妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫なのでしょうか?

「妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫なのでしょうか?」妊娠中でも飛行機に乗らなければならない場合があります。大切なことを覚えておきましょう。

view79

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫なの?

  •  

    さまざまな理由で妊娠中に飛行機に乗らなければならない場合があります。妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫なのでしょうか??

  • 近年、航空機の利用による旅行は特別なことではなくなり、国内外をとわず誰でも気軽に出かけられる時代になりました。そのためか、外来診療時や電話などで妊婦の航空利用についての問い合わせがしばしばあります。
    出典 :妊婦の飛行機利用について
     

    みんな気になっていることなのです。

  • 妊娠中の飛行機搭乗については賛否両論ありますが、旅行に出かけることによって日頃のストレスを発散し胎児の成育にプラスの効果をもたらすと思います。また、里帰り出産の場合、車や電車による長時間の移動よりも飛行機の方が母体に影響が少ないと考えます。
    出典 :妊娠中の飛行機搭乗
     

    いろいろな考え方があります。

  • 飛行機に乗ることは賛否両論がありますが、クリニックや産院の医師の意見を集めると、短時間であれば良いが、できるなら乗らないほうがよいと言う意見がほとんどでした。
    出典 :妊娠初期の飛行機
  • 妊娠初期の国内を飛行機移動するだけなら問題はありません。ただ、飛行機に乗ることで不安やストレスを感じるなら乗るのはやめておきましょう。つわり がある人や医師に安静を告げらている人はやめましょう。
    出典 :妊娠初期の飛行機 利用。胎児への影響は?
  • 1:飛行中のリスクについて

     

    航空機は高度10,000メートルを飛行し、特に離陸の際は一気に高度を上げるため気圧や気温・湿度が大きく変化します。

  • 気圧の低下に伴い機内酸素分圧(空気中の酸素の圧力)も地上の約80%となります。呼吸器の障がい、心臓の障がい、脳血管の障がいや重症貧血等は酸素濃度の低下により影響を受けます。また、妊娠後期の妊婦や新生児にも酸素不足が悪影響を及ぼすことがあります。
    出典 :妊娠中の飛行機搭乗
  • 飛行機のX線は、胎児に悪影響を与える可能性がある。と言う人もいますが、飛行機のX線はごく微量のため胎児に影響を与えることはありません。影響を与えるとすれば、X線を気にしすぎて、ストレスにより流産などの兆候がでてしまうことです。どうしても気になるなら、係員に妊娠初期だと伝えると、X線を通らずに済む場合もあります。
    出典 :妊娠初期の飛行機 利用。胎児への影響は?
  • 海外旅行など長時間飛行機に乗る場合は、地上にいるときより多くの放射線を被曝することになります。国際線で人体に浴びる放射線量は10~100倍と言われています。通常より多くの自然放射線を浴びることになります。大人では浴びた後でも回復するので問題はないのですが、赤ちゃんの場合は違います。赤ちゃんは細胞分裂のスピードが速いので放射線への感受性が高くなることが指摘されています。
    出典 :妊娠初期の飛行機
  • 2:飛行機の搭乗に適した時期を知ろう

     

    妊娠初期に弐後期に乗ることは、普段でも流産の確率が高いため避けましょう。
    また、人によりますが、つわりがひどく旅行どころではないと思います。

  • 妊娠初期に飛行機に乗る場合は、航空会社に事前に妊婦であることを伝えておきましょう。空港にも早めに到着するようにし、手続きも早めにしておきましょう。その際、妊婦であることを伝えておき、席を窓際に。足元の広い席、トイレに近い席など指定できる場合もあります。
    出典 :妊娠初期の飛行機 利用。胎児への影響は?
  • 日系航空会社の場合、予定日から28日以内の場合は医師の診断書が必要ですが、特に搭乗に「避ける」べき時期は明示されていません。これは、妊娠中であっても飛行機への搭乗自体に特別な危険性は少なく電車やバスと同程度のリスクと考えるべきでしょう。
    出典 :妊娠中の飛行機搭乗
     

    35週前後からは搭乗不可の航空会社も多いので予約・発券前に必ず確認しましょう

  • 妊娠初期の旅行は、ストレスを感じないようにし、こまめに休憩を取りながらにしましょう。
    出典 :妊娠初期の飛行機 利用。胎児への影響は?