セルフネイルで楽しむ♪変形フレンチのやり方

セルフネイルで楽しむ変形フレンチのやり方をマスターしてみましょう。
一つマスターすれば、いろいろな変形フレンチネイルを試したくなりますよ。

view42

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 変形フレンチネイルを自分でやってみよう

  •  

    変形フレンチのやり方は基本をおさえればOKです。

  • 変形フレンチネイルなんてむずかしそう。
    わたしには、無理~と思っていらっしゃる方はいませんか。
    そんなことはありません。

    基本のフレンチネイルを覚えれば、アイデア次第でいろいろとアレンジすることも可能なんです。

    変形型にはいろいろなものがあります。
    たとえば、斜めフレンチにしたり、涙型フレンチにしたり、ナミナミ模様フレンチにしたり、ギザギザフレンチにしたりと、とっても応用の幅があります。

    少しぐらいフレンチの線がおかしくなっても大丈夫!!

    そこが味としてデザインになるのですから。

    フレンチのカラーを変えたり、ラインストーンを貼ったり、お花を飾ったりといろいろ楽しむこともできますよ。

    またセルフネイルの一番いいところは、お金がかからず材料費のみですむところではないでしょうか。

    ネイルサロンに行くと高額な変形フレンチネイルですが、ここでは自分で簡単にできる方法をご紹介しますね♡

  • まずは基本のフレンチネイルを抑えよう♡

     

    基本のフレンチネイルができるようになれば、フレンチネイルは応用が自由自在のテクニックです。

  •  

    基本のフレンチネイルの塗り方☆

    まずは基本のフレンチネイルを抑えましょう♡

    ①ベースとなる色とフレンチする色の2色を選びます。

    ②最初にベースコートを爪に塗っておきます。

    ③ベースコートが乾いたら、ベース色のネイルカラーを塗り完全に乾かします。

    ④ベース色が乾いたら、いよいよ上にフレンチする色を塗ります。

    ⑤半円を描くように一気に筆を動かすのがコツです。

    ⑥最初に境部分を描き、残りを塗りつぶします。


    初めての方は、1本目は慣れていないのでなかなか難しく思えてきますが、何本か塗るとうまくなります。

  •  

    まるでドロップを落としたかのような変形フレンチネイルです♡

  • 変形フレンチ♡

    ドロップネイル編☆

    まるでキャンディードロップを落としたかのようなポップでキュート系のネイルです。

    ①フレンチネイルのベースカラーを先に塗っておきます。

    ②ドロップネイル型フレンチを描きます。

    ③描き方は丸くカーブをつけるように塗っていきます。

    ④ポイントにV字の丸を描くようにフレンチをしてもアクセントになります♡

    ⑤丸形のホログラムで水玉模様をつくります。

    ⑥仕上げにトップコートを塗って完成です♡

  •  

    ステンドガラス風の変形フレンチネイルです。

    とってもシックで、落ち着いた印象ですね。

    これなら事務系のオフィスならおしゃれでそう♡

    ステンドガラス風フレンチネイルのやり方

    ①ベースカラーを塗ります。

    ②爪の先端に2色カラー半円を描くように描きます。
     薄い色から塗り、乾いてから濃い色を塗ると失敗がありません。

    ③フレンチの境目に銀ラメのネイルで縁取りをします。

    ④仕上げにトップコートを塗って完成です。

    ※色を何色か重ねるときには、必ず一色ずつ乾かしてから塗るようにしましょう。

  •  

    こちらは、マーブルや♡型、波型の変形フレンチを組み合わせたものです。

    いろんなテクを駆使して色も変えるとおもしろくなりますね♡

  •  

    こちらは変形フレンチの水玉バージョンです。

    水玉が描きづらい方は丸形のホログラムを使用してもいいでしょう♡

  •  

    上品にまとめた変形フレンチです。

    白と銀ラメのカーブに小花がとってもかわいいですね♡

  •  

    こちらは大人バージョンです。
    洋服の柄に合わせてこんなネイルをしてみてもオシャレですよね♡