ ほぼ日手帳CLUB
     

    一目でわかるすごさ。

  • 一時期「レコーディングダイエット」なるものが流行りましたよね。
    毎日体重を記録することで痩せるっていう。
    ダイエットでは、増えたか減ったか自分の体重を常に把握することで、食べ過ぎなどに気づくことができるのです。

    体重以外にも、毎日食事の記録をつけるのもいいですね。
    栄養が取れているか、食べ過ぎていないか、チェックすることができます。

    ダイエットでなくても、食事は体調管理には重要なことです。
    意識して規則正しい生活をするためにも、食事記録は役に立ちますね。

  • 感情を記録しよう!

  •  

    こんなマークも素敵です♪

  • にこにこマークや泣き顔マーク、顔文字のようなマークでつけてもいいし、一言で書いてもいいですね。
    月間ページに書けば流れが見れ、週間ページやデイリーページなら詳しくかけます。

    「彼氏と喧嘩した」「○○と言われてショックだった」「仕事で失敗した」「一人でさみしい」「感動した」「楽しかった」「素敵な人を見た」「怖かった」など、自分が感じたことのすべてを書いてみましょう。
    日付で区切られている手帳だったら、その感じた瞬間にその日の欄に書けばいいだけです。
    ぜひ、あらゆる感情を書き記してみましょう。

  • 紙に怒りをぶつけて気持ちを鎮める
     怒りを爆発させないためには、怒りが大きくなる前に、いったん心を落ち着かせることが大切です。
     そこで、効果があるのが「紙に書き出す」ということです。ポイントは、怒りを感じたその瞬間に、深く考えずに紙に書くことです。
    出典 :「ムカッとくる怒り」がスーとおさまる法 | PHPオンライン 衆知|PHP研究所
     

    書くことで心を落ち着けることもできます。
    ストレス発散にももってこいですよね。

  • 読み返して気づく記録のすごさ

  • さて、記録できたら一番重要な「振り返り」です。
    ただただ記録しているだけではダメです。
    見返してみれば絶対に気づくことがあります。

    例えば、睡眠記録だったら「遅くに寝た日は次の日遅いな」とか「遅くに起きた日はダラダラ過ごしているな」とか。
    更に一歩踏み込んで、「遅くに起きてダラダラした日に仕事で失敗しているな」とか「遅くに起きてダラダラした日は片頭痛が出ているな」とか「遅くでダラダラな日に限って嫌なことばかり考えちゃってるな」とか。

  • 他にも、体調と天気・四季の関係は?とか、風邪をひきやすい日は?とか。
    考えられる体調との関係性がたくさん見つけられるはずです。
    記録のすごさとは、こういうことなんです。
    記録をつければ、自分の体調や感情がどうだったのか、客観視することができます。
    そうすれば、体調をコントロールするための対策ができるはずです。

    「早起きは三文の徳」なんていいますが、実際どうなのか、言葉だけでは疑わしいですよね。
    それを実際に目の当たりにできるのがこの、手帳での記録なのです。

  • 以上、体調コントロールのための手帳の活用方法でした。
    記録のコツ、わかりましたか?
    何を書いて何を書かないかは、あなた次第です。
    あれもこれも全部!じゃ長続きしないので、まずは1つからはじめてみませんか?
    少しずつ、記録して、生活を良くする工夫をしたいですね。