脳出血の治療の方法。

内科的治療か外科的治療か。降圧治療。グリセオールとマンニトール。

  • S 更新日:2014/05/09

view238

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 内科的治療か外科的治療。どちらが必要か。

  • 高血圧性脳出血の治療は、血腫による脳実質の損傷を軽くし、再出血や血腫の増大を防ぎ、圧迫によって血腫の周囲の二次的変化が進まないようにすることです。
    出典 :脳出血 - goo ヘルスケア
     

    頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん)

  • このため内科的治療としては、頭蓋内圧亢進に対する抗浮腫薬の投与、高血圧の管理、水電解質のバランス、合併症の予防と治療が基本になります。外科的治療が必要かどうかの検討も同時に行います。
    出典 :脳出血 - goo ヘルスケア
     

    どちらが必要なのか、ハッキリできます。

  •  

    問診時には、頭蓋内圧亢進以外にも、このような図で説明してもらえることでしょう。

  • 発症急性期に降圧治療をする。

  • 発症急性期に降圧治療を行い、再出血を予防する治療が可能かつ有効かもしれないと考えられるに至った。国内の検討では、発症3時間以内の超急性期の高血圧性脳出血も、積極的に平均血圧110mmHg以下に降圧することで、再出血の危険を低下させる。
    出典 :脳内出血 - Wikipedia
     

    平均血圧110mmHg以下に降圧=来院時血圧を20%程度の降圧すること

  • しかも予後悪化を防ぐことが示され、来院直後から脳出血患者を積極的に降圧する治療が主流となりつつある。また必要に応じ浸透圧性利尿薬やステロイド薬などで頭蓋内圧亢進症状を軽減する。
    出典 :脳内出血 - Wikipedia
     

    上記の続きです。

  • 降圧治療。

  • グリセオールとマンニトールを使用した治療。

  • 血腫の増大は、発症してから数時間以内に約20%の患者さんにみられ、多くの場合は発症6時間以内に止まります。一方、脳浮腫は脳ヘルニアを起こして、予後に重大な影響を与えます。通常、脳浮腫は3日目から強くなり、ピークとなるのは1〜2週です。抗浮腫薬としてグリセオールとマンニトールを用います。
    出典 :脳出血 - goo ヘルスケア
     

    グリセオールとマンニトールを使用した治療方法について。

  • 脳内出血の治療の基本。

  • 1.出血を早く止めて、再出血を避けるために血圧を下げる。
    2.出血が止まりやすくなるように「止血剤」の注射をする。(歯磨きの中にも入っている薬などです)
    出典 :脳出血の治療
     

    脳内出血の治療の基本について。以下に続きます。

  • 3.血腫で圧迫されて周りの脳がむくんでくるので、脳のむくみをとる注射をする。
    4.血腫は時間をかければ吸収されるので、自然な吸収を待つ。
    出典 :脳出血の治療
     

    脳内出血の治療の基本について。上記の続きです。

  • 手術は適応しない?

  • 手術療法は全例に適応ではない。視床出血および脳幹出血では血腫量によらず手術適応がない。その他の部位でも血腫量が少量(10ml以下)であったり神経学的症状が軽い場合には、手術適応はない。脳ヘルニアが見られる例に対し緊急開頭術を行う。
    出典 :脳内出血 - Wikipedia
  • 自然に吸収されない大きさの血腫であれば、再出血のおそれが無くなり、脳浮腫が治まった時点で待期的に定位脳手術を行う。通常1~2週間は急性期病院でのこれらのケアが中心となり、その後は後遺症の程度改善のためのリハビリテーションが主軸となる。また高血圧がある場合は脳出血再発予防のため、降圧薬内服を続けていく。
    出典 :脳内出血 - Wikipedia