ダイエットしてるあなたへ。摂食障害チェックをしてみましょう

ダイエットで体重を落とそうとしてる人はたくさんいます
だけどその行為や思いが過剰に働きすぎてしまうと摂食障害という病気に発展する可能性もあります
身体に無理なダイエットをしてはいないか自分で摂食障害チェックをしてみましょう

view272

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 摂食障害とは

  • 摂食障害(せっしょくしょうがい、英: Eating disorder ; ED)は、食行動の重篤な障害を呈する精神疾患の一種である[1]。近年では嚥下障害等の機能的な摂食障害との区別をつけるため、中枢性摂食異常症とも呼ばれる。
    出典 :摂食障害 - Wikipedia
     

    厚生労働省の難治性疾患(難病)に指定されています

  • 一般に拒食症(きょしょくしょう)といわれている神経性食欲不振症(しんけいせいしょくよくふしんしょう)、過食症(かしょくしょう)など、身体的な病気がないのに食事がとれなかったり、また逆に食欲のコントロールができずに食べすぎてしまう病気を総称して、摂食障害といいます。
    出典 :摂食障害 とは - コトバンク
  • なにかショックなことがあって、食欲が一時的に落ちたり、逆にやけ食いをしてしまったりするのは多くの人にみられる現象ですが、摂食障害という場合は、単なる一過性の反応ではなく、かなり長い間、食事に関する問題が続き、しかも、体型や体重に対する強いこだわりがあるのが特徴です
    出典 :摂食障害 とは - コトバンク
     

    精神的な原因が大きいようですね

  • 食欲のコントロールができずに食べすぎてしまう病気を総称して、摂食障害といいます。

     

    1)体重に対する過度のこだわりがあること、
    2)自己評価への体重・体形の過剰な影響が存在する、

    といった心理的要因に基づく食行動の重篤な障害です。

  • 神経性食欲不振症では、節食や激しい運動などにより、適正な体重の15%以上のやせがみられ、月経も止まります。それだけやせても、もっとやせたいと思ったり、少しでも太ると自分は醜(みにく)いと思いつめるなど、体重しだいで自己評価が大きく左右されるので、毎日の生活が、体重の心配を中心に回るようになってしまいます
    出典 :摂食障害 とは - コトバンク
  • 摂食障害は大きく分けて、神経性食欲不振症(AN;神経性無食欲症、神経性食思不振症、思春期やせ症)と神経性過食症(BN;神経性大食症)に分類されます。ANには不食を徹底する「制限型」、あるいはむちゃ食いをともなってもそれに対する排出行為で代償しながら低体重を維持している「むちゃ食い/排出型」があります。
    出典 :摂食障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    この場合の排出とは嘔吐の事です

  • 一方、BNにはむちゃ食いを繰り返しながらも体重増加を防ぐために種々の不適切な代償行為をともなっていますが、ANと違ってやせに至らないことが特徴です。そのどちらにも明確に分類されない摂食障害(例:むちゃ食い障害)は、特定不能の摂食障害(EDNOS)と呼ばれています。
    出典 :摂食障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
  • 原因・発症の要因

  •  

    摂食障害の発症には、社会・文化的要因、心理的要因、また生物学的要因が複雑に関与しており、以下に説明するように、遺伝子-環境因子の相互作用による多因子疾患と考えられています

  • 摂食障害の心理的特徴の中核として、体重や体形へのこだわりや体形への不満があることを述べました。その点、近年のわが国における患者数増加の背景には「やせを礼賛し、肥満を蔑視する」西欧化した現代社会の影響がうかがわれます。つまり、スリムをもてはやす社会、文化の影響です
    出典 :摂食障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    太り気味の人を蔑視する社会の風潮が多少の要因になっているのかもしれません

  • 治療法は?

  • 治療には周囲の協力が不可欠です

     

    治療を始めるにあたっては患者さんやご家族と治療者(医療スタッフ)の間に「この治療者と一緒に病気を治していくことができそうだ」という信頼感が得られることが不可欠です

  • また摂食障害の治療においては、患者さんに対し治療へのモチベーションを高める工夫が常に求められます。とくに患者さんが若い場合、心身の成長・発達を長い目で見守る姿勢が大切です。ご家族をはじめ、カウンセラー、栄養士、また学校や職場などと連携して、チームで治療を進めることが基本です
    出典 :摂食障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    逆に考えれば、周囲の温かい環境があれば治療は十分可能なのです

  • 摂食障害チェック