脳炎の原因について。

急性脳炎。蚊。エンテロウイルス71型。多種多様なウイルス達。

  • S 更新日:2014/05/11

view154

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳炎の発症原因は「蚊」だった!?

  • 脳炎は、脳の中にウイルスや細菌やカビなどが脳内に入り、感染して炎症を起こす病気です。脳炎には日本脳炎、ヘルペス脳炎、続発性ウイルス脳炎などがあります。その中でも日本脳炎が最もよく知られていますが、現在では日本脳炎の発症原因である蚊自体が減少がしている為に日本脳炎にかかる人も少なくなっています。
    出典 :脳炎の原因と症状について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    原因の一つである「蚊」について。

  •  

    蚊は、虫の中でも(特に夏は)天敵といっても良いほど嫌われ者です。

  • ウイルスによる脳炎!

  • ウイルス感染から続けて発症する脳炎とヘルペス、コクサッキー、エコー、ウイルスが、脳に直接感染することから炎症を起こす脳炎があります。麻疹ウイルスによる亜急性硬化症全脳炎、パポパウイルスが原因の進行性多巣製白質脳症、ウイルスより小さい物質の感染から起こるヤコブ病などが慢性の経過をたどるものです。
    出典 :脳炎の原因と症状について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    ウイルス感染による脳炎について。

  • 急性脳炎の原因とは?

  • 急性脳炎では単純ヘルペスウイルスによる単純ヘルペス脳炎の頻度が高く、日本では年間で100万人に3・5人、約400例の発症とされます。日本脳炎の場合7〜9月に数例の小流行がみられます。このほか、インフルエンザ、風疹(ふうしん)、麻疹(ましん)などに伴う急性脳炎・急性脳症(二次性脳炎)などがあります。
    出典 :髄膜炎・脳炎とは - goo ヘルスケア
     

    急性脳炎の原因について。以下に続きます。

  • 髄膜炎菌髄膜炎(ずいまくえんきんずいまくえん)、日本脳炎、プリオン病のクロイツフェルト・ヤコブ病は、感染症法の4類・5類感染症(全数把握)に指定され、届け出が義務づけられています。
    出典 :髄膜炎・脳炎とは - goo ヘルスケア
     

    急性脳炎の原因について。上記の続きです。

  •  

    脳炎は頭痛に似ています。

  • 多種多様なウイルス!

  • 原因としては多種多様なものが含まれ、ウイルスとしては単純ヘルペスウイルス、エンテロウイルス、アデノウイルス、麻疹ウイルス、風疹ウイルス、水痘帯状疱疹ウイルス、ヒトヘルペスウイルス6などが含まれる。
    出典 :IDWR:感染症の話 急性脳炎
     

    ウイルスについて。以下に続きます。

  • マイコプラズマ、スピロヘータ、レプトスピラ、リケッチア、真菌、寄生虫(トリパノソーマ、旋毛虫など)も脳炎を合併することがある。世界的にみると、黄熱ウイルスなどのアルボウイルス、狂犬病ウイルスなどによる脳炎も重要であるが、両者ともに発生動向調査ではそれぞれの疾患に分類される。
    出典 :IDWR:感染症の話 急性脳炎
     

    ウイルスについて。上記の続きです。

  • ウイルスの中でも最も恐ろしい「エンテロウイルス71型」による脳炎死亡!

  • エンテロウイルス71による手足口病流行に伴う脳炎の発生が1997年マレーシア、1998 年台湾において問題となった。1997年には我が国でも大阪で、本症に関連すると考えられる急死例3例が確認されたため、サーベイランスが強化されたが、幸い大きな流行とはならなかった。
    出典 :IDWR:感染症の話 急性脳炎
     

    エンテロウイルス71型による、脳炎死亡例について。以下に続きます。

  • その後、2000年夏季に兵庫で、エンテロウイルス71型による手足口病の流行時に脳炎死亡例がみられた。
    出典 :IDWR:感染症の話 急性脳炎
     

    エンテロウイルス71型による、脳炎死亡例について。上記の続きです。