4人に1人が悩んでいる、機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)に効く漢方について

日本人の4人に1人が機能性胃腸症に悩んでいると言われています。そんな、機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)に効く漢方薬について、まとめてみました。

view348

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)とは?

  • 機能性胃腸症は胃の機能が低下する症状です。胃の検査をしても具多的な病気が見つからないにも関わらず、胃の不調が長期間続いている症状です。
    出典 :機能性胃腸症の漢方療法で使われる漢方とその効果
  • 日本人の4人に1人が、こんな症状に悩んでいます。かつては「胃弱」「胃下垂」「胃アトニー」「慢性胃炎」「神経性胃炎」などと呼ばれていた病気ですが、最近は「機能性ディスペプシア」、あるいは「機能性胃腸症」という病気として、大きな注目を集めています。
    出典 :なんだか胃の調子が悪い…と思ったら、機能性ディスペプシアを疑え!-QLife
  •  

    長期的に胃の不調が続いていて、検査でも異常が見つからない場合には、機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)の可能性があります。

  • 患者によっては、症状が悪化して会社へ出勤できなくなったり、何とか職場にたどり着いたとしても、満足に仕事に取り組めなかったりする重症の患者もいます。しかし、夕方には症状が治まることも多く、そのため「怠けているのではないか」と勘違いされ、社内で気まずくなることもあるようです。
    出典 :なんだか胃の調子が悪い…と思ったら、機能性ディスペプシアを疑え!-QLife
  • 機能性胃腸症の方は自律神経のバランスを崩している事が殆どで、体の機能全体が低下していると考えられています。治療には長期的な時間が必要で、根本的な体質改善が望まれる漢方薬での治療も効果的です。
    出典 :機能性胃腸症の漢方療法で使われる漢方とその効果
  • 病気を直接治す薬ではありませんが、ゆっくりと体質を改善する事が可能で、人間が本来持っている自然治癒力を高め病気を改善してくれます。機能性胃腸症も体質を改善する事で、胃腸の機能を改善する事ができ、治療が望めます。
    出典 :機能性胃腸症の漢方療法で使われる漢方とその効果
  • 機能性胃腸症に効く漢方薬

  • 最近は漢方薬の『六君子湯』が、機能性ディスペプシアの薬として大きな注目を浴びているそうです。

  • 六君子湯

  • 六君子湯は、胃弱や食欲不振、みぞおちのつかえなどを改善する漢方薬です。機能性ディスペプシアに「ある程度有効」とのデータが得られたことから、今年(2011年)2月から関東・愛知・京都地区の43の医療機関が協力し、六君子湯の臨床試験(研究代表者・鈴木秀和准教授)がスタートしました。
    出典 :なんだか胃の調子が悪い…と思ったら、機能性ディスペプシアを疑え!-QLife
  •  

    六君子湯は、体力中等度以下の気うつ傾向の人で、胃腸が弱く食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい人に効果があります。

  • 六君子湯は胃の拡張や蠕動運動を改善するだけでなく、食欲増進ホルモンといわれる『グレリン』の分泌を促進し、食欲の亢進による胃の運動機能の改善がはかられることもわかってきました
    出典 :なんだか胃の調子が悪い…と思ったら、機能性ディスペプシアを疑え!-QLife
  • 疲労感、めまい、食欲不振、嘔吐、胃のつかえ、胃炎、胃痛、胃下垂、下痢、冷え症、貧血、慢性の咳や痰、耳鳴り、肩こり、動悸、むくみなどの改善に。
    出典 :六君子湯(りっくんしとう) [漢方・漢方薬] All About
  • 臨床試験ではプラセボという偽薬と比較することで、「効く」「効かない」というはっきりした結論が得られるので、機能性ディスペプシアに対する治療の確かな橋頭堡が築けるのではないか、と期待されています。
    出典 :なんだか胃の調子が悪い…と思ったら、機能性ディスペプシアを疑え!-QLife
  • 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状が出ることがあります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。
    出典 :六君子湯(りっくんしとう) [漢方・漢方薬] All About
  • 半夏瀉心湯

  • 半夏瀉心湯の構成生薬は、胃腸によい下記の7種類です。主薬の“半夏”は吐き気をおさえるための重要な生薬です。瀉心湯類に特徴的な“黄ごん”と“黄連”の組み合わせは、みぞおちの張りやつかえをとり、また、熱や炎症をさまします。
    出典 :半夏瀉心湯
  •  

    体内に熱がこもりやすい人が、冷たい物などを食べてお腹が冷えたり、胃腸に湿熱があったり、胸腹部のつまりや膨満感、嘔吐、下痢などの症状がある場合に効果があります。

  • “人参”にも滋養強壮作用のほか、みぞおちのつかえを治す作用があるようです。これに、健胃作用や緩和作用のある“乾姜”と“大棗”、“甘草”などが加わります。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。
    出典 :半夏瀉心湯
  • 体質によって相性が難しい漢方薬なので、服用する場合は必ず医師か専門医の診断を受けるようにしましょう。
    出典 :機能性胃腸症の漢方療法で使われる漢方とその効果
  • 最後に

  • 漢方薬は最低でも半年は飲み続けなければ効果が期待出来ないものです。しかし、ゆっくりと体質改善すると言う事は再発の防止効果もあります。また、副作用のデメリットも少なく、機能性胃腸症のみならず他の不調も総合的に改善してくれるのでお勧めの治療法です。
    出典 :機能性胃腸症の漢方療法で使われる漢方とその効果
  • 漢方薬はひとりひとりの体質によって処方が変わります。
    漢方薬を購入する際には、しっかりとカウンセリングをしてくれる、漢方薬局などで処方してもらうのがお勧めです。