臨月に鼻血!!だいじょうぶなの?

臨月に鼻血が出てしまっても大丈夫なのでしょうか?
臨月と鼻血の関係についてまとめています。気になる方は読んでみてください。

  • green 更新日:2014/03/30

view6929

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 臨月に鼻血って大丈夫なの?

  • 特に問題はないと思います。小鼻を押さえて10分ほどで止まるなら心配ないと思います。繰り返すようなら耳鼻科で相談されるとよいと思います。(耳鼻咽喉科)
    出典 :臨月です☆鼻血について - 妊娠 - アスクドクターズ
     

    臨月の鼻血については、それほど心配をしなくて良いみたいですね。

  •  

    臨月の鼻血はとくに問題がなさそうですね。

  • 鼻血が全く止まらないのでなければ心配はありませんよ。様子を見ていいです。一度出血した部位は、繰り返して出血しやすくなっています。はっきりと原因を究明することはできません。
    血圧の異常はないのでこれも気にしなくて大丈夫ですよ。(産婦人科)
    出典 :妊娠中の鼻血と 血圧上昇について - 妊娠 - アスクドクターズ
  • 基本的には安静にして、粘膜のある目と目の間よりすこししたあたりをかるくつまんで止まるようであれば問題ないと思います。
    出典 :妊娠中は、鼻血が出やすくなりますか? - Doctors Me(ドクターズミー)
  • 臨月に鼻血、何が原因なの?

  • 血液の量が増え、やや薄くなり、血も固まりにくく、血圧もやや高め。
    薄い粘膜の鼻の毛細血管から鼻血が出やすい条件に当てはまる
    出典 :鼻血を甘く見てはいけない!: 妊娠と鼻血
     

    血液をお母さんと赤ちゃんの二倍運ばなければならないため、鼻血が出やすくなってしまうのですね。

  • 妊婦の鼻血

     

    妊婦は血液量が増加するため、薄い粘膜から血が出やすくなっているようです。

  • 妊娠すると粘膜が充血しやすくなります
    出典 :妊娠中のからだの変化 妊娠 妊婦
  • 【血液量が増える】
    胎児の分の血液が増えるため、普段の1.5倍の血液量になり、胎児に酸素を送るために血圧も高くなります。
    出典 :暮らしの色|妊娠中の鼻血
     

    胎児が呼吸をするために必要なのですね。

  • 【粘膜が充血しやすい】
    妊娠中はホルモンの変化や血圧の上昇などにより鼻の粘膜が充血しやすくなります。
    鼻の粘膜は薄いので、ちょっとした刺激で出血しやすくなります。
    他にも、歯茎などからも出血しやすくなります。
    出典 :暮らしの色|妊娠中の鼻血
     

    鼻血の他にも歯茎からの出血もあるようです。

  • 【血液が固まりにくい】
    さらに妊娠中は血液中の血小板の量も減り、出血が止まりにくくなります。
    出典 :暮らしの色|妊娠中の鼻血
     

    妊娠中は、出血するととまりにくいということを知っておきましょう。

  • 鼻血の正しい止め方も知っておこう!

  • 圧迫止血は、鼻の骨のある硬い部分を圧迫するのではなく、骨のない、小鼻と言われるキーセルバッハの部分を圧迫します。
    出典 :鼻血の正しい止め方
  • 上体を起こし、椅子や床にすわり、顔は上を向かずにやや下を向いた状態で小鼻を人差し指と親指で摘むように圧迫止血を行います。
    出典 :鼻血の正しい止め方
  • 圧迫止血の際に冷やした、タオルや氷で鼻を冷やすと血管が収縮して鼻血が止まりやすくなります。
    出典 :鼻血の正しい止め方