統合失調症の治療法。

食事面での治療方法。薬物療法。電気けいれん療法。血糖調節異常・機能性低血糖症

  • S 更新日:2014/04/11

view128

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日本では、精神障害の度合いによって、患者に対して精神障害者保健福祉手帳が交付される。統合失調症のみならず、精神障害の治療や保護・任意入院・医療保護入院・措置入院・社会復帰などは、精神保健福祉法に則って行われなければならない。
    出典 :統合失調症 - Wikipedia
  • 食事と栄養素による統合失調症治療。

  • 統合失調症と診断されている方の中には、多くの栄養障害を伴っている方がいらっしゃいます。栄養障害の種類としては、ビタミンB群不足、タンパク質不足、低コレステロール血症などが挙げられます。このような栄養障害が統合失調症の神経症状の起因となっていることもあるのです。
    出典 :統合失調症 | 栄養療法~薬だけに頼らない根本治療をめざす、心と身体に優しい治療法。 | オーソモレキュラー.jp
     

    オーソモレキュラー療法の、統合失調症治療へのアプローチです。

  • 食生活・栄養を考慮する!

     

    頭と体の健康に大きく関わるのが食事!精神状態にも関係してきます。

  • そこで、オーソモレキュラー療法における統合失調症治療では、詳細な血液検査を行い、そのデータと症状から栄養素の欠損を見抜き、個々人に合った必要な栄養素を選択していきます。そして適切な食事と血液データによる最適な栄養素補給によって、多くの症状が改善し、薬剤の減量や中止を可能にする場合があります。
    出典 :統合失調症 | 栄養療法~薬だけに頼らない根本治療をめざす、心と身体に優しい治療法。 | オーソモレキュラー.jp
     

    上記の続きです。

  •  

    薬そのものに悪いイメージを抱く人は大勢いますが、統合失調症に薬での治療は避けられないと言っても過言ではありません。

  • 血糖調節異常・機能性低血糖症と統合失調症

  • 血糖調節異常である機能性低血糖症のひとつ、反応性低血糖症の型を取る方々の中に、幻聴や幻覚などの統合失調症症状を呈することが多くあります。このように統合失調症症状の原因が血糖調節異常である場合、まず血糖をコントロールするために、良質なタンパク質や脂質中心の食事内容に改善します。
    出典 :統合失調症 | 栄養療法~薬だけに頼らない根本治療をめざす、心と身体に優しい治療法。 | オーソモレキュラー.jp
     

    血糖症に関して。

  • そして食事で血糖をコントロールするとともに、ナイアシンを中心とした栄養素補給による治療を行います。適切な血糖コントロールと血液データによる個々人に合った最適な栄養素補給によって、多くの症状が改善し、薬剤の減量や中止を可能にする場合があります。
    出典 :統合失調症 | 栄養療法~薬だけに頼らない根本治療をめざす、心と身体に優しい治療法。 | オーソモレキュラー.jp
     

    多くの症状が改善すれば、最適な治療とも言えますね。薬を使わなくて済むのは良い事です!

  • 薬物療法の位置づけ

  • 統合失調症の治療は、外来・入院いずれの場合でも、薬物療法と心理社会的な治療を組み合わせて行います。 心理社会的な治療とは、精神療法やリハビリテーションなどを指します。薬物療法なしに行う心理社会的な治療には効果が乏しく、薬物療法と心理社会的な治療を組み合わせると相乗的な効果があることが明らかとなっています。
    出典 :統合失調症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
  • 「薬物療法か、心理社会的治療か」と二者択一で考えるのではなく、薬物療法と心理社会的治療は車の両輪のようにいずれも必要であることを理解しておくのが大切です。とくに、幻覚や妄想が強い急性期には、薬物療法をきちんと行うことが不可欠です。
    出典 :統合失調症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
  • 電気けいれん療法

  • 薬物療法が確立される以前には電気けいれん療法(電気ショック療法)が多く用いられてきた。これは左右の額の部分から100V、パルス電流を脳に1 - 3秒間通電してけいれんを引き起こすものである。電気けいれん療法の有効性は確立されているとされている、一方で有効性の皆無も臨床実験で報告されている。
    出典 :統合失調症 - Wikipedia
     

    治療法の1つの説明です。以下に続きます。

  • かつて電気けいれん療法が「懲罰的」にされていたこともあり、実施の際に患者がけいれんを起こす様子が残虐であると批判されていること、稀に電気けいれん療法が脊椎骨折等の危険性があるため、現在では麻酔を併用した「無痙攣電気けいれん療法」が主流である。
    出典 :統合失調症 - Wikipedia
  • しかし、副作用や無痙攣電気けいれん療法の実施の際には、麻酔科医との協力が必要であることなどからして、実質的に大規模な病院でしか実施出来ない。現在では、この治療法は主力の座を薬物療法にその座を譲ったものの、急性期の興奮状態の際などに行われることもある。
    出典 :統合失調症 - Wikipedia