出産間近の妊婦さんへ、安産のための運動特集

安産のためには体力をつけておくことも大切です。そこで安産のための運動方法についてまとめました。出産が近い妊婦さんでもできる運動です。

view160

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【妊婦体操の注意点】

  • •妊娠高血圧症候群や切迫早産の方は、産婦人科医に相談してから行いましょう。
    •気分や体調が悪かったり、妊婦体操中にお腹が張ったりした場合は、その日は妊婦体操はお休みしましょう。
    出典 :【妊婦体操】- 妊娠to安産.com
  • 妊婦体操 ~足首のストレッチ~

  • 足首のストレッチ

     

    妊娠初期から行えます。

    椅子に座って、または仰向けに寝て、足指・足首を上向きにそらして一呼吸、反対に足首・足指を伸ばして一呼吸を繰り返します。(片足ずつでも両足同時にでもOK)

  • 足の血行を良くし、足の疲れや足のむくみの解消、足のつり(こむらがえり)、静脈瘤を予防します。
    出典 :【妊婦体操】- 妊娠to安産.com
  • 妊婦体操 ~腰のストレッチ~

  • 骨盤運動で柔軟性を作ると吉
    安産体質を目指し、骨盤を鍛えましょう。普段から、括約筋に力を入れる運動を繰り返したり、腰を頻繁に回して座ったり起きたりを繰り返すことは、骨盤強化に効き目大です。
    出典 :ママテラス | 安産までのみちのり
  • 腰のストレッチ

     

    妊娠中期以降から行えます。

    床に、ひざを立てて仰向けに寝ます。
    そのままひざを、左右に倒します。
    息を吐きながら・・ゆっくり1・2・3・4で右に倒し、息を吸いながら1・2・3・4でひざが上を向いた元の姿勢にに戻します。
    左も同様に。

  • お産に備えて、骨盤周りの筋肉をほぐすほか、腰痛の予防にも効果的です。
    出典 :【妊婦体操】- 妊娠to安産.com
  • この体操を行うことで、骨盤を動かすことができるのと同時に、腰痛を予防することができるようになります。
    出典 :運動不足と体重増加を防ぐ!妊婦さんの強い味方「妊婦体操」! | 美容ブログ [女性の美学]
  • マタニティウォーキング

  • 体重増加の予防や出産時の体力づくり、お腹の赤ちゃんにも良いと言われています♪また、日本母性衛生会の調べでは、妊娠中の運動が、分娩時間や産後の回復にも影響を及ぼしている、ということが分っています。
    出典 :マタニティウォーキング-赤ちゃんの部屋
  • マタニティーウォーキング

     

    ■視線は10m先を見ましょう
    ■背筋を伸ばしましょう
    ■脇をしめて腕を高く上げて大きく振りましょう
    ■歩幅を大きくしましょう
    ■足はかかとから着地しましょう

  • 万が一のために母子健康手帳や保険証などはもってウォーキングしましょう。

  • 妊婦体操 ~あぐらをかいて座る~

  • あぐらをかいて座る

     

    1日に30分は過ごすようにしてみましょう。
    テレビを見ながらしてもいいかもしれません。

  • あぐらは片足の上に片足を乗せるような形ではなく、足の小指側のラインをくっつけるようにして、左右対称の形を作ります。そうして背筋をしっかりと伸ばし、呼吸は腹式呼吸を心がけてみてください。
    出典 :運動不足と体重増加を防ぐ!妊婦さんの強い味方「妊婦体操」! | 美容ブログ [女性の美学]
  • 妊婦体操 ~ネコの姿勢~

  • ねこの姿勢

     

    ①四つん這いになります。
    ②手足は、どちらも肩幅くらいに広げる。
     (顔の向きは自然にしていて大丈夫)
    ③腹式呼吸で息を吸ったら、吐きながら、顎を引く様にしておへそを見るようにします。この時、骨盤を引き締めるイメージをしながら前に傾け、背中は上側にまるめるように意識します。その後、また複式呼吸で息を吸いながら、元の体勢に戻ります。

    これを数回繰り返します。

  • この体操を行うことで、腰痛が予防されるのと同時に、出産に必要な腹筋を鍛えることもできます。
    出典 :運動不足と体重増加を防ぐ!妊婦さんの強い味方「妊婦体操」! | 美容ブログ [女性の美学]
  • 妊婦体操 ~肩をまわす~

  • ①あぐらをかいて座ります。
    ②背筋をしっかりと伸ばすようにして、何度か腹式呼吸をして息を整えてください。
    ③両手を肩の上につけてください。
    ④肘で大きな弧を描くようなイメージで、肩をまわします。

    肩をまわしている最中は、呼吸は腹式呼吸でなく、自然に行いやすいもので問題ありません。
    前に数回、後ろに数回、無理のない範囲で繰り返して下さい。
    この体操は肩こりを解消するためのものです。

  • 実は妊婦さんは、肩も非常に凝りやすくなっているのです。肩が凝ってしまうと、もちろん、全身の血流が悪くなってしまいますし、姿勢も崩れてしまうことが多くなります。そうなりますと、頭痛が引き起こされてしまうだけでなく、呼吸がしづらくなったり、貧血などの血流周りのトラブルも引き起こされてしまったりします。肩こりは、ぜひ、解消しておきたいですね。
    出典 :運動不足と体重増加を防ぐ!妊婦さんの強い味方「妊婦体操」! | 美容ブログ [女性の美学]