超不快!!「食道潰瘍」の原因と症状、予防と治療法まとめ

食べるとしみる、常に喉になんかつっかえてる、げっぷがよく出るなど
なんか不調、気持ち悪いと思ったら、食道炎や逆流性胃腸炎を疑い適切な治療を受けよう。

view106

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食道潰瘍って?

  • 食道潰瘍

     

    何らかの要因で食道粘膜が傷害され、炎症性の変化が生じた状態

  • 様々な原因で起きた食道の炎症のうち、ごく軽度のものを食道炎、炎症の程度が垂篤で深い炎症を伴う場合を食道潰瘍(かいよう)と呼びますが、両者の区別は困難なことも多く、明確に潰瘍と呼べる深い病変だけが食道潰瘍と診断きれます。
    出典 :食道炎
  • 主な症状

  • 胸やけや胸骨の裏のしみる感じ、みぞおちの痛み、そして嚥下えんげ障害が主な症状です。食後や横たわっている時に生じます。炎症が進むと食道内腔が狭くなり食べ物が通らなくなったり、バレット(Barrette)食道というガンの発症にも関係する深い潰瘍を認めることもあります。また、潰瘍が深くなると吐血やじわじわとした出血による貧血を続発します。
    出典 :食道炎
  • 食道炎とほぼ同じ症状らしいが

  • その他こんな症状

     

    ・食べ物を飲み込んだ時に、いつまでも喉につかえている感じ

    ・酸っぱい物が喉まで上がってきたりする場合もある

    ・前屈みになった時に鳩尾が傷む事がありますが、肥満の人に多い

    ・就寝時に、咳が出るというような症状もある

    ・食後にゲップがよく出るのも、逆流性食道炎や食道潰瘍の特徴

  • 原因

  • 食道潰瘍とは、食道粘膜の損傷が粘膜下層にまで達して陥没している状態をいいます。
    食道潰瘍は、逆流性食道炎やウイルスへの感染をはじめとする食道炎に伴って発症します。
    薬を飲む際に、飲み込むのに水分が不足すると食堂に引っかかり、そこで潰瘍を引き起こすことがあるため、十な水分と一緒に薬を服用する必要があります。
    出典 :食道潰瘍の症状、原因、治療法 | 病気診断.net
  • 食道炎・食道潰瘍の検査・治療方法

     

    食道炎・食道潰瘍の検査は、内視鏡で診断。
    食道に停滞した異物が原因の場合は取り除けば、すぐに回復します。それぞれの原因により治療法は異なりますが、普段から食道にものが停滞しないよう、薬を飲むときには、コップ1杯のたっぷりの水で飲むよう注意する、薬を飲んだ後はすぐに横にならないなどの注意も必要

  • 気になる食道潰瘍の治療法

  • 食道潰瘍の治療法・治し方

     

    食道潰瘍は、症状の程度によって違うと思いますが、大体、食道炎と同じような治療法となります。治療に当たっては、検査をしてからの薬物治療が一般的。

  • 胃酸の分泌を抑える薬が主に使われます。それに加えて、粘膜を保護する薬や胃酸を中和する薬、胃の機能を活発にする薬などが、症状に合わせて処方されます。
    出典 :食道潰瘍の症状や治療法ガイド
  • 食道炎・食道潰瘍の予防

  • てんぷら、フライなどの高脂肪食、ケーキ、饅頭などの甘いもの、柑橘類など胸焼けを起こしやすい食べ物はできるだけ避け、暴飲暴食、早食い、すすり飲みは胃を大きく膨張させ逆流の原因となりますのでやめるようにしましょう。食後はすぐ横にならないようにし、寝る前の2時間くらいは食べないことも大切です。また、逆流の起こりやすい人は、布団の下に座布団などを入れ上半身が高くなるようにして寝ると夜間の逆流を防ぐことができます。
    出典 :食道潰瘍・食道炎の症状と治療|病気の症状を知ってセルフチェックをしよう