ストレスで大発生の「顎関節症」は専門医のところできっちり治そう!

view1108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 口をあけると、顎が「がくがく」音がする、口をあけようとしても開かない、痛みがあるといった症状は「顎関節症」かも?これはストレスに起因しているとも言われ、患者数も増えています。

  • ストレス社会で患者が急増?「顎関節症」って何?

  • 20代、30代の女性を中心に多く発症例が聞かれる「顎関節症」。

    しかし、ストレスの増加により、最近は性別・年齢を問わずに多くの患者さんが発生しているようです。

  •  
     

    すべての症状が出なくても顎関節症ということも

  •  
     

    顎から頭にかけて痛みが広がることも

  •  
     

    1996年に定義された疾患

  •  
     

    顎関節がうまく機能しないため起こる疾患

  •  
     

    口があけにくいことで食欲不振なども引き起こします

  • 「顎関節症」の専門病院、科はどこになるの?

  • 顎が開きにくい、痛い、音がするとかんじたら、皆さん何科を受診しますか?

    整形外科?歯科?内科???

  •  
     

    歯科ではなく、口腔外科が正解

  •  
     

    顎関節の治療を専門に行う医院も。

  • 全国各地に、顎関節症の治療を専門的に行える医院も増えてきているようです。