いつまでかかる?「RSウイルス感染症の感染期間」とは!

RSウイルス感染症の感染期間はどれくらいになるのでしょうか!?

view135

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • RSウイルス感染症とは

  • RSウイルス(respiratory syncytial virus)による急性呼吸器感染症である。乳児期の発症が多く、特徴的な病像は細気管支炎、肺炎である。
    出典 :RSウイルス感染症|厚生労働省
  • Respiratory syncytial virus(RSV)は年齢を問わず、生涯にわたり顕性感染を起こすが、特に乳 幼児期において非常に重要な病原体であり、母体からの移行抗体が存在するにもかかわらず、 生後数週から数カ月の期間にもっとも重症な症状を引き起こす
    出典 :IDWR:感染症の話
     

    病原体としての見聞はこちらですね。

  • また、低出生体重児や、ある いは心肺系に基礎疾患があったり、免疫不全のある場合には重症化のリスクが高く、臨床上、 公衆衛生上のインパクトは大きい。
    出典 :IDWR:感染症の話
     

    話題になったこともありました。

  • RSウイルス感染症では、ふつう鼻水、咳、発熱などのかぜ症状があり、多くの場合1~2週間で治ります。しかし、生後1年以内、特に生後6ヶ月以内の乳児や未熟児、循環器系の疾患を有する幼児では重症化しやすく、呼吸機能の弱い老人や慢性肺疾患患者、免疫不全患者においても重症化する傾向があるので注意が必要です。
    出典 :RSウイルス感染症
  • 生後2歳までにほとんどの乳幼児がかかりますが、初めてかかった乳幼児の場合は鼻水から始まり、その後38~39度の発熱と咳が続きます。その中の25~40%の乳幼児が細気管支炎や気管支炎、肺炎をおこします。
    出典 :RSウイルス感染症
  • 再感染の幼児の場合は細気管支炎や肺炎などは減り、上気道炎が増えてきます。再感染の場合は一般的に症状は軽いようです。中耳炎を合併することもあります。
    出典 :RSウイルス感染症
     

    このような合併症を引き起こす事もあります

  • 乳児が生後最も

     

    感染するのがRSウイルスです。重要な事は母親が抗体をもっている6ヶ月未満の乳児でも高率に感染するそうです。これは見逃せないものですよね。

  • RSウイルス感染症の感染期間は?

  • 潜伏期間は2~8日です。ウイルスの排泄は初感染のときは10日以上つづくので、その間は感染の危険があります。RSが乳児園や保育園で出現すると流行を防ぐことは困難です。再感染の場合はウイルスの排泄は短期間になります。
    出典 :RS�E�C���X������
  • 感染経路……飛沫感染、手指を介した接触感染。最初に鼻に感染することが多いです 潜伏期間……感染してから発症するまでの潜伏期間は2~8日。典型的には4~6日  感染期間……ウイルス排泄期間は7~21日と長いため、感染が広がりやすいです
    出典 :RSウイルス感染症の症状・治療・予防法 [子供の病気] All About
  • 汚染されたカウンターでは6時間、手についたウイルスは約30分感染する力を持っているため、かなり感染力が強いウイルスと言えます。
    出典 :RSウイルス感染症の症状・治療・予防法 [子供の病気] All About
     

    感染力がとても強いので注意はしておかなくてはいけませんね。

  • また、RSVは高齢者においても、急性のしばしば重症の下気道 疾患を起こす原因として重要になりつつあり、特に、長期療養施設内での集団発生が問題となる。同様に、免疫不全者における院内感染事例では症状が重篤で、しかもある程度蔓延する まで診断がつかないことが多く、対策を困難にしている。
    出典 :IDWR:感染症の話
  • 臨床的特徴
     2日~1週間(通常4~5日)の潜伏期間の後に、初感染の乳幼児では上気道症状(鼻汁、咳など)から始まり、その後下気道症状が出現する。38~39℃の発熱が出現することがある。25~40%の乳幼児に気管支炎や肺炎の兆候がみられる。
    出典 :RSウイルス感染症|厚生労働省
  • RSウイルスは

     

    早産児が感染してしまうと重篤な呼吸疾患を引き起こし、入院や呼吸管理が必要となるものです。細気管支炎が発病する場合もある程の特徴があるそうです。