生まれつき顔や頭にアザはありませんか?脂腺母斑の手術時期はいつがベスト?

view346

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脂腺母斑の手術時期についてまとめました。脂腺母斑とは生まれつき顔や頭にあるアザのこと。お子さんにアザはありませんか?

  • 脂腺母斑って何?

  •  
  •  
  • 主に頭にあるアザのこと

     
     

    脂腺母斑は生まれつき顔や頭にあるアザのことです。ほとんどが頭部にあるようです。

  • 脂腺母斑は変化します

  •  
  • ◆第一期

  •  
  •  
  • 最初は脱毛から気付くことが多い

     
     

    第一期の脂腺母斑はほとんど凹凸がないため、触っただけでは気がつきにくくなっています。散髪時などに気がつくことが多いようです。

  • ◆第二期

  •  
  •  
  • 徐々にイボ状に

     
     

    最初は凹凸がなかった脂腺母斑も、成長と共にイボ状になります。

  • ◆第三期

  •  
  •  
  •  
  • 悪性腫瘍であることも・・・

     
     

    平均30~35歳で脂腺母斑から腫瘍になることがあります。この腫瘍は悪性であることもあるので、注意が必要です。

  • 脂腺母斑の原因は?

  •  
  •  
  • 先天的な原因

     
     

    脂腺母斑の原因は先天的なものでした。

  • 脂腺母斑の治療法

  •  
  •  
  • 手術が一般的

     
     

    脂腺母斑の治療は、手術が一般的のようです。

  • 手術にはタイミングが重要

  •  
  •  
  •  
  • 学童期の長期休暇を利用するのが理想的

     
     

    脂腺母斑の手術には数日の入院が必要ですし、当然手術跡ができます。そのため頭皮が柔らかい学童期に、夏休みなどを利用して手術するのが望ましいと言われています。お子さんの頭部や顔にアザがあるようなら、一度医師に相談することをお勧めします。