電車の中で子どもを泣き止ます方法

電車の中で赤ちゃんが泣いてしまうと困るものです。お母さんが慌ててしまうと、余計に泣いてしまいます。赤ちゃんを泣き止ますにはコツや方法があります。

view181

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんは、なぜ泣くの?
    言葉を発することができない赤ちゃんは、泣くという行為を通じて、周りの人に自分の意思を伝えようとします。
    赤ちゃんの泣き声は、ママをはじめとした周囲の人に自分の感情を伝えるためのサインなんですね。
    出典 :泣きやまない赤ちゃん、どうしたらいい? | ラルーン
  • 赤ちゃんは安心していれば泣かない

  • 電車の中で赤ちゃんがぐずり出してしまった時の対処法を紹介します。

  •  

    子どもがぐずり出したらまずは安心させてあげること。抱っこしたり、優しく声をかけてあげましょう。

  • 小さな子供連れのお母さんはよく見るけど、小さな子供連れのお父さんお母さんはあまり見ない気がする。電車内で泣いて騒ぐ子供を必死にあやすお母さんを見て、頑張ってるなあ…といつも思うけど、お父さんが隣にいるだけでお母さんの顔って違う。心にゆとりがある気がする。子育てって楽しそうだなあ…
     

    お母さんの心理状態を子どもが敏感に感じ取るもの。お母さんが余裕を持つことが大事ですね。

  • とくダネで「電車で泣き出す赤ちゃんに舌打ちでネット炎上」のことをやってる。赤ちゃんが泣くのが仕事だけど、親はあやす努力はするべきだよ。インタビューで「子供が泣くのは当然」みたいな感覚の親がいたけど、それはちょっと違うと思う。 #とくダネ
     

    周囲に対する配慮も大切ですね。

  • 人がたくさんいるので怖くて泣いていることが多いです。 だから必ず抱っこして、外が見える場所に行きます
    出典 :電車の中で赤ちゃんが泣いたとき、うまくあやすコツは? | できるナビ | みんなでつくる子育て百科
     

    お母さんのぬくもりに触れたり、他のことに集中することで泣き止むのですね。

  •  

    おもちゃやおしゃぶり、食べ物などで気持ちを切り替えさせてあげることも方法の一つです。

  • 電車に乗ってきた おかっぱの子供がかわいすぎる。アンパンマンのおもちゃ持って、おとなしく座ってる。わー。
     

    大好きなおもちゃがあれば、子どもはご機嫌なのかもしれません。

  • 子連れの外出は、オムツや着替え、タオル類、あやす為のおもちゃ等、荷物が多くなりがち。ベビーカーを畳むと子供をだっこしながら、それらに加えてベビーカーも抱えねばならずとても難儀。経験者/ 電車内のベビーカー利用に賛否両論 啓発ポスター引き金 http://t.co/UPNODeMB
     

    荷物が多くても、子どものお気に入りのおもちゃは忘れずに持ち歩きたいですね。

  • パペットが大好きな息子。 でも、電車で泣いたときに備えて持っていくのはかさばるし・・・と思っていたときに思いついた方法です。 昔懐かしい手袋人形が、赤ちゃんが泣いたときの強い味方になりました!
    出典 :電車の中で赤ちゃんが泣いたとき、うまくあやすコツは? | できるナビ | みんなでつくる子育て百科
     

    見慣れたアイテムを持ち歩くといざという時に役に立ちます。

  • 「今日はぐずりそう」と感じた時には、すぐに降りられる各駅停車の電車を選ぶなど、対策を立てましょう。

  • 我が子がまだ赤ちゃんだった頃。実家に帰るまでの長い電車移動で、どうあやしても泣き止まず、途中で電車を降りようとしたことがあった。その時「まだなんでしょ!乗ってなさい!」と年配の方が呼び止めてくださった。ハッとして車内にとどまった時の、温かい雰囲気は忘れられない。
     

    温かい人ばかりなら、気を遣って次の駅で降りることもないのですけどね。

  • 電車で泣いちゃった赤ちゃん。「ちょっと、子ども黙らせなさいよ!」とキレるおばさん。そのおばさんに「じゃああなたは場をわきまえて泣く赤ちゃんだったんですか。誰にも迷惑かけず自分の子ども育てたんですか」って言った男子高校生。高校生かっこよかった。
     

    周囲の理解があると良いですね。

  • 急いでいるときは込み合う急行に乗りたくなりますが、混雑する空間は赤ちゃんへの負担も大きいものです。居心地の悪い要因を少しでも減らしてあげましょう。
    出典 :2/2 SOS! 赤ちゃんが電車の中で泣き出したら [乳児育児] All About
     

    子どもがストレスを感じない環境を選んであげるのも必要です。

  • 抱っこをしてあげたり、声をかけてあげるなど、子どもに不安感を抱かせないことが大切ですね。