知っておきたい、統合失調症の原因となりやすいタイプ

100人にひとり罹患しているという統合失調症の原因となりやすいタイプについてまとめてみました。

view1171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 統合失調症の原因は?

  • 脳内物質ドーパミンの異常

  • 脳の生物学的な要因としては、ドーパミンなどの神経伝達物質の失調が明らかにされています
    出典 :双極性障害|【イベント】統合失調症の初期家族講座 統合失調症について知る|すまいるレポート|こころの健康情報局 すまいるナビゲーター[すまいるナビ]
  • 特定の遺伝子に問題がある

     

    統合失調症は脳の病気です。
    脳の機能に関連している特定の遺伝子が生まれつき脆弱である、と考えられています

  • 統合失調症の原因は1つだけではありませんいろんな要素が複雑に絡み合って発症します。人は生まれつきにしてストレスに強い人と弱い人がいます。統合失調症はストレスに弱い人がその「もろさ」の限界を超えたときに発症すると考えられています。決して家庭環境に問題があるとかその人の育て方が間違っていたということではありません。
    出典 :NPO法人宮崎もやいの会
     

    統合失調症の患者さんは統合失調症になりやすい要素をもっていると考えられている病気である、ということを知っておきたいですね

  • ショックなことがありそれをきっかけにその遺伝子がおかしくなってしまい、病気が勃発してしまいます
    出典 :統合失調症になりやすい人
     

    健康であれば時間さえかければ回復も望めますが、統合失調症の患者さんは脳に関連する遺伝子に傷がついてしまうことでいくら時間をかけても回復ができない。
    結果として、脳の機能に異常をきたすこととなってしまうんですね

  • どんな人が統合失調症になりやすいの?

  • 統合失調症の原因はまだはっきりとわかっていないそうです。
    脳内で情報を伝える神経伝達物質のバランスがくずれることが関係しているのではないかといわれています。
    また、大きなストレスがかかることなども関係あるようです。
    出典 :中島知子さんの統合失調病の原因は?症状やなりやすい人をまとめてみた! | 最新芸能・スポーツ情報局
  • 未熟児だった人

     

    統合失調症になった7割の人がなんと未熟児であった、という統計もあるようです。

  • 出生時の産科的合併症[13]や父親の高齢(父の年齢が10歳増すごとに統合失調症になるリスクは有意に1.47倍増加)[14]、冬生まれ[15]、妊娠中の大きなストレス[16]や幼年期に於ける飢餓[17]、毒素への曝露[18]、薬物乱用[19]、家ネコへの曝露[20]等によるトキソプラズマの感染[21]等は有意に統合失調症発症リスクを増加させるものとしている
    出典 :統合失調症 - Wikipedia
  • 統合失調症になりやすいタイプはこんな人

  • 統合失調症になりやすい性格のことを病前性格と呼んでいます。
    病前性格に該当するからといって必ずしも発症するというわけではありません。ただ、統合失調症の人に多く見られる性格だ、ということです。

    また、病前とありますが、実際には既に軽く発症している状態では、という考え方もあります。
    いずれにせよ病前性格に該当する場合はセルフチェックをしてみたり、専門医に相談してみたりするといいかもしれません。

  • 比較的おとなしい性格だが、とても頑固。まじめ。内に秘めたプライドがとても高い(実力以上のプライド)喜怒哀楽の表現をあまりはっきりしない。
    反面、何でも信じてしまうようなピュアすぎるところがある…等々
    出典 :統合失調症になりやすい人
  • 統合失調症になりやすい素因を持って生まれてきた子供は、幼児期・学童期から、情報処理や注意認知の微細な障害を持っていて、また対人行動場面でも敏感で、非社交的で、学校での適応が良くない傾向が見られます
    出典 :統合失調症の病前性格|心理カウンセラーのブログ
  • おとなしく育てやすい子供のことが多いです。
    意外かもしれませんが、家庭内暴力などの行動化は少ないといわれています。
    控えめで安定志向です
    出典 :統合失調症の病前性格③|心理カウンセラーのブログ
  • 1.控えめで、内向的な人
    2.緊張が強く、人の中に溶け込むのが苦手な人
    「昔から手のかからない子だった」という人が発病することが、比較的多いようです。
    出典 :統合失調症とは?
  • 発病年齢では14歳~35歳の人に多く、遺伝的には一卵性双生児の場合、1人が発病するともう1人も発病する可能性は約30%といわれています。気質的には、非社交的で無口・内気で控えめ・堅苦しい・敏感で繊細・善良で温和・無頓着で鈍感・激昂しやすい・変人などがあげられます。
    出典 :NPO法人宮崎もやいの会
     

    統合失調症はその高い罹患率からして、精神病としては最も多いもののひとつといえるでしょう。

  • 大きなストレスを抱えるとなりやすいのではないでしょうか。

    そう考えると現代社会はあるいみストレス社会なので、みなさん統合失調症になる可能性をひめているのかもしれませんね
    出典 :中島知子さんの統合失調病の原因は?症状やなりやすい人をまとめてみた! | 最新芸能・スポーツ情報局
  • 確かに、発病以前の子供時代に級友から敬遠される傾向があることを指摘している医学書はあります。しかし実際には、友達が多かったという患者さんもおられます
    出典 :統合失調症の発症前の性格は嫌われる? - Yahoo!知恵袋
  • 統合失調症は10代~30代の発症が最も多いとされています。
    子供時代に統合失調症の可能性が伺えるような症状があらわれている場合もあるのかもしれません。