気になる!安全日の避妊方法とは?

気になる!安全日の避妊方法とは?

「安全日だから、大丈夫・・・」
本当にそうでしょうか?
「やっぱり、何となく不安。避妊した方が良いのかな?」
それじゃ、まとめてみましょう!

view449

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    「安全日」って?

  • 安全日とは、最も簡単に言えば妊娠しにくい日のことをいいます。では、何をもって妊娠しにくいとされるのでしょうか?これは、排卵日後の数日間を指します。しかし、「妊娠しない」などということは、決してありません。ただ、妊娠確率が低くなるというだけですので、妊娠しないという概念は持たないようにしてください。
    出典 :安全日と危険日の計算 - DoorJapan
     

    決して“安全”ではない「安全日」

  • 女性が妊娠する期間は1ヶ月のなかでわずか1週間程度しかありません。 一般的に卵子の寿命は24時間程度だと言われており、どんなに幅をもって考えても3日です。この3日の間に受精しないかぎり妊娠することはありません。ですので、生理が毎月予定通りに来るという女性の場合では、予想排卵日から5日を経過すると安全日だという計算が成り立ちます。当然、生理周期が不規則な女性にはこの計算はあてはまらないことになります。
    出典 :安全日とは 避妊方法ナビ かしこく学ぶ
  •  

    じゃ、「危険日」って?

  • オギノ式での危険日の計算方法をご存知でしょうか。生理が規則的にくる方で、30日に1度の生理の場合、次の生理の計算はほぼ予測できますよね。その生理予定日の12日から16日前が排卵日ということになります。次の生理予定日から逆算して11日~19日前は危険日ということになるのです。しかしこのオギノ式というのは予測から危険日を計算するものですので安全性は高くないと言わざるおえないかもしれません。
    出典 :危険日と安全日・危険日と避妊について
     

    安全日も、危険日も生理が一定の間隔で来る女性であれば、計算で予測できるって話ですね。でも・・・やはり安全性が気になります。

  • 危険日とは排卵期のことを指します。排卵期になると、基礎体温に変化が現れ、低温期から高温期へと移ります。このとき、子宮で排卵が行われており、粘着性のあるおりものが分泌されます。この状態の時には、非常に受精しやすく妊娠確率が高くなっています。
    出典 :安全日と危険日の計算 - DoorJapan
     

    「おりもの」の状態でも分かるそうです。

  •  

    安全日など存在しない!

  • 体温が高温期に入り、2、3日たつと「妊娠しづらい期間」になります。この期間を「安全日」と表現することが多いのですが、実際には排卵日を特定することが難しいので、「安全日」を生理の日や、体調などから割り出すことには無理があります。避妊ナシで望まぬ妊娠を避けることはできないと考えたほうがいいでしょう。あえて言うなら、セックスをしないか、ピルを正しく服用していれば、毎日が安全日というわけです。
    出典 :避妊~避妊の知識を身に付けよう
     

    「セックスをしない」「ピルを服用する」ことで“安全”と言えるってこと。うん。

  • 人間は機械のように毎月ピッタリ同じタイミングで排卵するわけではありません。機械的な排卵なら、妊娠しない時期を特定できるでしょうが、実際の排卵日は数日ずれることも多く、いわゆる「安全日」は存在しません。オギノ式は、もともと妊娠を希望している方が月経周期のどの時期が「妊娠しやすいか」を判断して妊娠の確率をより上げるために使う方法なので、逆に考えたからといって避妊法として使えるものではありません。
    出典 :各避妊方法のメリットとデメリット [婦人病・女性の病気] All About
     

    安全日など存在しない!なるほど・・・だからこそ、いついかなる時も避妊は大切ってことかぁ。

  • 「精子の寿命は意外と長い」ということです。膣内に射精された精子は、3〜7日もの間生き続けると言われています。長ければ10日程も生き続けることもあるという発表もあります。つまり「安全日」に性行為を行ったのだとしても、安全日でない日まで、精子が生き続け、卵子を目指し続けている場合があるということなのです。
    出典 :こんな噂は信じちゃダメ?!避妊方法のウソ・ホント! | 美容ブログ [女性の美学]
  • 射精したときの精液の中にのみ、精子が存在していると勘違いをしている方は、女性にも男性にも多くいらっしゃいますが、そんなことはないのです。射精前に出る「カウパー氏腺液(ガマン汁とか、先走りなどと呼ばれることもありますね)」の中にも、精子は含まれているのです。これで妊娠するケースは非常に多くあります。精子が含まれているのですから、当然ですね。どうぞみなさま、お気をつけ下さいね!
    出典 :こんな噂は信じちゃダメ?!避妊方法のウソ・ホント! | 美容ブログ [女性の美学]
     

    これって意外と見逃してしまいがち。気をつけて!

  •  

    「基礎体温」で自分の体のリズムを知ることも大切

  • 基礎体温は、毎朝、目を覚ましてすぐ、起き上がる前に検温するのがきまり。女性ホルモンのコンディションがいいと、体温は「体温が低い期間」と「高い期間」の二相性になる。体温の低い期間から体温が上昇する直前(低温期の最終日)、ガクッと体温が低くなる時が排卵日。ただその差は約0.4度と微増なので、条件によっては二相がはっきり出ないこともある。よって排卵リズムの目星をつけるには、半年~1年間記録し続けることが必要に。
    出典 :大人の女性の中絶率は意外に高い! 排卵予定日の正しい知識を身につけよう - Peachy - ライブドアニュース
     

    自分の体です。きちんと長期間記録し、リズムを知りましょう!

  • 安全日なんてものが無いことは、これで分かりました。
    コンドームやピル、避妊リングなどを使って、
    妊娠したくない人はきちんと避妊をするようにしましょう!
    もちろん、パートナーともちゃんと話し合いを。