「鉄欠乏症貧血」有名な貧血です!!!

一度は耳にしたことのある「鉄欠乏症貧血」
どんな症状が出るのかご紹介したいと思います。

view243

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 鉄欠乏症貧血

  • 鉄欠乏性貧血って?

     

    鉄欠乏性貧血とは、貧血の中でも最もよく見られる貧血で
    体内の鉄が欠乏することでヘモグロビンが十分に作られずに
    貧血になるのです!!!
    なお、鉄は赤血球のヘモグロビン成分の1つで
    体内のヘモグロビンに含まれている鉄の総量は
    2500mgといわれています
    ここまでは私も知っています☆

  • 鉄が不足するとヘモグロビンの産生がうまくいかなくなるために赤血球1個あたりのヘモグロビンが減り、赤血球の大きさが小さくなって、小球性低色素性(しょうきゅうせいていしきそせい)の鉄欠乏性貧血になります。貧血の90%以上がこの鉄欠乏性貧血です。
    出典 :鉄欠乏性貧血<血液・造血器の病気> - goo ヘルスケア
  • 成人女性の場合には月経による出血で1日平均2mg、さらに妊娠中の女性は1日平均で3mgの鉄が必要となり、それぞれ1日20mg、30mgの鉄を摂取しないと鉄の不足状態となります。
    出典 :�S���R���n��
  • 原因

  • 鉄欠乏性貧血の原因は体内の鉄が欠乏することが原因ですが、鉄の欠乏を引き起こす要因には鉄分を含む食物の摂取不足、鉄の吸収不全、妊娠などによる鉄の需要増大、月経などによる鉄の大量喪失などがあります。
    出典 :鉄欠乏性貧血(症状/検査/原因/治療など)
     

    妊娠も原因になるのですね

  • 原因

     

    ・食事性の鉄の摂取不足や消化管からの
    鉄吸収障害で供給量が不足した場合
    ・成長期や妊娠に伴って鉄の需要量が増えた場合
    ・慢性出血性疾患や月経過多により鉄の喪失量が増えた場合
    これらが原因として考えられているそうですよ☆

  • •月経過多(子宮筋腫、子宮内膜症など)
    •慢性的な出血(潰瘍や腫瘍による消化管出血、痔からの出血)
    •成長期や妊娠などの際の需要の増大
    •胃や十二指腸切除後などの吸収不良
    出典 :�S���R���n��
  • 症状

  • 動悸、めまい、息切れ、疲労、耳鳴り、集中力の低下、スプーン状爪、口角炎、嚥下障害などがありますが、このような症状慣れてしまって鉄欠乏症に気がつかない患者さんもいます。
    出典 :鉄欠乏性貧血(症状/検査/原因/治療など)
     

    慣れてしまうのですね

  • 心拍数の増加による動悸や息切れ、易(い)疲労感(疲れやすい)、全身の倦怠感(けんたいかん)、頭重感、顔面蒼白、狭心症様症状(胸の痛み)などの一般的な貧血症状が現れます。くわえて、組織鉄の欠乏が進むと爪がスプーン状になったり、口角炎、舌炎、嚥下(えんげ)障害(プラマービンソン症候群)などがみられることもあります。
    出典 :鉄欠乏性貧血<血液・造血器の病気> - goo ヘルスケア
  • 治療法

  • 鉄の欠乏状態は鉄分が豊富な食事で体内の鉄を補うことは難しいため、鉄剤を飲むことが基本となります。
    出典 :鉄欠乏性貧血(症状/検査/原因/治療など)
  • 貧血がひどい場合や食事療法で改善が難しい場合は、経口鉄剤(硫酸第一鉄やさまざまな有機鉄)が1日100〜200mg前後で投与されます。
    出典 :鉄欠乏性貧血<血液・造血器の病気> - goo ヘルスケア
  • 原因に対する対応と鉄の補給を行います。
    出典 :�S���R���n��