脳内出血の原因について

脳内出血の原因になることについてまとめてみました。脳内出血が起こってしまうと人の脳はどうなってしまうのでしょうか。調べてみました。

  • rinko 更新日:2014/05/19

view162

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    画像で見る限りはっきりとした出血が認められます。

  • 脳内出血とは

  •  

    実際には寝たきりになる場合もあります。

  • 脳内における出血をいい,一般に脳出血とか脳溢血(のういつけつ)といわれるものがこれにあたる。最も多いものは高血圧性脳内出血である
    出典 :脳内出血 とは - コトバンク
     

    高血圧がきっかけになる場合には未然に防げる可能性もあります。

  • 脳卒中とは、脳の栄養血管の突然の変化によって脳の症状が突然出現する病気を全て含んでいます。脳梗塞、くも膜下出血、脳内出血が含まれます。脳梗塞は血管がつまる病気、くも膜下出血と脳内出血は血管が切れる病気です。
    出典 :脳内出血とは?
     

    血管が切れるということを想像すると脳の中で大変なことが起きていることが容易にわかります。

  •  

    突然の頭痛などによって血管が切れる場合には脳内出血となるわけです。

  • 脳卒中の危険因子(病気を発生させる、または進ませる)には、高血圧症、糖尿病、高脂血症、喫煙、心臓病の一部、アルコールの飲み過ぎなどが、科学的に確認されています。特に脳内出血では、高血圧との関係は深く、注意が必要です。
    出典 :脳内出血とは?
     

    突然の症状の場合には慌ててしまいますが救急搬送して素早く医療機関に指示を仰ぎましょう。

  • 脳内出血の原因は

  • 永年の高血圧症によって脳の深い部分へ栄養を送る小動脈にある動脈硬化が進みます。この状態を放置しておくと、しなやかさを欠き血圧の変化に耐えられなくなった血管が、血圧が上がった際に切れて出血すると考えられています。
    出典 :脳内出血 原因
     

    恐ろしい病気の一つです。

  • 脳内出血とは、脳内の血管が破れてしまうことにより引き起こされます。ちなみに、似たような病気で、脳梗塞がありますが、これは脳内の血管が詰まることによって引き起こされる病気の総称です。脳内出血と脳梗塞、くも膜下出血など脳の血管が原因で起こる病気を総称して脳卒中といいます。
    出典 :脳内出血の原因・症状・治療法 [脳・神経の病気] All About
  • 脳内出血の予後について

  • 脳出血によって死亡するケースよりも、脳出血の危機から脱出して生還するという方が断然多くなってきましたが、脳出血で大変なのは予後ではないでしょうか。脳出血をした場所によっても予後は違うと思うのですが、それほど楽観視できないのも事実です。
    出典 :脳出血の予後 | 分かりやすさ命の病気の話
  •  

    このようにリハビリの段階まで回復出来る場合は非常に幸運です。

  • 内科的治療法でどのくらいの回復が見込まれるのでしょうか。急性期死亡率が90%近くになります。
    急性期を乗り越えられた10%の患者様のうち、約1割が寝たきり、約2割が部分介助が必要、約3割が不自由自立(後遺症が残る)、4割が完全自立することがわかっています。これもまた、視床出血では若干悪い方向に数字が動くでしょう。
    出典 :JustAnswer
     

    厳しい予後が待っている病気なのでなおさら予防に努めたいものです。