いつの間に・・・【骨肉腫の原因】をしって対策に役立てて!

骨肉腫の原因は環境的要因も関係していると言われてはいますが、本当の原因は何?

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 骨肉腫って?

  • 骨組織に原発する悪性腫瘍で、直接類骨(骨組織の構成要素で基質と繊維からなるもの)、あるいは骨(骨組織の構成要素でリン酸カルシウムで作られているもの)を産生する悪性腫瘍です。骨原発性悪性腫瘍のなかでは最も頻度が高い腫瘍です。
    出典 :骨肉腫の症状・診断・治療・予後 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    このような病気があるのです。

  • 骨肉腫の発生部位として

     

    画像のような確率で起きている事になっています。膝が圧倒的に確率が高いのは分かるでしょうか?この膝の骨肉腫で悩む人は以外と少なくはないのです。また、命に係わると考えられているのです。

  • 骨肉腫の原因

  • 骨腫瘍には良性骨腫瘍と悪性骨腫瘍とがあります。さらに、悪性骨腫瘍にも2種類あります。ひとつは、骨自体から発生する原発性骨腫瘍で、もうひとつは、体の他の部分にできた腫瘍が骨に転移した続発性骨腫瘍です。
    出典 :骨腫瘍の原因【骨腫瘍の警告】
  • 骨肉腫などの原発性骨腫瘍を発症するはっきりとした原因は、いまのところ解明されていません。しかし、体の中で細胞が分裂する際、その遺伝子に異常が発生し、それがどんどん増殖していき腫瘍が発生すると考えられています。 一部の腫瘍においては、遺伝子のどこに異常があれば腫瘍が発生するのかということも研究されています。
    出典 :骨腫瘍の原因【骨腫瘍の警告】
  • 骨肉腫の発症に、遺伝によるものは認められていません。また、過去に何かの病気の治療で、大量の放射線を浴びた経験のある人も、発症のリスクが高くなるといわれています。 一方、転移性の続発性骨腫瘍の原因は、体の他の臓器にできたがんが骨の中に転移しておこります
    出典 :骨腫瘍の原因【骨腫瘍の警告】
  • 肺がん、胃がん、肝臓がん、乳がん、甲状腺がんなどで、悪性のがん細胞が、血液やリンパの流れによって骨髄に運ばれて発症します。 骨腫瘍の場合、ほとんどの症例が転移性の続発性骨腫瘍です。
    出典 :骨腫瘍の原因【骨腫瘍の警告】
  • 症状として

  • 若年者に多いことから、初発症状は主に運動時痛です。病気が進行すると安静時痛や夜間痛なども生じてきます。スポーツ活動に伴って痛みを生じることから、筋肉痛などとして放置されることもあり、注意が必要です。骨の外まで腫瘍が大きくなると、外見上腫れてきたり、熱感を生じたりします。
    出典 :がん治療ナビ|骨肉腫の治療法
  • 痛みは、安静にしていると軽くなるので、多くの人は、スポーツによる痛みと考えます。事実、大部分の痛みはそうなのですが、骨肉腫の場合は痛みがだんだん強くなり、安静時でも痛む赤(赤くなる)、熱感(さわると熱く感じる)、さらに関節の動きが悪くなり(可動性制限)、脚をひきずって歩いたりすることもあります。
    出典 :骨肉腫とは
     

    気付いたらしっかりと対応しましょう

  • 骨肉腫の検査は

     

    簡便な骨肉腫の診断方法はX線検査です。X線像だけで診断ができることもあります。他にもCTやMRIといった検査や血管造影検査もする事だってあるのです。

  • また、血液に含まれるアルカリホスファターゼを検査したり、脳への転移を調べるために肺のX線検査やCT検査を行ないます。 最終的な骨肉腫の診断は、腫瘍の組織の一部をとって顕微鏡で調べる病理組織学的検査を行ない、その結果と、いろいろな検査の結果を総合して決定します。
    出典 :骨肉腫とは
     

    総合的な判断を受けます。これだけ検査しても原因が分からない事ってあるのですね。

  • 骨肉腫の治療は、手術と抗がん剤などを使用する化学療法が中心ですが、ときに放射線療法が加わることもあります。 骨肉腫の手術が不可能な場合には、化学療法、放射線療法が行なわれます
    出典 :骨肉腫とは
  • 新補助化学療法施行前の5年生存率は30-40%程度でしたが、術前から化学療法を施行することで5年生存率は50%以上となりました。今後も新しい抗がん剤が出現することでさらなる予後改善の期待があります。
    出典 :骨肉腫の症状・診断・治療・予後 [骨・筋肉・関節の病気] All About