つわりになりやすい人とその原因を探る!

妊婦さんの中には、つわりになりやすい人とそうでない人がおられます。
それぞれ条件や体質などによって変わってくるそうですが、はっきりした原因はわかっていません。
妊娠初期のおよそ7割の方が経験するつわりになりやすい要因とは?

view2675

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • つわりになりやすい人の条件とは本当に諸説あり、どれが有力という説という偏りがないのだそうです。
    つまり、ここに挙げる説はすべて、つわりとの直接の関連は証明されてはいないものの、可能性としてはどれも十分にあるものです。
    では、現在語られている原因を挙げていきます。

  • 体質が関係している説

  • よくつわりの重くなりやすい人といわれているのは、自律神経が弱い人、乗り物酔いしやすい人、ケロイド体質の人、冷え性の人、宿便の多い人、神経質な人、心配性の人、などといわれています。また精神的な影響も強いことから、妊娠や出産への不安や、日頃のストレスが溜まっていると、つわりも重くなる傾向が強いようです。
    出典 :つわりの重い人軽い人 つわり軽減対策ナビ 妊娠中のつらいつわりの症状や対策など
     

    これは女性は思い当たる節が多いのでは…?

  • 体質やストレスも原因の1つ

     

    妊娠したら体質改善と思い詰めないことが大事

  • 元来の体質やメンタル面が深く関係しているという説です。
    便秘による宿便の滞留やストレスなども影響しているわけですね。
    しかし、これを改善して万全に臨むのも難しそうです。

  • 栄養に関連する説

  • 妊娠悪阻の治療の点滴などにも使われるビタミンB6が不足していると、つわりが重くなる傾向にあるようです。ビタミンB6は、神経伝達やアミノ酸の代謝に用いられ、不足すると貧血やてんかん発作、痙攣などの症状を生じさせるといわれています。
    出典 :つわりの重い人軽い人 つわり軽減対策ナビ 妊娠中のつらいつわりの症状や対策など
     

    必須栄養素ですし、採っておいて損はなさそう。

  • 栄養不足からくるという説です。
    確かに信憑性はありそうですね。
    科学的な理由があると対処もしやすいかもしれません。

  • こんな食べ物にビタミンB6が

     

    このような食べ物でビタミンB6が補えます。
    普段から摂取しやすいものばかりですね。
    食事のラインナップにぜひ加えてみましょう。

  • 諸説一気に挙げます

  • つわりの原因についてはあまりにいろいろ考えられ、その説のどれも原因として可能性があるものです。
    そこで、考えうる諸説を挙げたのがこちら。

  • 黄体ホルモンや絨毛性ゴナドトロピン(hCG 妊娠検査薬にも使われているホルモンです。)が大量に分泌されるため。この期間がつわりの時期と重なるので、これらの変化があまりに急激なので体が調整しきれないのではないか。(とはいえhCGの量とつわりの重さとは明らかな比例関係になく、すべての原因とは専門家は考えておりません)
    出典 :つわりの原因とは
     

    他にもさまざまな諸説があります…。

  • これだけの原因がつわりに考えられるにもかかわらず、いまだはっきりした原因がわかっていないというのは母体の神秘ともいえるところではないでしょうか。
    そんな悠長なことを言っていられないほどつらい症状をお持ちの妊婦さんも多いでしょうが、それだけつわりの時期とはデリケートということです。


    いろいろとつわりになりやすい人の傾向を挙げてきましたが、最後は母として務めを果たしたくなるこの説。

  • 母の本能

  • 妊娠4-12週の時期は胎児の重要な臓器ができ始めるころで、この時期は胎児が一部の薬などに影響を受けやすい時期です。つわりがこの時期にほぼ一致していることは、つわりは胎児を守るための母体の反応ではないかとも考えられています。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-つわり・妊娠悪阻1
  • 子を守る母の仕組み

     

    母は強し

  • 母が子供を守るために自然と体が反応するのだと考えると、うまくつわりと付き合いながらやっていこうという気持ちにさせられるのではないでしょうか。
    世界中のママさんに幸あれ!