つわりを少しでも軽く!原因と過ごし方!!

赤ちゃんができて嬉しいけれどつわりで大変な思いをしている方もたくさんいますね。
つわりの原因と少しでも軽く過ごしていける方法をご紹介します。

view193

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • つわり

  • つわりのおもな症状

    1.むかつきや吐き気、嘔吐
    2.眠くてたまらない
    3.頭が重い
    4.体がだるい
    5.唾液が多くなる


    これもつわりの一種です

    1.においに敏感になる
    2.偏食傾向になる
    3.「食べづわり」 何か食べていないと落ち着かない
    出典 :つわりの時期と症状 [妊娠初期] All About
     

    つわりといっても様々な症状があるんです

  • 1人目の妊娠の時と2人目の妊娠の時でもつわりの症状は同じとは限りません。
    これは妊娠をしてみないと、つわりが辛いのか辛くないのかも分かりません。
    出典 :つわりの種類と症状 | つわりの時期はいつから?~妊娠時の症状と対策~
     

    何人目だろうがどうなるかは本当にわからないのですね

  •  

    1人目と2人目が同じ症状とは限らない

  • 妊娠して初めての試練がつわりだと思います。
    しかも、食事と言うのは精神的にも肉体的にも欲求を満たしてくれる行為ですよね。
    それが辛いとなると、精神的にもダメージが大きくなってしまいがちなので、この時期は一人で落ち込まないで、周りの協力を得て乗り越えていくことも必要です。
    出典 :つわりの種類と症状 | つわりの時期はいつから?~妊娠時の症状と対策~
     

    なかなか理解してもらえないけれど一人で我慢するのは禁物です!

  • いつから起こるもの?

  • 生理が遅れて「もしかして妊娠?」と思うころから、胃の不快感や吐き気を伴うつわりが始まります。50~90%の妊婦さんにはなんらかの 症状 がありますが、つわりがないという人も約10~50%くらいいるようです。

    一般には、妊娠4~6週ぐらいから始まり、12~16週ぐらいには落ちついてくる場合がほとんどです。つらさのピークは妊娠7~9週ごろという人が多いでしょう。とはいえ、10週ぐらいに早々と 症状 から解放されてしまう人もいれば、赤ちゃんが生まれるまでずっと続いていたという人もいます。
    出典 :つわりの時期と症状 [妊娠初期] All About
     

    まったくつわりがなかった人もいるので本当にわからないですね~
    ただほとんどの妊婦さんには症状があります

  • 妊娠4~6週目に症状を感じる方がほとんどです。
    妊娠14~16週の妊娠3~4ヵ月でつわりはなくなると言われています。

    一番辛いつわりのピークは9~10週目で向かえる方が多いようです。

    これは一般的なつわりを感じる方たちの統計をとったものですので、必ずしもこの時期につわりが訪れて、つわりが無くなるとは一概にも言えません。
    出典 :つわりの種類と症状 | つわりの時期はいつから?~妊娠時の症状と対策~
     

    赤ちゃんががんばって大きくしている時期だからこそあるのかもしれませんね

  •  

    ママになる試練??

  • つわりを少しでも軽くしよう♪

  • オススメなのは、お酢ドリンクです。
    市販の100%ジュースに大さじ1杯のお酢を入れて飲むだけで、胃もスッキリして、後味スッキリで飲めます。

    今では、お酢の種類も多くなり、フルーツ味のお酢だったり、お酢自体を炭酸水で割って飲めたりできる物もあります。
    お酢が苦手な方でも、ジュース感覚で飲めるお酢はオススメですよ!
    出典 :つわりの対策 | つわりの時期はいつから?~妊娠時の症状と対策~
     

    お酢は健康にもいいですしスッキリしそうですね♪

  • 無糖の炭酸水

    お水に炭酸の入った無糖炭酸水。つわりの時に一番人気が高いのが炭酸飲料ですが、コーラやサイダーなどは、飲みすぎるとカロリーオーバーになってしまいますので、極力無糖の炭酸水を選ぶようにしましょう!炭酸には、胃のムカつきを抑え、食欲を増進させる効果があります。冷たいものは、体を冷やしてしまい、胃腸に負担がかかるなど、体に負担がかかりますのでとりすぎには十分注意しましょう!
    出典 :つわりを楽にする方法-赤ちゃんの部屋
     

    炭酸水はつわりの際にとても人気が高いんですね~
    お試しを♪

  •  

    炭酸水はスッキリしていいですね♪

  • つわりの辛い時期は、お手軽にさっぱりとした物を口にするだけで水分補給にもなります。
    サンドイッチやおにぎり、クラッカーやビスケットなどを少しずつ食べるもいいです。
    プリンやヨーグルト、冷奴にトマトや果物もさっぱりしていていいでしょう。

    自分の好きな物を食べれる時に食べておきましょうね!
    出典 :つわりの対策 | つわりの時期はいつから?~妊娠時の症状と対策~
     

    あまり深く考えず食べたいなと思うものを食べれるときに!!

  •  

    食べれるときに食べましょう♪

  • 1.気分が悪くなったらすぐに休みましょう。
    2. おなかがすく(胃が空になる)前にこまめに食べるようにしましょう。胃が空になると、胃酸がでてきて、むかつきを感じやすくなります。また食事の間隔があくと、血糖値が下がって、吐き気を催します。
    出典 :つわりの対処法 [妊娠初期] All About
     

    お腹をすかせすぎるのも原因なのです。

  • 気持ちを大きく♪

  • 症状がひどく、また、いつまでも続いていたりすると、「どうして私ばかりこんなつらい目にあうの?」「もしかして、一生こんなことが続くのじゃないでしょうね」などと落ち込んでしまうかもしれません。

    外出したり趣味に没頭したりして、気持ちを他に向けてみましょう。


    つわりは赤ちゃんがおなかの中で元気に育っている証拠です。なんとか乗り越えていってほしいです。
    出典 :つわりの対処法 [妊娠初期] All About
     

    考え方でつわりを少しでもよい方向へ♪
    赤ちゃんもがんばってますよ!!