頭の良い子供を育てる方法まとめ!!基本的な生活が重要です!!

育てかたで頭の良い子供になるかもしれません!!!
気になる頭の良い子を育てる方法についての情報をまとめてみました!!!
是非見てみてください!!

view434

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頭の良い子の育て方とは???

  • 復習の習慣を身につけましょう!!!

     

    できる子とできない子の復習の違いとは?
    そのやり方しだいで変わってきます!!!

  • ・たった20分で、半分近くを忘れてしまう
    ・1日後も1ヶ月後も大差なく、約4分の3忘れてしまう
    授業でも、勉強でも、会議でも、講演でも、開始してから20分後には、多くのことを忘れ始めているのです。
    出典 :できる人とできない人の復習の違いとは? [学習・勉強法] All About
     

    早めに復習をすることが大切です!!!
    是非復習の習慣を身に着けてみましょう!!!

  • 本好き

     

    本が好きな子は頭が良い傾向にあるようです!!!
    これも小さいときから身に着けたい習慣ですね!!!

  • よく本を読む子
    小さい頃から本に親しみ、本が好き
    昔話をよく知っている
    言葉をよく知っている(語彙が豊富)
    会話での表現力がある
    算数の文章問題がよくできる

    あまり本を読まない子
    あまり絵本を読んだ経験がない
    浦島太郎や一寸法師などの昔話をあまり知らない
    子どもの日常会話以外の言葉を知らない
    会話のスタイルが限られている
    算数の文章問題の出題意図がくみ取れない
    出典 :本好きの子供が育つ家庭環境とは [学習・勉強法] All About
     

    こんな風に色々な違いが出てくるようです!!!

  • 地頭が良い子に育てる

     

    どうしたら地頭が良い子になるの???

  • 数の操作がイメージを元にできる生徒は、具体物での数量の操作経験が豊富なのです。兄弟の人数が多いとか、そうでなくても家の手伝いをたくさんしている、家業が商売をしていて手伝うなどです。
    あるいは遊びで、おはじきやビー玉。オセロやトランプ遊びで、数えて勝ち負けを決めることが多いなど、日常で数に触れている機会が多いのです。同時に周囲の大人が、日常生活の中で数量について口にすることが多いとなおさらです。
    出典 :2/2 地頭(ジアタマ)のよい子はこうして育つ [学習・勉強法] All About
     

    普段の生活の中で色々な知識を見につけさせるのがおすすめです!!!

  • 子供の想像力を育ててみましょう!!!

     

    子どもの想像力&創造力を育てるトレーニングを行ってみるのがおすすめです!!!

  • 成長して正解へのプロセスが複数ある問題や、自分の意見を述べる課題に取り組む時期が来てからでは遅いのです。幼児や低学年から正解のない問題、自由課題にどんどん取り組むチャンスを与えてはいかがでしょうか。
    出典 :想像力&創造力を育てるトレーニング [学習・勉強法] All About
     

    小さいころは自由に色々とやらせてみるのがおすすめです!!!

  • 自然の中で遊ぶ!!!

     

    自然の中で学べることはたくさんあります!!

  • 自然の中で遊ぶことにより、子供は様々な事を発見したり、違った遊び方を発見したりします。強い体と創造力豊かな子供に育ちます。
    出典 :クリエイティブで頭の良い子供を育てる方法 | nanapi [ナナピ]
     

    自然の中での体験を行うことで脳が良い刺激を受けるのではないでしょうか???

  • 子供にテレビを見せない!!!

     

    難しいかもしれませんが実践してみるのもおすすめです!!!

  • たまに教養番組を見せるのは構わないけれども、娯楽だけのテレビであれば、見せない方が良いです。理由は、テレビを見ると脳が受身となってしまうからです。思考が停止する上に中毒になってしまいます。マインドがコントロールされ、テレビで見るものを真似したり、価値観すらも刷り込まれ、「自分の頭で考える」力が弱くなります。
    出典 :クリエイティブで頭の良い子供を育てる方法 | nanapi [ナナピ]
     

    難しいけど是非実践してみたいですね・・・

  • こどものおもちゃ選びは慎重に!!!

     

    おもちゃは、おもちゃ会社が消費者に買ってもらおうという意図のため、子供に気に入られる物を作る傾向があります。子供が気に入るからといって、子供に良いものが売られているとは限りません。創造性を助長しない商品もたくさんあります。

  • おもちゃを購入する際は、イマジネーションを働かせたり、何かを組み立てたり、描けたり、創作出来るような物が良いですね。
    例えば、5歳にもなれば、ブロック式のレゴ(LEGO)で様々なものが作れるはずです。7歳にもなると、レゴの作品作りで一日中熱中していることもあります。小さなピースから大きなピースまでいろんな種類がありますので、お勧めです。
    出典 :クリエイティブで頭の良い子供を育てる方法 | nanapi [ナナピ]
     

    おもちゃは創造力を高めるものがおすすめのようです!!!