発達障害の子達はどんな子なの?子供達の一コマと親の気持ち

落ち着きがない、先生の話を聞かない、勉強が著しく及ばない、人と関わるのが苦手ででトラブルが多い、様々な問題を抱える発達障害ですが、実際の現場ではどんな様子なのでしょうか?

view182

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 学校にこんなにいる発達障害の生徒達

  • 全国の公立小中学校の通常学級に在籍する児童生徒のうち、人とコミュニケーションがうまく取れないなどの発達障害の可能性のある小中学生が6.5%に上ることが5日、文部科学省の調査で分かった。推計で約60万人に上り、40人学級で1クラスにつき2、3人の割合になる。しかし4割弱の児童生徒は特別な支援を受けておらず、専門家は「支援策を話し合う校内委員会などが十分に機能していない」
    出典 :うちの子は大丈夫?発達障害かどうかを判断する方法|カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
  • 「書 く」「聞く」「計算する」など特定の分野の学習に困難を示す学習障害(LD)の可能性があるのは4.5%。注意力の欠如や衝動性などを特徴とする注意欠陥 多動性障害(ADHD)とみられるのは3.1%で、知的発達に遅れのない高機能自閉症と判断されたのは1.1%だった。
    出典 ::日本経済新聞
  • 発達障害とみられる児童生徒を男女別にみると、男子が9.3%、女子が3.6%。学年別では、小学1年が最多で9.8%、以降学年が上がるにつれて減少し、小学4年が7.8%、小学6年が6.3%、中学1年が4.8%、中学3年が3.2%となった。
    出典 :「発達障害に割合」の検索結果 - Yahoo!検索
     

    低学年ほど多い様です

  • クラスによくある光景

  • 「子供同士の関わり」が、皆無という訳ではないのだけど… でも・・・ 『友達』と呼べる存在は、二人にはいない…。1人も…。「人に興味がない」とか、「コミュニケーションが全く取れない」とか、そういうタイプではないのだけれど… 「みんなと同じ」には、やっぱりなれなくて…。「個人」と「個人」として、つながりを深める事が出来なくて…。踏み込む事が出来なくて…。
    出典 :ホッとする気持ちと… 複雑な気持ちと… : …続く、孤軍奮闘(”暗中模索”モード)
  • イス取りゲームのことは忘れられません。音楽が流れ、みんながイスの周りをグルグル回るのに長男だけは私のところへ寄ってきて泣いています。「行っておいでよ」と言っても離れません。しかし音楽が止まると…ものすごい勢いでイスめがけて走ってゲットします。そして音楽が流れ始めると…また泣きながら私のところへ戻ってきます。音楽が止まると…この繰り返しで最後の4人まで残りました。
    出典 :涙のイス取りゲーム −長男の思い出− - ADHDの息子達
  • いつも、先生の話を聞かないで大声で話し出しちゃったりする子とか・・・(参観日に毎回お母さんがスミマセン~と先生に謝っていたり)普通の授業でも外に行く時などは先生が、必ずその子達には声をかけてました。ちゃんと××と××居るか?こっちに来い!←って感じで。
    出典 :びっくりしちゃった!! : クラスにどのくらいの割合で発達障害児は居るの?
  • 学校に着いたとき、翔は初めてだったので、興奮してしまい、
    車を降りるとダッシュで何もしらない校舎に入ってしまい、暴走・・・
    初めての場所はたいがいこうなります
    出典 :支援学校の就学相談に行ってきました - 羽ばたけ!未来へ・・・広汎性発達障害BROTHERS+姫のブログ - Yahoo!ブログ
  • 母親は悩み苦しんでいます

  • 子供自身も何が上手くいかないのか悩んでいたりしますが、家族も同じ。特に母親は直接子供の行動を見る機会が多いだけに、何がいけないのだろう。どうすればみんなと同じくやれるのだろうと思い悩みがち。事が事だけに気軽に相談できる相手も見つからず子供と先の見えない袋小路へ入ってしまうことも...

  • 気にするな、って言うのは簡単だけど、度重なるとしんどいんですよね。私も随分追い込まれました(^_^;)。お子さんは低学年ですか。うちは高学年になってようやく意思の疎通が図れるようになってきたような気がします。今思えば、私がどんなにがんばったからって、今頃出来るようになったことを、低学年で出来たハズもなく。無駄なことで随分、心を痛めてしまいました。
    出典 :- ADHD、愛着障害のある娘。~産んだ覚えはございませんが。
  • 小1の1学期、問題行動が続き「支援級へ行く?」と聞いたことがありました。そこで、長男は激しい拒絶反応を起こしました。支援級には、自閉と知的障害を合併しているU君という男児がいたのですが、その子に対する他の子達の扱いを差別的に感じていたようで、「今まで一緒に遊んでた友達が遊んでくれなくなる!もし支援級に行くなら学校は行かない!」と言って大泣きしました。
    出典 :長男(過去エピソード)|ADHDの息子達 2
  • 悩みを打ち明けられる場を

  • 【親の会】という存在を知ったのは、長男が診断を受けたクリニックの待合室にある掲示板に親の会の紹介が貼ってあり、帰宅してからネットで調べたのが始まりでした。親の会で、全国規模ですと【アスペ・エルデの会】(http://www.as-japan.jp/j/)が有名ですが、本部が名古屋や東海・近畿の方なので、講習会は本部近くが圧倒的に多く、関東は少ないです
    出典 :親の会(交流会)に参加しました - 体育会系母の子育て奮闘記
     

    このように、同じ悩みを抱えるお母さんと知り合うのもよい手がかりになると思います。お母さん同士の口コミのすごさは支援センターの相談員を上回る知識力だったりもします。一人で悩まないでください。もちろんここ以外にも親の会は沢山あります。