高脂肪血症は生活習慣病からくるの?

高脂肪血症は高脂肪血症と同じ意味です。最近では、脂質異常症と呼称を変更しています。この病気は他の大きな病気の引き金となる可能性があります。診断されたら、早期に生活習慣と食生活を改善していきましょう。

view111

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • Q:高脂肪血症とは

  • A:高脂血症と高脂肪血症は同じことを表します。

  • そして、現在は高脂血症は脂肪異常症と改称されています。

  • 症状は?

  • 高脂肪血症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が増加した状態です。コレステロールが高い場合は、摂取過剰、中性脂肪が高い場合は全体的な食べ過ぎ、アルコールの飲みすぎ、運動不足、遺伝子的要因が関与します。
    出典 :高脂血症とは
  • 血液中の脂肪、具体的にはコレステロールや中性脂肪が多すぎる病気のことです。放置してしまうと増えた脂質が血管の内側にたまっていき、動脈硬化になってしまいます。
    出典 :脂質異常症(高脂血症) | 下肢静脈瘤治療 森末クリニック
  • このように、脂肪が血管にたまっていくと大変なことに・・。

  • 高脂血症は症状は気がつかないうちに進行しますが、放っておくと命にかかわるような病気を引き起こしかねません。

  • 高脂肪血症は生活習慣病?

  • 8割以上が生活習慣が原因で発症していきます。過食、高脂肪食、運動不足などの悪い生活習慣や、それによる肥満が挙げられます。
    出典 :脂質異常症を防ぐ食事|厚生労働省
  • こんな生活習慣は当てはまりますか?

  • ほとんど歩かない、階段を使わずエレベーターを使う。運動不足。タバコを吸う。食習慣は、カレーやかつ丼などを頻繁に食べる、噛まずに食べる、夜食、おやつを食べる(カロリーオーバー)清涼飲料水、缶コーヒーなどを良く飲む。野菜不足など。
    出典 :高脂血症
     

    当てはまるものはありましたか?これだけの要因におもいあたるふしがあれば、かなりのカロリーオーバーをしているかも。生活習慣を見直す必要があります。

  • 脂質異常症(高脂血症)を防ぐために

  • 1)偏らず、栄養のバランスを考えた食事を摂ること。2)摂取総エネルギー量を抑えて、適正な体重を保つ。3)飽和脂肪酸(獣肉などの脂肪):不飽和脂肪酸(植物性脂肪、魚の脂)を、1:1.5~2の割合にする。4)ビタミン・ミネラル・食物繊維を摂る5)中性脂肪が高い人は砂糖、果物などの糖質とお酒を減らす。
    出典 :脂質異常症を防ぐ食事|厚生労働省
  • まずはバランスの良い食事が大事です。