発達性協調運動障害の原因はなに?考えられるリスク因子とは?

発達性協調運動障害の原因として、どのようなことが考えられるのでしょうか?
また、発達性協調運動障害のリスクとなるものは、出生時にあるようです。

view110

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 発達性協調運動障害は発達障害の1つ

  • 発達障害とは、主に先天性の脳機能障害が原因となり、乳幼児期に生じる発達の遅れです。
    精神障害や知能障害を伴う場合もあります。
    出典 :【発達障害とは】分類・特徴・軽度発達障害
     

    発達障害は、症状によっていくつかの種類に分けられます。

  • 筋肉や神経、視覚・聴覚などに異常がないにもかかわらず、「ボールを蹴る」「字を書く」などの協調運動に困難を呈する障害。
    出典 :発達性協調運動障害 とは - コトバンク
     

    発達障害の中でもこのような症状がある場合、「発達性協調運動障害」と言います。

  •  

    多くの人は、幼児期頃から症状が表れ始めるようです。

  • このようなことから、ママは我が子の遊んでいる姿をよく観察してあげる必要があります。
    しかし、我が子のこととは言ってもあまり神経質になり過ぎるものよくありません。

  • 発達性協調運動障害の原因

  • この疾患を疑うには、視覚や聴覚などの感覚器官に異常がないこと、明らかな身体運動機能の障害がないこと、もともと統合失調症や自閉症などのはっきりした精神障害がないこと、明らかに不適切な養育環境に置かれていないことなどの条件を満たすことが必要です。
    出典 :言語発達障害および学習障害(特異的発達障害)の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    発達性協調運動障害とこれらの症状は区別されているようです。

  • 発達障害の原因は脳機能の障害とされていますが、なぜ脳機能障害が起こるのかということは、はっきりとしていません。
    出典 :【発達障害とは】分類・特徴・軽度発達障害
     

    残念ながら発達性協調運動障害の原因については、まだまだ分からないことが多数あります。

  • このように発達性協調運動障害の原因は分かっていませんが、発達性協調運動障害になりやすいリスクにはこのようなことが挙げられています。

  • 発達性協調運動障害のリスクとなるもの

  • 未熟児、低酸素、周産期低栄養、出生時低体重がリスク因子でありえます。
    出典 :運動能力障害:発達性協調運動障害(こころの病気のはなし/専門編)
     

    発達性協調運動障害の原因として、何らかの脳の異常が挙げられます。
    そのため、このように脳に異常をきたすものはリスクとなる可能性が高いと言われているのです。

  • 低体重児とは、出生体重が2500g未満の赤ちゃんのことです。低体重児は体の機能も未熟なので合併症や感染症にかかりやすい特徴があります。
    出典 :低体重児(ていたいじゅうじ)
     

    出生時の体重が少ないと、発達性協調運動障害だけでなく様々な障害の原因となってしまうのです。

  • ・前期破水などの早産で、胎児が胎内で充分に成長しきれなかった。
    ・妊婦の過激なダイエットによる栄養不足。子宮内での栄養失調も。
    出典 :低体重児(ていたいじゅうじ)
     

    妊娠中にダイエットをすると、低体重児になりやすくなってしまいます。

  • ・妊婦の歯周病の悪化。
    ・妊娠中の喫煙の影響。
    ・妊娠中の飲酒。
    出典 :低体重児(ていたいじゅうじ)
     

    ご存じの通り、飲酒・喫煙もNGです。
    赤ちゃんのことを考えて禁酒・禁煙を心がけましょう。

  •  

    元気な赤ちゃんを産むために、妊娠中から様々なことに気を付けたいですね。